2009.12.27
1
何度見ても、花びらがどうなっているのか、よくわかりません。
2
キクの仲間?
3
オキザリスもお休みですね。
4
ぺんぺん草・なずなは元気に満開。
5
土手には、タンポポがいっぱい。
6
地元の八幡様は、すっかり迎春準備も整っておりました。
7
カリンがいっぱい。
8
どちら様かのブログで拝見したことがあったような・・・
9
年末ですが、まだまだきれいなコスモスが見れるなんて!
10
すこし疲れたコスモスも、夕陽を受けて輝いて、きれいでした。
2009.12.27 黄砂?
PC260001_01fc2.jpg
昨日(12/26)の午後の海。
霞んだように見えていたのは、黄砂の所為?
2009.12.26
PC260001fc2.jpg
今朝は、雨上がりの暖かな朝となっています。
朝、遅めにワンコと散歩に出ました。
PC260005fc2.jpg
空き地に咲いたホトケノザ、頂に雨雫を乗っけていました。
本日は、夜のお仕事となっているため、日中はフリー。一日遅いクリスマスプレゼント的なうれしさですかねー。
2009.12.22 大霜の朝
2
今朝は、この冬一番の大霜となりました。
各地で大雪の知らせがあったのですから、いくら温暖なこの地でも霜くらいは・・・
1
これは、おでかけ前に溶かしておかなきゃだめですね。
3
畑の土も霜柱ができているかと思いましたが、こんな感じでした。
今日は、ディ-ラーさんの大きなガラスのクリーニングですが、外は冷たいでしょうね。気合を入れてかからなきゃ、だめですね。
2009.12.20 冷え込み
PC200001fc2.jpg
この地では、昨日が初霜となりましたが、草むらに薄っすらと下りた程度でした。
今朝は、昨日より冷え込んだようで、ホトケノザにも霜が降りていました。このあと、30分ほどでお天道様があたり、しぼんでたホトケノザたちも元気になりました。
この冷え込みで、冬野菜たちもいっそうおいしくなることでしょうね。あったかお鍋が恋しいですね。
朝、大した霜じゃないなー、と思っていましたが、一日中風が冷たかったです。
1
午前中は現場空きだったので、かかりつけ医で年内最後の診察とお薬を戴きました。一旦、家に帰る途中、海岸線を走る。笠岡諸島の北木島からのフェリーが帰ってきていました。その手前で、こんなに寒くても小さな手漕ぎボートにお二人乗っての魚釣り。見ているだけで、震えてきました。
2
午後から、玉島(新倉敷)駅前でお仕事を済ませ、再び海岸線を通って帰宅。沙美海岸付近の菜の花畑でもボツボツ咲き始めました。
3
雲が朝と同じですねー。北国の冬空を思わせるような薄暗い雲ですね。
4
沙美海岸にも、釣りをする人影が。寒くてもやめられないんでしょうね、好きなことは。
5
沙美海岸西側駐車場出口付近のフェニックスでしょうか?黄色い実が一杯生っています。
明日も冷たいんだろうなー。
この冬初の寒気となりそうですね。
瀬戸内でも最高気温が一桁台となる見込みですから、今までとの落差からかなり寒く感じることとなるのでしょうね。
この寒気で、再びインフルエンザが流行らなければいいのですが・・・
今朝は、霜が降りているかも?と期待しながらの散歩でしたが、残念ながら霜なし!
1
散歩に出かける前の空。このあと、ワンコとショートコースの朝散歩です。
2
萱の穂も風に揺られて、寒そう。
ここで、昨日の夕方の散歩で出会った花です。
6
雪ヤナギ。
7
この厚手のコートを着ているのは誰?
8
赤いバラも次々と咲くようです。ほかに、ホトトギスも咲いていましたが、ブレブレとなってしまいました。
再び、今朝の散歩コースで。
5分ほどで帰宅。ワンコの水とエサを換え、ウンチの処理を終えました。
振り返ると、一筋の雲が茜色に。
4
今日もお天気になりそうです。そういえば、裏のおばあちゃんは生前、毎朝昇ってくるお天道様に手を合わせていたな~。
師走も折り返し地点を通過し、いよいよ年末へ向けて慌しくなってきますね。
この時期、事故には気をつけているつもりですが、自分が招く事故以外にも貰い事故がありますからねー。

今日もいつものように国道2号線を東進中、合流地点で私の車の前にも合流する車がありました。
合流してきた車のドライバーさん、一切こちらを見ないんです(視線が一切ないんです)。
順番に合流しているとは言え、一応、相手に視線を送りませんか?

