2011.02.28 2月もニゲル?
P2250016fc2.jpg
庭で咲きました、ツルニチニチソウ。ちょっと早すぎるようですが・・・。
あっという間に2月も終わってしまいましたね。
明日から弥生三月。3月も「去る」と言われますから、気づけば4月ってことになるのでしょうかね?
P2260017fc2.jpg
ご近所に咲いた紅梅。
今、天気予報では明日から寒さが戻ってくる、と言っています。

追伸、庭のジャノメエリカも小さな花を咲かせ始めました。
P2280003fc2.jpg
2011.02.25 田起し
今朝は、霧の夜明けとなりました。
P2250003fc2.jpg
お仕事の無い今日は、田起しをしておこう、と朝から気合は十分でしたが、肩こりを口実にこんな中途半端なところで終~了。
例年ですと、田起しをはじめると、サギ類(アオサギ・コサギ)、セキレイ(背黒)、カラスが一番に寄って来るのですが、今年は観客の入りが悪いなー、と思っていると。
来ましたー!
P2250002fc2.jpg
田んぼの端っこに祀ってある観音堂の影から出てきました。
警戒しながら、ひっくり返したばかりの田んぼへ。
P2250005fc2.jpg
なかなか近くまでは、寄ってきません。それでも耕運機の音がしている間は、5mくらいまでは寄ってきましたが、機械を止めた途端に10m以上の距離をとります。
なので、やむを得ずトリミング画像です。
P2250002trfc2.jpg
観客は、このお一人かなー、と思っていると、オジョウサマがどこからともなく飛んできて、耕運機の周辺を偵察、杭の先端に止まって、どこかへ飛んでいったきり。
さみしい田起しとなりました。
いっせいに出てきました。
P2240017fc2.jpg
先日までの「ちょっと気の早い土筆君」とは違い、このご陽気に我慢できなくなり、いっせいに出てきたみたい。
土筆ばかりじゃなく、まわりの草なんかも瑞々しい若葉がうれしそうに伸びています。
でも、週末には一旦お天気も下り坂予報ですね。
でも、いよいよ最後の寒さを越えれば、春の姿が目前かな・・・
今日も、いいお天気となりましたねー。
朝から風もなく、穏やかな日差しで、車に乗っていると暖かいを通り越して、暑さを感じるほどでした。
P2220004fc2.jpg
朝日がまぶしかった沙美海岸。
P2220012fc2.jpg
釣り人一人、いませんでした。
P2220021fc2.jpg
沙美海岸の名物となった菜の花畑もそろそろ終わりそうです。
この後、朝一番に商工会議所へ確定申告の手続きで。etaxっていうやつです。
早々に、手続きを終えて、お仕事に向かいましたが、野山で寝っころがってもいいくらいのお天気でした。
2011.02.20 イソヒヨドリ
P2200005trfc2.jpg
P2200007trfc2.jpg
先日撮影したイソヒヨドリ、どうやら我が家の周辺をテリトリーにしている様子。
いつも単独行動です。
2011.02.18 春来る
今日は、お休みでしたが、午前中はお医者様巡りでした。
P2180007fc2.jpg
いつもの夕方の散歩では、閉じていることの多かったオオイヌフグリ?もこの時間帯では満開。
枯れ葉色の多いあぜ道に、水色が濃く映えます。
P2180003fc2.jpg
一昨日のコースと同じため、似たような絵ばかりですが・・・
P2180010fc2.jpg
土筆も胞子たちが無事に旅立った様子。
P2180015fc2.jpg
この時期、あまり高く伸びないまま胞子は熟して、旅立つんですね。
昨日は、午前中倉敷市内でお仕事を戴き、午後から児島でお仕事でした。その児島への移動途中にお昼に立ち寄った定食屋さんで、昨年ご自宅のお掃除をさせて戴いたご夫妻と遭遇。笑顔の素敵なご夫妻にお会いして、なんとなくハッピーな気分で午後のお仕事に向かいました。
お約束の時間に少し余裕があったので、由加山へ上ってみることに。初めての由加山でしたが、写真はありません。娘の高校自己推薦入試の結果発表もあったので、最後の神頼みもしたいなー、と。
お守りとあんころもちを購入して、お仕事先へ向かいました。
順調にお仕事を進めていると、嫁のケイタイに電話が。
嫁が取る前に、「合格の知らせかー?」と。「やったー!超うれしい」「よかったねー」「でも、一緒に受験したお友達で残念な結果になった○○ちゃんが、かわいそー」などと会話。
なぜだか、心に余裕ができて、お仕事の合間に撮影。見事な赤レンガです。
P2170011fc2.jpg
お仕事もほぼ予定通りに完了。
P2170015fc2.jpg
なまこ壁と赤レンガって、美観地区だけじゃなくても見れるんだ。
P2170016fc2.jpg
本日の現場は、重厚感のある建物でした。
帰り道、ささやかながらのお祝いのケーキを買って帰りました、とさ。
バレンタインは夜に仕事から帰ると、娘がお父さんにもくれましたー手作りチョコレート。
P2150002_01fc2.jpg

昨日の積雪も、今日のお天道様ですっかり溶けてしまったようですね。一部日陰に残骸のごとく残っている箇所もありましたが・・・
畑や道端の植物たちも、冷たかったでしょうが、溶けてしまえば恵みのお湿りとなったようです。
今日の陽気で、あぜ道にはいっせいに咲いた花。
P2160006fc2.jpg
散歩に出かけたのが、夕方だったので閉じかけていますが、あちこちに咲いていたようです。すでに花びらを散らしたものもありました。
土筆はどうなったのでしょうか?
P2160011fc2.jpg
まだ短いながらも、先端の胞子は旅経つ準備を始めていますねー。
P2160016fc2.jpg
こちらは、雪の重さに耐えていたのでしょうか?捻れていますが、胞子の旅立ちは近そうです。
明日は、雨と予報が出ていますが、一気に春を呼び込む雨となるのでしょうか?

余談ですが、データを保管している外付けのHDDが壊れたみたいです。
過去10年間の写真データとお仕事のデータが・・・
外付けのHDDだけに保管していると不安だったので、バックアップ用の外付けHDDを購入し、接続したところ初期不良でメーカーに送り返したところで、原本側のHDDがパンクしちゃうなんて・・・トホトホな気分です。
2011.02.15 再びの雪
昨日(2/14)瀬戸内は朝から雪が降っていましたが、道路に積もりほどではありませんでした。遠景の山はうっすらと白くなってはいましたが・・・でも、夕刻近くになると田んぼや畑は真っ白、そのうち路肩や歩道もうっすらと白くなってきました。
P2150007fc2.jpg
今朝(2/15)目覚めると、道路はカチコチ。ワンコのの散歩に出かけましたが、ワンコも滑っていました。
我が家から北を望んだ光景です。
湿度の高い雪だったのでしょうね。P2150008fc2.jpg
この山を越えるともっと白銀の世界かも?(ちょっとオーバーかも)
P2150010fc2.jpg
散歩途中で、雪の重さに耐えかねて・・・
P2150014fc2.jpg
雪帽子を被ったホトケノザも。
P2150020fc2.jpg
でも、今日は青空が見えています。残った雪も溶けてくれるでしょう。
2011.02.13 青い鳥?
散歩から帰り、昨夜のお仕事の道具を片付けていると、田んぼに来ていました。
P2130026fc2.jpg
私が気づかずに水道に近づいた為、慌ててお堂の屋根に避難したようです。
どうも、田んぼに捨てたみかんやゆずの残りを漁っているようですね。
背中を見たいなー、と思うのですが、あちらも警戒しているので、私から視線を外しませんねー。
おっと、太陽が射してくれました。
P2130037fc2.jpg
ちょっと白とびかな?
P2130037trfc2.jpg
トリミングしてみると、こんな感じになりました。
おなかは朱色なんですねー。
2011.02.13 霜と花
どうやら瀬戸内に雪を降らせた寒気団は、北へ帰ってくれたみたいですねー。
でも、今朝はまだ足跡が残っていました。
お仕事のない日曜の朝、ひさしぶりに朝寝してしまい、8時前後に散歩に出かけました。
あたり一面、霜が降りて真っ白になっていました。
P2130024fc2.jpg
我が家の周りで一番霜が似合うのは、ホトケノザかな?この霜まみれになっても、耐えて咲く姿はどう?
