2008.06.29 アサガオ
1
今日は6月29日なんですねー。明後日から7月なんだー(もう?)。
裏のばあちゃん家にアサガオが咲いていました。
こちらは、昨日から咲き始めた我が家のノウゼンカズラです。
2
一夜で、こんなに咲きました。
各地で豪雨となっているようですが、被害が出ないことを祈ります。
我が家の周辺は、予報に反してほとんど小雨程度でした。田んぼの水が減ってしまいました(降雨を期待してたので)。夕方から用水を引く段取りをしました。
1
今朝、我が家のノウゼンカズラが一輪、咲きました。
... 続きを読む
朝のノウゼンカズラ、11時の時報のときに見てみると少~しだけ開きかけていました。
1
中を覗いてみましょう。
4
シベが見えていますね。曇天のためなのか、今日は開ききるところまでは無理でしょうか?
... 続きを読む
1
昨日までガクに守られていた蕾、今朝見るとオレンジ色の花びらが出ていました。ただ、この状態を「咲いた」と言っていいものか?「咲いた」はやはり、花びらが開いた状態でしょう、ということで開花は明日かな?それとも今日の日中かな?
2
となりの固そうな蕾にはたくさんのアリが集まっています。
2008.06.23 スイカ
1
我が家のスイカです。携帯くらいの大きさでしょうか。聞く人によれば、一株に3玉の実を残すように摘果すると大きくなるよ、と。
... 続きを読む
2008.06.21 トケイソウ
1
今日のお仕事現場のお隣に咲いていました。見れば見るほど不思議な形ですよね。2
立体的なシベ、紙縒りのような花びら。
4
こちらは蕾です。小さな五つの角が見えますね。その真ん中が割れて、時計の針のようなしべが現れるんでしょう(トップの写真)。
6
午前中、雨でしたがお仕事が終わったお昼過ぎには晴れ間も見えていました。しかし、夕方には再び雨が降り始めました。自転車で遊びにきていた娘のお友達も慌てて帰りました。
1
タバコ屋横の道沿いに咲いたユリ。
2
新道用地となって、立ち退いた跡に咲いたスミレ。
4
97歳のおばあちゃん家のサボテンの仲間かな?
yuugure
昨日の夕暮れです。毎日、田んぼと畑を見て廻ってます。
... 続きを読む
2008.06.18 水田風景
ninnniku

ジャンボニンニクの花と水田です。
ajisai

アジサイと水田です。私の中で、アジサイが一番似合う背景は早苗の植えられた水田です。
2008.06.17 水充て
3
ブロッコリーの花、だと思います。
今日は愚痴を書きます。
水田への水充てを夕方に準備していました。
川からの分水用の蓋を開け、用水路の自分家の田んぼへの入り口を堰き止めます(先に水を充てている方がある場合は、そこが終わってからになります)。
(愚痴1)堰き止めていたので、蓋を浮かされ、水は下流に。すぐ下の方が横取りです。現場を押さえていない為、自分家の堰をやり直しました。
(愚痴2)やっと自分家に水が流れるようになりかける頃、川からの分水用の蓋を閉められていました。分水用の蓋は2箇所あるんですが、もう一方の蓋を開けた方が、私が開けていた蓋を閉めて、自分の方にだけ流れるようにしたらしいんです。
どちらも現場にいたわけではないのですが、水が入っていく田んぼの方がしたことは明白じゃないですかー?わたしよりかなりご年配の方ばかりですが、セコイですねー。みんな自分のイネを一生懸命育てているんですから、自分家だけがよければ、っていう視点からのこうした行為は情けないですね。
家に帰って母に話すと、「誰某は昔からそういうことをする、おじいさんの代から。」とのこと。
いちいち腹を立ててもしょうがない、と。
確かに腹は立つけど、こんな近くでこんな事で喧嘩しても自分も情けなくなるだけ、と腹に収めました。
... 続きを読む
2008.06.16
1
近くの市営団地の駐車場で。
... 続きを読む
2008.06.14
5
今日の午後から田植えでした。あぜ道に残るタンポポと早苗。
... 続きを読む
2008.06.12 農業って
9
いよいよ田植えが近くなりました。周辺の田んぼにも水が張られてきています。こうしてみると、改めて耕作放棄地が目立ちますね。
夕方、代かき等を手伝ってもらう後輩と話したんですが、農地の有効活用にもっと知恵を働かさなくちゃー、と感じました。
手伝ってくれる彼は、農地を持たない小作です。でも、国立大学の農学部まで出たプロです。
こうした人材を活かすためにも、耕作放棄地を地方自治体なりが窓口になって、地主から借り受け、小作希望者に耕作してもらうべきでしょう。
耕作を放棄だけならまだしも、管理も放棄している地主にはそれなりのペナルティを科してでも、自ら管理するか?小作地として自治体に貸し出すか、を迫ってもいいのではないでしょうか?
人材と田んぼが揃えば、多少は食料自給率も向上するのではないでしょうか?
堅苦しい話になりそうですが、埋もれた人材と耕作放棄地の有効活用にはもっと知恵を働かせて頂きたいなー、と思いました。
2
裏のおばあちゃん家はお花が切れ目なく咲いています。
... 続きを読む
2008.06.12 夏野菜
12
菜園の夏野菜たちがその実を膨らませ始めました。
... 続きを読む
11
夕方の散歩の途中、アゲハチョウ発見。蜜を吸っているところを写していたら、偶然タイミングが遅れてパチリ。
この写真の前がこちら(↓)です。
10
2008.06.11 我田引水?
今日、岡山地方も梅雨入りしたらしい、との宣言が出ました。
我が家地区では、13日にため池の用水を降ろす予定ですが、今年から初めて百姓する私には、失敗も怖いので、試しの我田引水を行いました。
1

手入れした用水路は問題ないようです。
あとは、田んぼからの水漏れがないか?の確認です。
水が張られた田んぼに、さっそくのお客様です。
2
窓ガラス越しのため、少々画質が悪いですが・・・。
2008.06.08 田ごしらえ
ワンコの散歩途中に見かけた「田ごしらえ」風景です。
1
「よっこらしょ」とひと息ついてみえました。
... 続きを読む
2008.06.08 菖蒲園
毎年、この時期は町内の休耕田を利用した「菖蒲園」を(勝手に)見せていただいてます。
1
... 続きを読む
PTA
今年もPTAの研修旅行に行ってきました。
今年は、藍染体験が組まれていました。簡単なハンカチの藍染を行いました。
お昼は、県北の湯郷温泉で食事を頂き、温泉にも入りました。
写真は、途中で写した花です。途中立ち寄った観光農園やお土産屋さんの駐車場のものです。
1
... 続きを読む
2008.06.05 水路の手入れ
1
昨日は、午後から田んぼの周辺の草刈を行い、その後水路の手入れを行いました。
私が、子どもの頃はほとんどの水田が田植えをしていたので、田植えの時の水は、川上側の田んぼから順番に流れてきました。一番高いところに位置する田んぼに最初に水が入ります。田んぼが満杯になると、溢れた水は2番目に高い田んぼに流れ込みます。このようにして一番低いところの田んぼまで水が行き渡っていました(水の流れを采配する長老がいました)。
今では、ほとんどの田んぼが休耕田(耕作放棄地)となっているため、昔からの水路が機能しません。そこで、田植えを行う農家が各戸ごとに水路を確保しなくてはなりません。
我が家は、一番近い用水路から親戚の休耕田を一枚、通って水を引いてます。
休耕田ですから、雑草も伸び放題、去年使った水路も草ボウボウです。せり等の水辺を好む草が根っこを張っています。まずは、刈り払い機で大体の草を刈ります。その後、水路部分に張った根っこを田鍬で引き上げます。写真はその状態です。手前がこれからの部分です。
水が入ると、こんな小さな水路ですが、カルガモ等の水鳥がやってきます。まだまだえさ等は豊富なんでしょうね。
2008.06.03 曇り空
1
所用で市役所の支所へ行ってきました。梅雨入り前の、どんよりした空でしたが、支所前から見ると、瀬戸大橋のあたりだけが明るかったです。
2
支所からの帰り道、昔ながらの小道を帰りました、自転車だったので。道沿いのアジサイも咲き始めていました。
2008.06.01 ガクアジサイ
2
庭のガクアジサイがいよいよ色づき始めました。
菜園の草取りが、マイペースで進んでいます(笑)。
せっかくのスペース何を植えようか?と思案しました結果、
ひとつ目は、ちょっとおそめですが、とうもろこし。
ふたつ目は、オクラ、となりました。
今日の仕事帰りに、ホームセンターで種を購入し、さっそく夕方に蒔きました。
水遣り楽しみが増えました。
1

ただ、如何せん素人がお百姓の真似事をしているから、肥料等の按配がよくわかっていませんでした。今日、お袋がナス・ピーマン・枝豆等の様子をチェックした結果、肥料が不足気味になっているそうです。野菜つくり、なかなか奥深いですなー。