アイコンタクトしない、ウインカーを出さない、一旦停止しない(通過してはみ出て減速のみ)・・・自己中心型に対して、優先側を通っているのに交通の流れを止めてまで相手に譲る・・・遠慮し過ぎ型。
こんな車には近づかないようにして、この年末を無事故で乗り切ろう!と思った一日でした。
2009.12.14 お昼
今日は、お昼を久々の煉天地にて戴きました。
嫁とアルバイト中の長男の3人で入り、みんな違うものを頼んで、みんなで食べようか、と言っていましたが、嫁と長男は早々にピザに決まり、私は10食限定となっていたショートパスタとポテトの石釜焼(トマトソースチーズ)をお願いしました。
1
サラダが各自に。
2
長男にピザが。目の前からいい香りがしてきました。とろっとろのもちっもちです。
3
私のは最後に登場です。ちょっとグラタン風で、グー。
お酒が飲める方だと、ビールが合うんでしょうね。おいしかったです。
駐車場へ戻る信号待ちをしていると、
4
黄色い車が、すごい爆音でやってきました。同じ黄色い車でも大違いですね!(私のお仕事用も黄色い車です)
2009.12.13 散歩道
夕方の散歩はみかん畑までのコースでした。
1
いきなり、ユリがまだ咲いていました。蕾のもありますねー。右端にはすでに種を飛ばした殻が少しだけ写ってます。
2
生垣の下から、ビーグルがコンニチハ。3
4
空き地に咲いていました。
5
雑木林で小鳥が枝から枝に。早すぎて追いかけられませんでした。
6
空が白っぽくなってしまい、海と空が区別つかなくなってしまいました。
7
みかん畑の脇にスイセンが。
8
みかん畑の帰り道、大型犬(セントバーナー?)が激しく吠え立てています。
9
トランペット、まだ咲いているんですねー。初めて撮った、と思います。
2009.12.13 暖冬
1
今朝(12/13)7時過ぎの空です。昨日までの雨もスッキリと上がり、快晴となりそうですね。
朝の散歩です。
2
以前、立派な菊をアップしたイヌ友のお宅。塀から垂れている植物が色鮮やかです。
4
落ち葉がこんなところで、道草してますねー。「今年の冬はあったかいねー」などと立ち話が弾んでいそう。
3
実際、今年の冬はまだ一度も霜が降りていません。もう、12月も半ばですよ。例年なら、こんなお天気の朝は、手前に咲く、ホトケノザは霜に凍えながら咲くのですが、今年は異様に高く伸びてきています。
今日(12/10)は、末っ子の小学校最後となる学芸発表会でした。
新型インフルエンザの大流行の影響で、12/5が今日に順延となり、さらに全学年一括から学年毎の発表となりました。
9時からの開始にあわせて、会場となる体育館に滑り込みました。
今年のテーマは「和」だそうです。
学年毎開催となったお陰で、父兄の観覧席がずいぶんと舞台に近いところに設けられています。
室内撮影にはありがたい距離です。
これは(↓)は何をしていると思いますか?
子供は、地区の秋祭りで使われる各地区の法被を着用しています。
1
答えは、「銭太鼓」でした。
2
こちらは、和太鼓とのコラボでリコーダー演奏。
最後には、アンコール演奏もありました。
3
観客席のセンターが空いていたので、着席したのですが、ちょっと失敗でした。
指揮者の先生が真ん前、子供もセンターに配置となり、一曲は完全に先生のお尻ばかり眺めてました。
2009.12.10 6日の浮島
4
今月の6日の午後、仕事を終えて移動中に海岸線を走っていると、島がおかしいー、と気付きました。
「浮島現象」?
3
瀬戸大橋も「浮き大橋」?
2
こっちの瀬戸大橋は、海面にも延びてる?
少々古いネタでしたが、賞味期限が切れそうだったので、慌ててアップしました。
2009.12.06 おさかな祭り
PC060002fc2.jpg
今朝の7時前の空でした。厚い雲に覆われていました。いま(7:45)は雲も切れ、明るくなっています。
今日は、寄島のおさかな祭りです。
地元で獲れた海産物、農産物を販売します。一部に、他所で獲れたものもあるようですが・・・。
生憎、我が家は8時過ぎからお仕事なので、お祭りには参加しませんが・・・。町外からたくさんのお客様が買い物に来られることを祈っています。
2009.12.05
1
咲き始めようとする水仙。
2
5人兄弟ですが、もうすぐ6人目が咲きます(笑)。
3
こちらは5人兄弟ですね。
4
こっちは4人兄弟ですが、5人目をご懐妊ですね。
我が家の水仙たちは、こうして次々と咲いていますが、自宅からちょっとだけ離れている場所なんです。
5
これって、どなたかのブログで拝見した記憶があるのですが、ナスの仲間でしたよね?
6
こんな実がついていました。小指の爪ほどあるかなしです。
7
西洋タンポポ、シロツメクサと我が家のバニラです。久しぶりの登場となりました。
8
庭にも一足早く春の花が顔を出してくれていました。
9
今朝、7時頃に散歩から帰った時の朝焼け。
2009.12.01 山、燃える
今日は、打ち合わせもスムースに進み、お昼過ぎに一段落。
帰り道、ちょっと寄り道してみました。
1
登り道を振り返れば、彩り鮮やかな紅葉でした。
3
お日様が差し込んで、輝いていました。
4
頂上付近では「染井吉野」がチラホラと咲いています。赤い背景は紅葉でした。
5
薄紅色を残す花びら。
6
頂上にも燃えるような紅葉。
7
帰り道、お見送りも紅葉でした。
8
かなり下ってきても、染井吉野が。
9
抜けるような青空でした。