FC2ブログ

まあだだよ

朝から入院した母に着替え等を届けてきました。
午後からは昨日の現場の仕上げを予定しています。
そう言えば、昨日ほころびかけていた水仙は咲いたかな?
P1210384(1).jpg
「まあだだよ」とでも言うかのように、一枚だけ開きかけてる。
水仙の周辺のあぜ道と菜園の端っこは、やわらかな日差しに、
P1210387(1).jpg
忍耐が花言葉だというジシバリが日光浴してた。
足元には、
P1210389(1).jpg
オオイヌノフグリも。春先には大群となって現れるが、数輪が群れる程度だ。
今群れているのは、
P1210392(1).jpg
ホトケノザ。菜園の大根や白菜のなかにまで勢力を広げている。抜いても抜いても生えてくる厄介な奴。
P1210399(1).jpg
そんなホトケノザの中に紛れて佇むグンバイナズナ。こいつも厄介な奴。
師走に入り、土日は朝から交通量が多いように感じました。病院からの帰り道、県下の某CATVの看板車が、前を走っていたが、交差点で赤信号を無視して左折して、コンビニに駆け込んだ。田舎道でも、看板車での信号無視は大胆不敵だな~。事故せずにお仕事してくださいよ。

師走の日々

仕事柄、ありがたいことに師走は大忙し。
例年休み返上で働くのですが、去年くらいから連戦連投が効かなくなってきて、今年から師走と言えども1日/週で休むようにしています。
先週から調子の悪そうだった母が、水曜日に入院することになりました。
その日午前中は、かかりつけ医に連れて行く予定にしていたのですが、午後からは仕事を入れておりました。
バタバタ急に入院となり、お客様に無理を言って、開始時間を1時間遅らせれてもらって、入院手続きを済ませ、お仕事も1時間遅れで終えることが出来ました。
先週の予定を順延した今日明日の仕事、今日一日で終えられそうでしたが、職人さんたちの予定が遅れてて、我が家の仕事も午前中で一旦中断となりました。続きは明日の午後からとなり、お昼過ぎに帰宅。
午後から菜園の耕作でもしようかと思っていましたが、大晦日までのスケジュールを優先し、今日はおとなしく休むことにしました。
P1210377(1).jpg
先日の日本水仙、やっと蕾がほころび始めました。明日にでも開花するでしょうかね。
その横では、
P1210381(1).jpg
まだナスが大きくなっています。皮も柔らかく、美味しく戴いております。
P1210383(1).jpg
さすがにミニトマトも最終局面を迎えそうですが、まだ青い葉っぱが残る箇所は実も熟れてきています。
2・3日前に、秋ジャガを半分ほど収穫しました。残り半分は、メークだと思うのですが、もう少し葉っぱが枯れないとダメかな?と様子見しています。
今年の年末は、今までが暖かすぎて、例年並みの気温となっただけで、体調を崩しそうです。気を引き締めて、年末に向かいます。

墓掃除へ

今朝は、墓掃除に行って来ました。
みかん畑から墓所までイノシシに荒らされていたのだが、みかんの収穫等でしばらく墓所を訪れていなかった。
ワンコを連れて墓所へと登る。
DSCN5542(1).jpg
落ち葉を掃く間、雑木にリードを結んでおいた。
イノシシ対策で地面に張っていたノリ網を外して、熊手と竹ぼうきで落ち葉をかき集めた。
DSCN5538(1).jpg
焼き芋が出来るほどの大量の落ち葉。
DSCN5535(1).jpg
そして、獣道らしき箇所を塞ぐようにノリ網を掛けた。
墓石の掃除は、年末にもう一度来た時することに。
DSCN5523(1).jpg
墓石の背後に生えている紅葉が残っていた。
DSCN5549(1).jpg
他所さんの墓所もイノシシに荒らされている。
DSCN5550(1).jpg
墓所を降りると、みかん畑の上の竹藪。ここにも墓があり、イノシシが荒らすので、持ち主が竹を切っている。少しはみかん畑へのアプローチが減ってくれればありがたいのだが・・・???
DSCN5552(1).jpg
墓所からの帰り道沿いの他所さんの菜園も、鉄製の柵で囲っている。
DSCN5553(1).jpg
他所さんのみかん畑も同じく鉄製の柵で囲われている。
DSCN5555(1).jpg
ジャングルのように見えますが、今から50年前までは道を挟んだ両側は畑として使われていた。一番近い民家から10mも離れていない。
イノシシ問題は、里山や畑を荒らしたことで、イノシシのテリトリーだった山が民家の隣にまで拡大したことだということが判る。今日の新聞に、瀬戸内に浮かぶ有人島でイノシシ被害が急増している、と報じていた。高齢化、後継者問題等が根本にあるように思える。

突然のおやすみ

今日明日でご予約いただいていたお仕事が次週に延期となった(次週に無理やり)。
突然に師走に連休ができた。「さあ、何する?」と朝から予定を頭の中で思いめぐらせる。
小春日和というのか?動けば汗ばむ陽気だが、雨上がりなので、菜園の草取りから始めた。
P1210365(1).jpg
あぜ道を覆うように群れ咲くホトケノザも、柔らかな日差しが心地よさそう。
ホウレンソウ・春菊・大根の中に生えたホトケノザ・グンバイナズナ・名も知らぬ無数の雑草が、簡単に抜ける。
マルチを敷いて植えたタマネギも、マルチの窓から玉ねぎを駆逐する勢いで雑草が顔を出し始めている。玉ねぎを抜かないように、雑草だけ抜くように少しだけ慎重に草を抜いた。そのあと、少し早いかもしれないが、施肥を行っておいた。化成と油かすを適当に配合したものを、マルチの穴をめがけて振りかけた。
先週、姪っ子がおめでたで無事に女児を出産したので、お祝いに産着を贈ろうと思うので、このあとお出かけしてきます。
P1210372(1).jpg
やっと蕾が出て来た我が家の日本水仙。週末寒波で開花するでしょうか?
P1210371(1).jpg
こちらはまだまだ収穫の続くミニトマト。
下を見れば、
P1210368(1).jpg
完熟して落果したもの、まだ青くして落果したものがびっしりと敷き詰めるようにトマトの木の下を埋め尽くしていた。来年たくさんの芽が出てくるかな?

通常業務

昨夜からの雨が、それほど強く降ることはないが、一日中降ったり止んだりとなった。
昨日の日曜日から夜間の現場が一旦終わり、通常の昼間の現場となりました。
P1210364(1).jpg
軒下に吊るした唐辛子、もう少し寒風に晒そうかと。
P1210327(1).jpg
ようやく色づいた千両万両。
P1210330(1).jpg
南天の枝には水滴がとまっている。
P1210335(1).jpg
葉っぱの付け根の膨らみにとまっているようです。
P1210342(1).jpg
ユキヤナギも気の早いものが咲き始めました。まだそんなに寒くなていないでしょう、と思うのですが。
P1210347(1).jpg
これは春キャベツの新芽。もう少し大きくなってから畑に移植する予定。
P1210351(1).jpg
あぜ道になり始めたミニトマト。果たして熟れるでしょうか?寒波襲来までの寿命かな。
P1210358(1).jpg
たった一輪残った彼岸花も雨滴を。
プロフィール

よしとう

  • Author:よしとう
  • 瀬戸内のほぼ真ん中あたりで生まれ、こども育てのなかで、その環境の良さに感謝。
    掲載画像の許可なき御使用はお断りします。
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク