2016.09.28 北の海から
今朝、8時過ぎクール宅急便が届いた。
DSCN3908fc2.jpg
50cm前後のヒラメ、3枚。
八戸の友達が一昨日釣り上げたもの。
5月に訪ねた折、釣りの話が出ていて「今度、送ってあげる」と言ってたヒラメが、我が家にやってきた。
感謝、感謝 で頂戴する。近くの親戚にもおすそ分けだ。

P1110485fc2.jpg
庭の彼岸花が満開。夜中の雨で、全身に露をまとった姿。黄金色となった稲穂をバックに、一層の輝きを放っている。
P1110477fc2.jpg
好みでもあるが、稲穂をボカシてみた。
快晴の秋晴れ、午前中のお仕事は順調に完了。
午後から、未完の年末商戦用ハガキの完成を目指し、名簿の整備を行う。
細かい文字の羅列を見ていると、焦点がぼやけてくる。AF性能がかなり悪くなっている。老眼?白内障も影響あるのかな?時々、休憩を兼ねてワンコと遊びながら、再びPCに向かう。
P1070728fc2.jpg
秋の七草・キキョウが元気に咲いてくれる。明日咲くのだろうか、紙風船のようになった。
P1070771fc2.jpg
”一網打尽”の様。イネも随分と熟れてきた。スズメ除けのネットに絡んだ稲だ。
P1070778tfc2.jpg
西日が後光のように射している。
P1070774fc2.jpg
彼岸花も随分と賑わったが、そろそろ終焉の時が近いようで、
P1070790fc2.jpg
稲刈り時期がそろそろかな、と。
スーパーの店頭に、ぶどう・なし等の秋の果物に混じって、みかんが並んでいる。
少し青さの残ったみかん、ハウス栽培もので黄色いみかんが並んでいた。少し青さの残ったみかんを購入してみた。
「うーん・・・」
自分で作っているからか?購入したみかんで「うまい」と思ったことは少ない。
南国栽培の路地みかんが、店頭に出てしばらく経つので、我が家の早生ミカンのお試し収穫をしてみよう。
DSCN1985fc2.jpg
すぐ下の秋の木も、マダラに紅葉し始めている。
DSCN1986fc2.jpg
ミカン畑に、紅葉が落ちている。
DSCN1988fc2.jpg
柿の実も色づいてきている。
早生ミカンは、
DSCN1987fc2.jpg
全体的まだ青さが強く残っているが、青々と、言うより黄緑から黄色が入り始めている。触った触感で、判断して籠一杯を収穫してみた。
味見してみたが、市販みかんより味が濃い。
最高気温と最低気温の温度差が大きくなれば、糖分を蓄え、おいしくなるそうだ。
来月に入れば、本格的に早生ミカンは収穫できそうだ。
夜半からの降り始めた雨は、お昼過ぎまで残った。
雨が上がっても、青空には程遠い曇天。
稲が米粒を膨らませるこの時期、もっと、もっとお天道様がほしい、と人も稲も願っている。
夕方、帰宅してから田んぼを見回る。
P1070457fc2.jpg
随分と頭を垂れてきている。指で触ると、硬くなっている。もっと頭をたれるには、お天道様が必要だ。
明日からお天気が続く予報だが、「頼んまっせ、お天道様」

飽きもせず(主役でしょう)、曼珠沙華を写す。
P1070394fc2.jpg
濃い赤だ。しべも魅了する曲線を描く。
P1070404fc2.jpg
こちらは、2輪咲き始めている。すでに、しべが曲線を描いている。
P1070419fc2.jpg
これは、明日にも咲くのだろうか?しべ(めしべ?)が覗いている。
P1070447fc2.jpg
昨日、撮りたかったアングルがこれ。花笠が開いているイメージでしたが、どうでしょう?
明日予定していたお仕事が日曜以降に延期となり、明日は現場はお休みとなりました。そろそろ年末に向けた準備をしなきゃ、と思っていたので、一日事務仕事となりそうです。
2014.10.02 熟れ時、近し
朝、出かける前に稲の状態を確認に。
週末から接近してくる台風が気になりますが、今更ジタバタしてもどうしようもない、と。
DSCN8345fc2.jpg
黄金色に変わり、熟れ時が近づいています。台風が来なければ、週明けのタイミングが稲刈りでしょうね(頂戴しているお仕事の為、実際には来週の連休の頃になりそう)。
今日、お仕事でお隣の笠岡市へお邪魔していましたが、既に稲刈りを終えて、はぜにしている田んぼを見かけました。
DSCN8350fc2.jpg
ツユクサの青色がすごく鮮やかに見えました。こんなに濃いブルーも出るんですね。