FC2ブログ

田んぼの準備も

いいお天気が続き、仕事帰りからでも野良仕事がはかどりますね。日没も遅くなり、5時はまだまだ余裕で作業できます。
菜園の草取りはコツコツとやるしかないのですが、そろそろ田んぼの準備を始めました。
周辺の草刈りを済ませ、雑草が伸びてきたので耕し、あぜ道の際の雑草を掘り返し、水路の草刈りまでを完了。
GWまでに苗床の準備を行い、GWには種籾の選別消毒を予定しております。その間に夏野菜の種蒔きや苗の植え付けも予定しています。
今日は、ミニトマトの苗を2株買って来ました。今後の苗はナス・ピーマン・トマト・ミニトマト・キュウリを購入予定。種は今日枝豆を購入し、トウモロコシとレタスはすでにポットに種蒔き済み。種はすべて3回くらいに分けて蒔く予定にしています。
今日、池当番さんが田植え用のため池の水門を開けるのが6/13.14.15になったと連絡に来てくれました。

13.P1220665(1).jpg
これなんだと思います?
花を切ったチューリップの葉っぱなんですが、花と同じ色が葉っぱに出ていました。こんなことがあるんですねー、不思議。
P1220661(1).jpg
草取りしてる菜園のネギに花が咲きました。ネギって株分けしないでおくと、細いネギになるんですね。おうどんやラーメン、豆腐や納豆に入れるにはお気に入りのサイズです。
P1220663(1).jpg
お隣の菜園のおじさんがほめてくれたジャガイモ。葉っぱまでなら、一番うまく育てたなー、と。そうなんです、どれだけのジャガイモを収穫できたかが、一番大事なんですよね。
P1220669(1).jpg
庭の乙女椿、雨や風に痛めつけられながらも、健気に頑張っています。
でも、P1220668(1).jpg
先に旅立った花が残した偶然が、
P1220676(1).jpg
ツツジの枝に留まっていました。まだ散りたくなかったんでしょうかね?
P1220691(1).jpg
ツツジもやっと蕾が揃ってきています。
P1220680(1).jpg
白の八重椿は風と雨で、多くの花が茶色に変色し始めていますが、きれいな個体を探せばあります。
P1220706(1).jpg
生垣の下で、シラーが咲き始めました。
白色・青色・赤紫色とありますが、白色が若干先行して咲きます。
P1220707(1).jpg
こちらはミニ薔薇の鉢に侵入した白いスミレ。わがもの顔で咲いていますね。
田植えの日程が決まり、今年も稲作がスタートですね。いいお米が収穫できるよう、準備を進めたいです。そう言えば、田植えの頃には、長男に初孫が誕生予定なんです。

草取り~続編~

いいお天気となりました。
朝から用水路に流れ込んだ土砂の掻き出し作業に駆り出されました。農作業が本格化する前に草刈とともに、水路の整備は大切な作業です。
作業から帰ってそのままお昼まで菜園の草取りを始めました。
と言いますのも、野菜を植えるところは確保できていますが、その間やあぜ道との間には雑草がビッシリと。
シロツメクサにタンポポ、スギナにコウブシ、カヤ系の草と放っておけば、直ぐに野菜のエリアに侵入してきそうな勢いです。
草刈機で済まそうと考えていましたが、一雨降ればすぐに成長してくるので、何度も草刈りしなきゃいけなくなるなー、と思い、草取りすることにしました。
先日購入したおニューの田鍬と稲刈り鎌とお風呂の椅子とバケツを持って、出動です。
先ずは地表に現れている草を鎌で刈り取ります。
続いて、田鍬で土を掘り起こします。一発では不十分なので、だいたい3発くらい。掘り返した土の中には草の根っこがびっしりと入っています。
椅子の座って、田鍬の背で叩いて土を粉砕し、小さくなった土を鎌の背で叩いて根から土を落とします。
残った根っこをバケツに入れていきます。
途中で、腰を伸ばしながら、お昼まで延々とやっても、狭い方の菜園が終わりません。
P1220627(1).jpg
新芽を出したコウブシです。比較的浅い地中にあった個体です。もう一個の方は、地中30cmくらいの深い所にあったものです。髭のような根を伸ばし、次々と球根のようなものを増やしていきます。これが一個でも残ると、再び増殖を始めます。つまりイタチごっこなわけです。
P1220635(1).jpg
これはスギナ。これも比較的浅い所にあったものです。スギナはコウブシよりさらに深い所にまで根を張ります。おそらく、スギナもこの地下茎が残ると再生し、増殖するようです。
P1220640(1).jpg
どこからやって来たのか?カヤ系植物らしい草の茎?根?硬いです。
あと芝も少々ありました。
こんな草の中や根っこの周辺に潜んでいたのが(見た目グロテスクです)、
P1220643(1).jpg
ヨトウムシ(だと思います)。ジャガイモや大根をかじるやつです。ネット検索すると、ガの幼虫だそうです。キャベツの葉っぱを食べるやつもいるそうです。
やはり、草ボウボウは良くないんですね。肥料を横取りされるし、害虫は住み着くし、野菜栽培にはマイナスばかりです。でも、ついつい草取りを後回しにしていまい、気づけば大変な労力と時間がかかる事態に。

