稲刈りを行った10日、地区の土木委員さん、市役所の建設課長さん、県民局(旧地方振興局)の工務担当者さんがやってきた。
事の発端は、田植え後に水充てをしている頃にさかのぼる。
水路から水を引こうと蓋を開けると、大量の土砂が用水路から田んぼ側水路に流出。
いろいろ調べると、上流の耕作放棄地を埋め立てた土砂が用水路に大量に流入していたことが判明。
昔のオープン式水路なら自分たちで土砂を取り除けたのですが、新しい県道を建設した際、河川を曲げて、県道を通し用水路も新しい県道の側壁と一体化したクローズ式水路へと作り替えられた。しかも、水路の深さは所によっては2mを越えている。幅は人が入れるギリギリの幅程度。用水路から取水する箇所だけ上部のコンクリート製蓋がグレーチングという金属製編み目の蓋になっている。
そのグレーチングの蓋をあけて、鋤簾で土砂をかき出そうとしたが、狭くて・暗くてとても作業が出来なかった。
用水路の所々に、そうした流入土砂を沈殿させる大きなマスを設置してあるが、土砂で満杯となっていた。
一応、自分たちで取り除ける土砂を取り除いてから、地区の土木委員に対応を検討するように要請していた。
その対応が10日にあった。
同じ水路を利用する後輩君にも参加してもらい、彼は土木設計のプロなのでその目線から県の担当者と折衝してもらった。
結果は、満足するものではなかったが、今よりはベターかな?というものだ。
今回改めて感じたが、「公共工事って、誰のための物なのか?っていう視点が抜けているなー」と。
道路は、車を利用する人、バイクの人、自転車の人、歩く人、そして地元で生活している人が使いやすい形に。
今回の水路では、水路を使う我々の使いやすい形に、して頂くのが「公共」の意味だと思う。
そうした視点の欠けた設計で作られたものにみんなの税金を使うことに無神経な担当者がほとんどだ。
役所は縦割り組織だから、こうした失敗が手直しを担当する部署に上がっても、計画を担当する部署にはフィードバックされないようだ。後輩も「百姓仕事を知らない設計者に図面を書かせた責任は県にあるよ」と苦言を呈していた。
私も、「完成後不具合が起きてから、要望を聞きに来るより、設計する前に要望を聞きに来るべきじゃろ」と。
こんな小さな町の、この程度の工事で、これだけセンスのない工事をしてムダ金を使っているのなら、県全体ではどうなっているのだろうか?と考えると、ゾッとする。
そろそろ朝からの雨も上がり始めた。
P1170207fc2.jpg
金木犀もたっぷりの雨に香りを奪われたようだ。

今朝は霧が出ていたようです。
朝晩と日中の温度差が大きくなってきた影響ですね。
昨日の続きと言いますか、稲刈り本番でした。
朝食を済ませて、8時前から朝露がたっぷりと着いたイネをバインダーで刈り倒していきます。よくできた機械で、刈って、一把分のけっそくまでを行ってくれます。大きな規模だとコンバインという大型機械を使う農家さんもありますが、我が家のような自家消費規模ではバインダーでも上等です。お昼前には刈り取りを終えて、お昼からは天日干しするため、はぜ掛けしました。
このはぜ掛け作業が、年々しんどくなっています。田んぼ一面に刈り倒した稲の束をはぜ棒の両側に集めるのですが、乾いていない稲の束を数把持ち、凸凹の田んぼを歩くと、足腰には大きな負荷がかかり、翌日から筋肉痛です。
今日は日中の最高気温が29℃まで上がったらしく、暑さも疲労を倍加させましたね。
そんな朝の一コマから。
P1170184fc2.jpg
夏草ばかり草刈りしていた菜園の一角に現れたスギナの集団です。朝露を全身に纏っています。
P1170190fc2.jpg
スギナの集団に紛れて出て来たのは、水仙の新芽。もう出てくるんですね。
P1170198fc2.jpg
あぜ道にはつい昨日までの主役だった曼珠沙華の燃え尽きた跡。かと思えば、
P1170200fc2.jpg
今日からの出番と出て来た曼珠沙華も。
日中と朝晩の温度差が大きくなり、菜園のミニトマトの糖度が上がったように感じます。また、オクラの成長は遅くなりそろそろ終焉の時かな、と。茄子はやっと濃い紫色の新芽が出てきました。
体育の日の祝日ですが、朝からお仕事へ。
秋晴れの快晴に恵まれ、予定より順調に進み、お昼過ぎには帰宅しました。
昨日の10日間予報によれば、来週の前半はお天気が不安定らしい。今週なら前半は晴れマークで後半が曇りマークとなっている。イネの熟れ具合から言えば来週がベターだが、天気予報では今秋がベターとなる。
今日が思いのほか早く帰宅できたので、帰るなりスズメ除けのオドシを外し(約2時間)、隅々にあと植えしたイネを手刈りし、外周を1周分だけ機械で刈ってみました。
P1170181fc2.jpg
稲刈り機の調子も良さそうなんで、明朝から稲刈り、午後からはぜ掛けの予定です。水曜日の午前中に完了予定です。
P1170174fc2.jpg
庭の金木犀からいい香りが風に乗って香ってきました。
2017.09.30 共同草刈り
今日は、朝から同じため池を利用する農家と地区の協力者で土手の草刈りを行いました。
DSCN4714fc2.jpg
県や市の予算に余裕が無い為、土手だけじゃなく河川脇も草刈りしました。結構の平均年齢な方々が、池に落ちないように注意しながらの作業でした。
お昼からお問い合わせいただいているお客様を訪ね、お見積りしました。来月の施工と言うことでご下命頂きました。
P1160932fc2.jpg
秋晴れの下、あぜ道を彩る彼岸花と黄金色に染まる稲穂。
月曜日からお天気が下り坂予報です。10日前後の稲刈りにどのように影響するでしょうか?来週の仕事にも?
P1160943fc2.jpg
一瞬、2段重ねに見えませんか?庭に咲いた彼岸花です。
先日のイネの問題、一株刈り取りJAへ持ち込んでおきました。
農業指導員さんに診てもらって、判断を仰ごうと。
昨日、電話があり、ひとまず他へうつるとかの病気や害虫ではない、とのことでした。除草剤等の使用を疑われていましたが、除草剤は使用していない旨を伝えると、現場を見てみたい、と言われ、本日の午後に来られました。
現場を確認して頂き、帰られてから、電話があり、
「育苗箱から田んぼへ移植する時に散布する消毒剤の効果が切れる7月下旬ころ、ウンカが媒介するウイルス性デスクミ病だろう」と。対策としては、効果が切れる7月末ごろにウンカ予防の薬剤散布くらいだが・・・費用対効果では?」
我が家の結論は、よそ様へ拡大伝染するものでもないし、収穫にも大した影響もないので、このままで、ということにしました。
現時点では、問題のウイルスは地中に入っており、現時点は実質何もできないそうです。
来年も同じようなことが発生する可能性は残るそうですが、徐々に減少するだろう、とのことでした。
P1160376fc2.jpg
すでに頭を垂れ始めたものも見受けられます。触ると、固くなってきています。
P1160378fc2.jpg
あぜ道には、ミゾカクシが咲いています。
P1160381fc2.jpg
忙しい後輩の田んぼには、こんな彩が咲いていました。