2017.03.28 春花壇
今日は、午後に現場を終えて帰宅し始めると雨が降ってきました。朝からいいお天気でしたのに、突然の雨にしてはしっかりと降りましたね。
いいお天気だった昨日の現場から、お客様の花壇が賑やかでした。
DSCN4224fc2.jpg
各色パンジーが揃っています。
DSCN4220fc2.jpg
風もそんなに当たらないお庭で、お日様を浴びて春を彩る花壇。
DSCN4219fc2.jpg
日本水仙はそろそろお終いとなりましたが、ラッパ水仙が登壇。
DSCN4216fc2.jpg
柔らかな花びらは美味しいのでしょうね。
明日は、運転免許証の更新に行ってきます。
2017.03.23 チューリップ
今日は一日曇りの予報でしたが、お昼で現場を終えて帰宅する頃にはお日様が出てきていました。
昨日比+2℃という最高気温の予想に、少し薄着にしていましたが、それでも作業中は暑さを感じました。
土曜日に少し下がるようですが、来週は15℃超えの日が多くなりそうです。桜をはじめとする花々が開花ラッシュとなりそうですね。
ただ、花粉もすごくて、少々睡眠不足気味となっております。
我が家の菜園の片隅に植えたチューリップの確認に行くと、
P1130586fc2.jpg
10個の球根を植えて、10本発芽。現在4個ほどの蕾が膨らんでいます。一本だけほころびそうです。
思ったより茎の短い品種だったようです。
昨年末に植えたキャベツがこぶしより少し大きい玉になってきました。
早生タマネギはピンポン玉より二回りほど小さい玉になったものも出てきています。
お彼岸で墓参りした際、みかん畑にイノシシが現れた形跡を発見し、今年のみかん作りの前途多難を予感。
すると、筍生産をしている叔母宅の墓参りをした際にも、竹藪畑がイノシシに荒らされ、ほぼ壊滅状態だと、聞かされました。竹藪畑に行ってみると、そこかしこに40~50cmくらいの穴があけられ、食い散らかされた筍の先っぽの皮だけが無残に転がっていました。伯父曰く、「筍を掘るのは楽しいのに、穴埋めばかりするのは楽しくない」と。
猟友会の方が現場を確認され、竹藪畑から山に入ったところに罠を仕掛けたそうです。雄一頭メス二頭の足跡があったそうです。
今までは、海岸から10キロ前後入った山側でのイノシシ被害があり、他人事だと思っていましたが、いよいよ今年はわが身に降りかかってきそうな気配です。米作り、野菜栽培、みかん栽培にどの程度の被害が出るのでしょうか?
イノシシの行動範囲内に複数の罠を仕掛けてもらい、捕獲していただくしか手立てはなさそうです。
花粉以上に憂鬱な問題となりそうです。
朝は、所々に霜が降りていたようですが、日中は風も弱く穏やかでした。
午後、近所のばあちゃんがナイロン袋を手に、土筆を引いていました。
あぜ道や休耕田にも青い雑草の塊がこんもりとしてきてます。月末までには今年初となる草刈出動もありそうですが、降り注ぐ花粉の量が半端ないようで、眼と鼻を完全防御しなきゃダメですね。
我が家の菜園で、今年初のカラスノエンドウに出会いました。
P1130575fc2.jpg
3月中旬でもカラスノエンドウとの出会いでした。
庭では先日の沈丁花が次々と開花しています。
P1130578fc2.jpg
幼いころの沈丁花の香りの記憶は残っているのですが、花粉症の所為か?今はさっぱり匂いません。
6時半過ぎに目覚め、アレルギー目薬を差し、マスクをかけて、ワンコの朝ご飯をやっておいて、分別ゴミ出しへ。
帰宅後ワンコの水を変えている時に気づいた。
P1130572fc2.jpg
沈丁花がひとつ咲いてることに。昨年姉から挿し木でもらったもので、冬は寒かろう、と稲わらをかけてやっている。随分前から白い蕾を付けていたが、今朝方やっと咲いていることに気づいた。
その横には、
P1130569fc2.jpg
何の蕾だかわかりますか?
これも姉からもらったカーネーション。昨年も遅くまで赤やピンクの花をつけてくれて十分に楽しませてくれた。年末になっても枯れることなく、元気だったので、沈丁花と同様に稲わらをかけてやっていた。
視線を空に転じたら、
P1130562fc2.jpg
3m程の高さの天辺付近に一輪咲いていました、乙女椿。
明日から少し冷え込むようですが、折角の春の気配が逃げないように、と願います。
2017.03.06 初蓮華
気づけば3月も6日となっていました。
例年ですと、2月初旬には蓮華を観察していましたが、今年は一度偵察した時、まったく気配がしなかったので、途中での観察を怠ってしまっていました。
本日、花粉が降り注ぐ夕刻4時過ぎにワンコと出かけてきました。
P1130506fc2.jpg
すっかり群れていました。
この田んぼ、昨年より稲作をしなくなっており、雑草の繁茂により蓮華も潰えるかと思っていましたが、適度に草刈されているようで、今年は何とか見れたようです。
P1130511fc2.jpg
背丈のある雑草を避けながらのポジショニングとなりました。
P1130505fc2.jpg
最後はアップとなりますね。
P1130525fc2.jpg
帰路に着くと、途中の草刈管理された耕作放棄地でも出会いました。
P1130517fc2.jpg
帰路の道端で、キュウリグサにも。
P1130519fc2.jpg
ピンクの蕾も出会えました。
明日はジャガイモの植え付け予定です。
一昨日あたりから鼻水が一気に堰を切ったような状況です。極力、外に出ないようにしていますが、まったくでないこともできないので、四苦八苦です。辛いシーズンの幕開けとなりました。