彼岸の入りを過ぎましたが、今朝は朝食後に墓掃除に行ってきました。
いつものことなんですが、いつから彼岸でとかが、今一つ把握できておりません。ですので、いつもバタバタと追い立てられるように準備しております。
DSCN4199fc2.jpg
墓所の南端にヤブツバキが自生しているのですが、根元には古い古い墓石が横たわっております。先祖の誰が好きだった花なのでしょうかね。
DSCN4206fc2.jpg
落ち葉をかき集め、少しだけのぞいてる雑草を抜きました。
DSCN4207fc2.jpg
かき集めた落ち葉で焼き芋が焼けそうな量です。
すぐ隣にある母方の墓所の掃き掃除を済ませ帰ることに。
墓所を下りたところにみかん畑があるので、草の生え具合を見ておこう、と立ち寄りました。
寄ってびっくり、イノシシが来た形跡。そこかしこを掘り返した様子。稲わら等を敷いているので、ミミズ等でも探したのでしょうか?こんなところを掘り返すのなら、お隣から侵入する竹の根っこをひり返してくれれば助かるのに・・・などと勝手な妄想を。
DSCN4211fc2_2017031809403532e.jpg
みかん畑を下ると、民家の塀際に咲いていました。ハナカンザシですよね。
さらにあぜ道を帰っていると、
DSCN4212fc2.jpg
コブシでしょうか?すでに開花していたんですね。バックに写る田んぼでタゲリのペア―がお食事中だったのを邪魔したみたいで、ギャーギャー言いながら飛び立っていきました。白地に翅の先っぽが黒っぽいので、タゲリかな?と自己判断しています。先日は、散歩中に上空を舞うトビに、耕作放棄地から二羽のタゲリがスクランブル発進し、執拗にトビを追い払っていました。子育てでもしているのでしょうか?と思いながら見ていました。
DSCN4215fc2_2017031809404818e.jpg
よく見ると、厚い外套を脱ぎ掛けの蕾もチラホラとあるようです。今日もいいお天気になりそうです。
朝から墓掃除に行くつもりでしたが、雨が少しだけ降っていた為、順番を入れ替え、昼前に墓掃除へと。
DSCN4110fc2.jpg
墓石の上に広がる紅葉が、赤色じゃなく黄色になって、まだ残っていました。昨年までの記憶では、赤色で、この時期には落葉してた、と。
DSCN4111fc2_201612201746110a9.jpg
クヌギ等の落葉で、フカフカでしたが、熊手と竹ぼうきで全身汗だくとなって、やっと終わりが見えてきたころです。
DSCN4120fc2.jpg
赤色の名残がある紅葉を見つけ、遊んでみました。
墓掃除を済ませ、午後の仕事に備えて帰宅するつもりでしたが、
取り残していたみかん(温州ミカンとは違う種類)が、眼に入ってきて、収穫を済ませることに。
DSCN4131fc2.jpg
左下に廃棄みかんが写っていますが、どうやら病気となったようなんです。
葉っぱの色が黄色っぽくなってしまいました。
DSCN4132fc2.jpg
同じ種類のみかんの木。葉っぱの色が濃い緑色ですよね。
父が植え、母が管理してきていましたが、私が引き継いだ途端に枯らしそうです。
DSCN4127fc2.jpg
みかん畑の斜面で、ひっそりと咲いていました。
明日のお天気は晴れになったようですが、明後日は雨予報ですね。
2016.11.15 伊勢太神楽
昨夜の雨があがり、薄日が射し始めた頃寝床から出た。
妙に暖かい朝となった。
P1120347fc2.jpg
ワンコに朝ごはんをやり、東を見上げると、雨で洗われた景色が一気に秋色に色変わりしたかのように見えた。
P1120356fc2.jpg
あぜ道には雨の名残が。
今朝は、この地区に伊勢太神楽が廻ってくる。朝7時過ぎから、笛と太鼓の音がしている。
9時頃、我が家にも。
P1120364fc2.jpg
玄関でお祓いを受けると、獅子舞を舞ってもらいます。
P1120365fc2.jpg
獅子に二人、横笛と太鼓の四人で一団。今年は若い人が加入されている。
P1120371fc2.jpg
獅子の尾を持たれた方は昔から来られている方だが、囃し方と獅子が若手に変わられたようだ。
P1120374fc2.jpg
頂戴したお札等と一緒に、ご案内があった。
2017年1月2日18時30分から NHK-BSプレミアムで『伊勢太神楽ドキュメント~伊勢太神楽歳時記~(仮)』
4月伊勢神宮での神楽奉納を始め、滋賀県・三重県・福井県・大阪府などの一年の旅、秋の岡山県地元の旅をもって撮影終了、と記されていた。
重要無形民俗文化財に指定されてる伊勢太神楽の一年のトキュメンタリーをお正月に放映するそうです。近畿圏から岡山までと広いエリアを旅されているんですね。
お盆を迎えるため、今朝方墓掃除に行ってきました。
6時前、家の周りはすっかり明るくなっていました。
今日の日の出は、5時15分位でしたが、お墓の周辺は、
DSCN3584fc2.jpg
丘の西向き斜面に位置するお墓は、まだお日様が御出ましじゃありませんでした。
お墓の上空にぽっかりと開いた空間からは青空が。
DSCN3577fc2.jpg
背の高い木々の葉っぱには陽が射していますね。お掃除が終わる頃には、お墓にも陽が射すでしょうか?
