日曜日から、西日本各地でも大雪に警戒するように、と言われておりましたが、瀬戸内では日曜日は大したことなく、雪は少し舞った程度でした。
日曜日の午後から空気がシンシンと冷え込んできました。
月曜日になった今朝、
DSCN2680fc2.jpg
これくらいの積雪です。
DSCN2687fc2.jpg
1センチ程度でしょうか?滑るほどじゃなかったですが。
DSCN2699fc2.jpg
元気だった水仙たちも、強い風と湿った雪に、ほとんどの花が下を向かされています。
DSCN2700fc2.jpg
厚い氷が張り、雪が吹き込んでいます。
このあと、8時前にお仕事に出かけましたが、高梁川を渡るまでに1時間超かかりました(普段なら30分程度です)。
高梁川を越えると、ウソみたいに雪がありませんでした。
何とか、お約束時間から30分遅れで到着し、無事に完了できました。
帰宅後、道具の後片付けをしようとすると、
DSCN2701fc2.jpg
今朝のバケツの氷がまだ残っていました。
後片付けを済ませると、ワンコから散歩のお誘いでした。
DSCN2707fc2.jpg
大寒波と積雪という悪条件下でも、土筆が顔を出しております。立春まで10日あまりですが、こんなに寒い日に出てこなくても、と思うのは私だけでしょうか?
DSCN2709fc2.jpg
リードを持つ手が悴んで、冷たいです。
明朝は、氷点下4度位まで下がるようです。あったかくして、お休みください。
2014.12.03 初霜
大陸からの寒気が、師走とともにやって来ましたね。
北国は、雪のニュースですね。
瀬戸内も今朝は、初霜となりました。
DSCN8922fc2.jpg
強風の忘れ物のような雲。
DSCN8924fc2.jpg
オオイヌフグイの葉っぱもお砂糖を振り掛けたように真っ白。
DSCN8928fc2.jpg
クローバーの葉っぱも。
DSCN8934fc2.jpg
あぜ道はどの草も真っ白。
でも、霜柱ができるほどじゃない。
DSCN8930fc2.jpg
元気な水仙は、早起きだ。
先ほど、田んぼに行こうと納屋を通り過ぎようとしたら、目の前にジョビオ君が。1メートルもなかったかな?軒先の農具を干す棒っ切れの先にとまっていたようだ。
朝からお仕事に。
最高なお天気に、順調にはかどったお仕事でした。
夕刻の散歩へ、
DSCN8687fc2.jpg
皇帝ダリアも満開だ~。
DSCN8689fc2.jpg
先日の土筆が出ていた耕作放棄地、足の踏み場もないほどに土筆が。
DSCN8695fc2.jpg
胞子をとばしたものや、まだ青いものも。
DSCN8696fc2.jpg
周辺の耕作放棄地でも、出ていた。
11月半ばで、こんなに土筆が出たことは記憶に無い。
DSCN8713fc2.jpg
自宅に帰って、菜園にいくと、水仙まで咲いてた。
こんな11月もあるんですねー。隣で、息子がPCを代われと・・・
今朝は「ドサ、ドサ」という物音で目覚めました。
Photo0413fc2.jpg
寝室の窓を開けると、こんな景色に変わっていました。
天気予報通りの雪になっていました。
Photo0419fc2.jpg
寝室の北側の窓からの景色を撮っていると、二階の屋根の雪が「ドサ」と落ちてきました。
道路も積雪ですが、意外と車が走っているようです。
DSCN6788fc2.jpg
菜園も真っ白、白銀の世界に変わっていますね。
今日は一日おとなしく自宅待機ですね。
肩こりの原因は、首のヘルニアが原因だそうでした。原因がわかり、お薬を処方して頂き、昨夜はゆっくりと寝れました。ご心配お掛けいたしました。
午後から子供を駅までの送迎途中で見かけましたが、
DSCN6798fc2.jpg
怪我されていなければ幸いですが・・・気をつけて運転しなきゃね。
DSCN6805fc2.jpg
峠を越えて我が家のある町へ。
DSCN6810fc2.jpg
帰宅すると、末っ子がワンコと雪の庭で遊んでいました。
夜には道路の雪はほぼ消えましたが、ところどころが濡れており、凍結し始めていました。明朝の運転は慎重に行かなきゃやばそうですね。
2013.11.29 霜、 初霜?
お天気予報通りの朝となりました。
DSCN6438fc2.jpg
今年初見の霜となりました。
早朝のゴミだしに行った帰り、自転車のハンドルを握る手が悴んで冷たかった。冬の到来を実感!
DSCN6440fc2.jpg
お砂糖をまぶしたようになった葉っぱ。
そんな寒空の下、
DSCN6444fc2.jpg
たった一輪だけ顔を出してくれていました。
夕刻の帰宅後、子供を駅まで迎えに行った帰り道、お寺の銀杏が気になっていたので立ち寄ってみました。
DSCN6448fc2.jpg