ベト病

午前中の現場を予定より30分遅れで完了。
もう一件の現場を済ませて帰宅。
タマネギは早生品種はすでに食卓に上っているのだが、晩生品種はまだまだ成長途中です。
菜園に寄ってくる人々が、口々に「ベト病は大丈夫?」「知り合いがベト病でタマネギ全滅した」とかと、縁起の悪い話ばかり聞かされる。
大丈夫な気はするが、自分の玉ねぎが発生源になるのは御免蒙りたいので、ベト病予防と治療用の農薬を使うことにした。
1週間は食べれなくなるので、早生品種を10玉ほど収穫しておいた。
3年ほど前に発生したベト病が根絶することなく地中に生きつづけているそうです。連作は避けた方がいい、と言われました。
P1220626(1).jpg
満開となったフリージアのシベが、穏やかな日差しに先端の産毛のような髭を全開にしていました。
P1220618(1).jpg
まだ昨日の雨粒を残すチューリップ。すでに最初に咲いた花は摘花した。
GWから5月のお仕事のスケジュール調整を行っているが、お客様によりすべて連休となるところ、暦通りにお仕事されるところ、といろいろとなっている。我が家も連休とせず、お客様に合わせてのスケジュールとする。

昼前から雨となりました

P1220589(1).jpg
駐車場には白色スミレが群生していますが、庭には紫のスミレが点在しています。でも、雑草たちに囲まれてしまっています。
写真は昨日の夕方写したものです。
P1220585(1).jpg
紫と書きましたが、すみれ色と言った方がいいようですね。
昨日の天気予報だと、昨夜から降り始めて、お昼ごろには曇り空になる予報でしたが、午前中のお仕事が終わる昼前に落ち始めました。お仕事的には助かりました。夕方6時ですが、まだ降ってます。
P1220593(1).jpg
先日種を蒔いたサニーレタスがかわいい双葉を出し始めました。
P1220597(1).jpg
庭のプランターに妻が植えたイチゴ、終わった花のあとに実が付き始めています。全面=種という状態ですね。
P1220596(1).jpg
フリージアは雨でも花を閉じないんですね。濃い黄色が雨でしっとりといい感じです。
P1220602(1).jpg
シラー(シベリカ)が蕾を上げてきていました。白色のようですね。
P1220598(1).jpg
一本だけ茎を上したのは紫色でしょうか?
この雨で、野菜たちも一息つけたでしょう。明日にはお天気も回復してほしいところです。

4月も半ばに

気づけば4月も12日になっていた。
やっと、本当にやっと草取りが完了した(済んだはずの作付け予定地に、もうスギナが頭を出し始めている)。
トウモロコシの種を2袋(約90粒ほど)買ってきた。
冷蔵庫にしまっていたキュウリとオクラの種を取り出し、ポットに5粒ずつ蒔いた。
菜園の作付けの割り振りを何とか決めた。
GWまでに、ナスとトマトとピーマンの苗を買い、枝豆の種を買って、菜園に植えれば夏野菜作りの準備完了となる。
日曜日に雨が降る予報なので、明日はニンジンの移植を行っておこう。
P1220506(1).jpg
隣の放棄地を埋め尽くすムラサキサギゴケの群生。
P1220557(1).jpg
放棄地を挟んだ南側の菜園に咲いてたキイチゴの花。
P1220549(1).jpg
移植したネギのネギ坊主。袋の中の花が見えている。
P1220567(1).jpg
庭の乙女椿。たくさん落花しているが、たくさん咲いている。
P1220576(1).jpg
夕日に映える後ろ姿もきれいだ。
P1220546(1).jpg
ノウゼンカズラがやっと新芽を魅せてくれた。
私の花粉症はこれからが本番を迎える。ハルガヤ&カモガヤが夏まで続き、その後はブタクサが秋まで。憂鬱な季節が続く。
プロフィール

よしとう

  • Author:よしとう
  • 瀬戸内のほぼ真ん中あたりで生まれ、こども育てのなかで、その環境の良さに感謝。
    掲載画像の許可なき御使用はお断りします。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク