あっという間の2月となりそうですね。今日を入れてもあと3日間となりました。
貴重な日曜日お休みとなりました。
朝から、玉ねぎの草取り・ジャガイモ用に耕したところも草取り・ほかにも草取り・・・と一気に草取りが増えてきました。春の到来を汗を流しながら実感(\(^o^)/)。家に入った途端のくしゃみから鼻水に花粉の季節到来も実感(´・_・`)。
あぜ道も青々としてきています。
P1130401fc2.jpg
茶色系一色だったあぜ道に、緑が戻り、さらにピンクの花に黄色の花が加わりました。
虫たちが出てくれば、パラダイスの復活となります。
P1130402fc2.jpg
花粉アレルギーの処方薬はすでに服用していますが、畑作業からお家に入るとくしゃみと鼻水が続きます。
待ち遠しかった春ですが、憂鬱な季節でもあります。
2015.06.28 ミゾカクシ
朝から快晴とまではならなかったが、お仕事をしている間に快晴!となり、お仕事も順調に完了できた。
昨日までの雨で、田んぼへの水充ては、不要となり大助かりだった。
しかし、雑草は雨降り毎に伸びてくる。田んぼの水を雑草に吸われるのも癪なので、あぜ道だけでもせっせと草刈しています。
今日、そんなあぜ道を歩いていると、草刈を逃げ延びた雑草が、
DSCN0943fc2.jpg
あぜ道と水田の境に、畦シートと言って水漏れ防止のシート材を埋めているのですが、すぐ近くは草刈機で刈れないので、こうやって生き延びてるミゾカクシの花。
今まで、そんなに気に留めていなかった花ですが、
DSCN0942tfc2.jpg
花びら?ガク?は淡いピンク色だったんですね。しかも、真ん中の3枚と両側の2枚のグループに分かれています。突き出しているのは、しべでしょうか?違う角度で見てみましょう。
DSCN0955tfc2.jpg
しべ?と思っている部分も、先端と根元で構造が違って見えますね。
DSCN0961tfc2.jpg
根元は割けているように見えますが、軸を包むような造りなのでしょうか?先端部は、花粉っぽいですが?
DSCN0958tfc2.jpg
ボケボケ写真ですが、中に、虫らしき影が見れます。受粉を助ける虫でしょうか?
手持ちのコンデジのマクロと私の腕では、これくらいが限界のようです。
ミゾカクシ、またはアゼムシロとも呼ぶそうですが、キキョウ科だそうです。
DSCN0938fc2.jpg
最後は、唐辛子の花です。
寒波の峠を越えた今朝は、風がおさまり、体感温度はそんなに冷たくなかったです。
でも、霜は降りてた。
DSCN9020fc2.jpg
クローバーの葉っぱは真っ白。
DSCN9021fc2.jpg
霜柱もあり、それなりに冷え込んだようでした。
でも、夕方には、
DSCN9022fc2.jpg
霜をどうやり過ごしていたのでしょうか?元気ハツラツに咲いていました。
DSCN9027fc2.jpg
土筆は、少々霜焼けっぽい感じになっていますね。
先ほどから雨が落ちてきました。明日は雨予報。冷たい雨よりは雪のほうがいいかな?なんて言ったら、雪国の方に怒られますかね?
2014.07.23 土手の夏草
ごめんなさい、追記欄に本文を書き込んだしまいました。
↓からお入り下さい。
... 続きを読む
2014.04.08 草刈
以前の住いと畑、そのままにしてあるのですが、この時期には雑草があっという間に伸びてきて、ご近所のご迷惑になるので、お休みができれば草刈に行ってます。
そんな主の居なくなった住いと畑で出会った春をお届けします。
DSCN7080fc2.jpg
橙。雑草や竹に負けないで、実っています。
DSCN7084fc2.jpg
雑草に埋もれるよう一輪の水仙が、スッと立っていました。
DSCN7088fc2.jpg
子供の頃は、野菜を作っていたので毎日母や祖母が手入れをしていました。畑の一角にはヤギ小屋もあり、雌ヤギを飼っていました。
DSCN7089fc2.jpg
かつての庭も草が伸び放題。主は居なくても、ここにも水仙が。
車も入れない土地は、取り壊すのも大変なのでそのままにしています。