P2130025fc2.jpg
写してても、指先がジンジンとしてくるような冷たさでしたが、こんな小さな薄い花が耐えています。
P2130016fc2.jpg
もう少しで、水仙に射した太陽もホトケノザに届きそうです。霜が溶けるのももうすぐです。
2011.02.11 積雪
P2110002fc2.jpg
今朝、目覚めれば雪景色!道路は?よかったー、積もっていない。
北からの寒気が南下してきた影響で、瀬戸内沿岸でも積雪となったようです。
P2110003fc2.jpg
私が子供の頃も、10年に一回くらいは、もっと積雪があったように記憶しています。
幼稚園児の頃と高校生の頃に、5~10cmくらい積もり、バス等が坂道を登れなくなり、大混乱したこと。それに比べれば、今日のはまだましかな?とも。
立春を過ぎた2月のこの時期が、びっくり積雪の時期ですね!
本日は夕方まで倉敷市内の予定で、そのあと児島に入る予定でした。
倉敷で完了したら、4時過ぎ次のお客様に入るのが6時でした。ひょっとしたら三百山の夕日が見れるかも・・・と期待しつつ向かいました。
5時ごろ到着。
夕日を観賞する団体さんが一組。三脚を構える方がお一人。
しばらく、一番端っこで撮影。
P2050016fc2.jpg
今日は、もやっていますね。
P2050012fc2.jpg
この標高から海面を眺めることなかったかも?
このあと見覚えのある車が到着。Y女史参上です。時間を気にせず楽しめたらよかったのですが、初めて伺うお客様との時間も迫り、一足早く失礼致しました。
午後から児島に入り、お仕事のあとに三百山へ寄れるようなお仕事を募集中!ってことでよろしく!
2011.02.05 白梅、咲いた
P2040012fc2.jpg
里山付近の畑にて、やっと白梅に出会えました。
P2040011fc2.jpg
足元には八重の水仙も咲いていました。
場所的には、西向きの山際なんですが、風の通り道からは外れているから大丈夫なんでしょうか?
P2040007fc2.jpg
もう少し、下まで降りてくると庭先に咲いた枇杷の花。メジロたちが忙しそうに蜜を吸っていましたが、私が近づいた為、慌てて避難しちゃいました。ごめんなさい~。
P2040003fc2.jpg
朝一番で、お袋を整形外科まで送った帰り道、朝日に輝くネコヤナギでしょうか?ポツリポツリと白い綿毛が出ています。厳しい寒波でしたが、草木は確実に春を感じているようですね。
今朝はこれから、消防団のポンプ点検に行ってきます。
2011.02.03 土筆続編
今朝は結構な降霜でした。
女房の車のフロントガラスにお湯をかけたのは、この冬初めてでした。
でも、日中は予想外に暖かくなった感じです。結構薄着でも平気でしたし、雑巾の洗濯をしてても、指先が痛くなるような冷たさも感じませんでした。
そんな今日の夕方の散歩は、当然土筆の生える耕作放棄地です。
P2030001fc2.jpg
先日の土筆は、今朝の寒さで萎れたようになっていました。もっと短い、タートルネックを着込んだような土筆たちがたくさん、顔を出していました。
P2030003fc2.jpg
この高さで写すと、結構緑の草の葉がありますねー。
P2030006fc2.jpg
猫の目線くらいの高さからだと、枯れ草ばかりになりますが、土筆はたくさん見えます。
今日の日中のような陽気が続けば、すくすくと伸びてくるのでしょうね。
もっと判りやすく、いっせいに咲いたのが、↓
P2030009fc2.jpg
ホトケノザ兄弟です。
2011.02.01 初土筆
先週の26日に「今年はまだ土筆を見かけませんねー」と記事にしたばかりでしたが、今日の散歩にて出会えましたよー。
P2010003fc2.jpg
毎年、1月早々に生えてくる耕作放棄地なんですが、今年はさすがの寒波襲来で出遅れたのか?不明ですが、本日やっと出会えました。冷たい中をご苦労さん、と。
P2010002fc2.jpg
コンデジで望遠にした時、ピントが合わせにくかった場合は諦めていたのですが、ピントをマニュアルで合わせてみました。アバウトですが、今までのレベルからみればよし、としましょう。こんな使い方もできるんだー、と知りました。