DSCN3588fc2.jpg
次々と攻めてくる蚊の集団と格闘しながら、墓所の掃除、墓石の掃除を済ませ、墓所への小路を掃除してると、木漏れ日が射してきました。見上げると、
DSCN3592fc2.jpg
最後に、六地蔵を洗って終了しました。
帰り道、みかん畑を点検。
DSCN3594fc2.jpg
ピンポン玉とテニスボールの中間位にまでなったみかんもチラホラ。
DSCN3596fc2.jpg
このあたりは、ピンポン玉大です。摘果が必要な気もします。
帰宅後、田んぼの水管理へ。
DSCN3607fc2.jpg
丸一日で、やっと田んぼ全面に到達しましたね。たっぷりと溜まるまでには、もう半日かかりそうです。
DSCN3606tfc2.jpg
お水が満たされてきた田んぼは天然クーラーで涼しいです。

お昼を過ぎても、田んぼの水が増えてきません。上流の用水路分岐点を確認しに行くと、止められていました。
急いで止水栓をずらし、分水するようにしました。
どうやらため池の栓を抜いて導水しているらしく、我が家への分水路を完全止水したらしいです。
このあたりの感覚と言いますか、思考回路が未だに理解できません。後からやって来て、よその田んぼが導水しているのを止めて、自分ちにだけ導水する、って感覚。
DSCN3627fc2.jpg
夕方になって、やっと満水となりました。途端に雨がポツリポツリと降りはじめました。
気温を下げる夕立となればありがたいですが、蒸し風呂になる可能性も・・・
DSCN3617fc2_20160730182442db5.jpg
イヌタデ。
DSCN3618fc2.jpg
シロツメクサ。
DSCN3619fc2_20160730182445a64.jpg
アカツメクサ。
DSCN3620fc2.jpg
ご近所の料理屋駐車場で、芙蓉の蕾?
DSCN3622fc2.jpg
ここのマツバギクは夕方でも咲いていました。
早朝出動から長い一日になりました。
2016.03.17 彼岸の入り
最高のお天道様が顔を出した朝となった。
P1090216fc2.jpg
朝から忙しい一日となりそうです。
霜か露が僅かに残っているようです。
P1090221fc2.jpg
朝食後、仏壇やらお墓に供える花木を、JA直売所まで求めに。
帰宅後、早速に仏壇へ供えたら、墓掃除に出発。
P1090230fc2.jpg
小一時間程で、何とか見れる程度に済ませました。
P1090231fc2.jpg
一番奥の遠い先祖の墓石の近くに自生したヤブツバキに赤い花が付きました。
この後、倉敷市内までお仕事に行ってきます。
花粉の飛散も多そうですから、マスクは手放せません。昨日、薬局で目や鼻の周辺に塗って、反発イオン技術で花粉やらPM2.5を防ぐというものを試しに求めました。早速、昨日から試していますが、目は効果があるようで、痒さから解放されました。鼻は効果の程は薄いようですが、もうしばらく続けてみます。