少し暖かくなってきたかと思えば、また冬に戻る、という気候ですね。
こうした寒暖を繰り返しながら、本格的な春を迎えるのでしょうが、体調管理が一番難しい季節に突入ですね。
P1170899(1).jpg
あぜ道から休耕田に群れてるオオイヌノフグリ。
P1170906(1).jpg
ホトケノザは少し停滞しているのか?少し前の方がたくさん咲いていました。
P1170909(1).jpg
探していたオドリコソウに会えました。
P1170915(1).jpg
ホトケノザと似た花ですが、模様が異なっていますよね。花のつく位置も全然異なりますね。
P1170919(1).jpg
菜園の向かいの蝋梅から香りが漂ってきています。
タゲリのペアがけたたましく鳴きながら飛び立ちました。近くにいたようです。
P1170908(1).jpg
庭の沈丁花、少しだけ蕾が緩んできているように見えます。
本格的に春を実感できるのはあとひと月先頃でしょうか?
田んぼに増える青草が気になり始めたら、春を実感するのかも?
我が家もそうですが、ご高齢者の方は今しばらくご用心の生活を送り下さい。
昨日、瀬戸内では春一番が吹いたそうです。
確かに、一昨日までとは違った暖かさを感じました。
P1170874(1).jpg
菜園の片隅に植えたチューリップが知らぬ間に顔を出していました。
P1170885(1).jpg
マルチシートでもかけてやらなければ、と思ていたのですが、春一番の訪れを感じていたのでしょうかね?
P1170889(1).jpg
今朝は玉島まで出かけていました。県立高校に中学生の姿が見られました。自己推薦(言い方が合っていますか?)の入試だったんでしょうか?頑張れ!受験生!
瀬戸内の海は春霞かのような景色でした。昨日よりは冷たい空気かな?
午後から岡山市内へ向かいます。
昨日、笠岡市内でチラシを配って、たまたま訪ねた珈琲店が高校の同級生のお店でした。
40年ぶりの再会でした。年末に同級生たちがお店に集まっているそうで、お誘い頂いたのですが、年末年始はお仕事を頂戴することが多く、参加できそうにない。でも、笠岡に来た時に立ち寄れるところが見つかりました。
P1170850(2).jpg
昨日のあぜ道に咲き競うオオイヌノフグリ。
P1170866(2).jpg
冬知らずも知らぬ間に咲いていました。
土筆を探してみましたが、いつもの年末年始に見かける場所は、除草剤を撒いたようで、雑草も枯れてしまい、スギナも出ていませんでした。残念ですが、今年の土筆はまだまだのようです。
P1170862(1).jpg
庭のジャノメエリカ、たくさんのつぼみを付け、一つ眼を開けているものもチラホラ。
今日は雨、明日から少し冷え込んだら、来週は少し最高気温が上がりそうな予報です。春の気配に期待したいですね。
2018.02.02 大霜の朝
昨日から天気予報は、寒波の襲来を告げ、九州・四国地方でも積雪を予報。関東地方も昨晩からの降雪に注意するように、とのニュース。
そんな予報のあった今朝、温暖な瀬戸内では大霜となった。朝刊によれば、東シベリア・サハ共和国のオイミャコンというところでは、-60℃の日々が続いているそうだ。過去に―71.2℃の最低気温を記録した地だそうだが、この地を襲った寒波の南下が日本列島にも影響しているそうだ。
現場のない今朝は遅めに起床したが、ゴミ出しに出ると田舎道の端まで霜で白くなっている。でも用水路の凍結はそれほどでもないところを見ると、日の出とともに気温は上がってきているようだ。
P1170828(1).jpg
さすがの水仙も倒れ込んでいる。でもこのあと日差しが戻れば起き上がってくることだろう。
P1170826(1).jpg
結球しなかった白菜も真っ白。今年は白菜も高騰。田舎でも一玉500円を超えている。
P1170821(1).jpg
我が家では、結球しなかった青々とした白菜を食べているが、肉厚な柔らかな青菜です。
白菜ばかりじゃなく、ホウレンソウと春菊も生育が芳しくない。全般的に種まき時期が遅すぎたのかもしれない。この辺が素人百姓限界なのだろう。
2018.01.25 反省しきり
先日、仕事の合間に市役所へ出向くことになり、ついつい急いでいました。
前車の人生の大先輩となる方から、急ぎすぎですよ、とご忠告頂きました。
世間をにぎわせている煽り運転を自分で行っていたようです。
自分が煽られることより、煽る側になるなんて、大反省です。
何事も余裕をもって臨まないと、心の余裕まで失っていたようです。
今日は、余裕のある運転でした。
DSCN4849(1).jpg
気温は低く、風も冷たい一日でしたが、車窓からの瀬戸内海は穏やかそうに見えました。