2011.05.30 道草
台風一過の好天となりましたね。
被害に遭われた方にはお見舞い申し上げます。
P5300002fc2_20110530182129.jpg
青空と新緑が眩しい。
P5300005fc2.jpg
ハルジオンでしょうか?
P5300007fc2.jpg
小さな花が集まっていますが、こうしてみるとひとつの花に見えちゃいますね。
P5300008fc2.jpg
これ、何の花でしょうか?自宅近くの建設途中の道路に咲いていました。雑草の中で目を引く紫色でした。
P5300023fc2_20110530182259.jpg
葉っぱはエンドウの仲間かな?
P5300014fc2.jpg
P5300013fc2_20110530182232.jpg
カラスノエンドウの葉っぱより小さいですね。また、カラスノエンドウはすでに豆になっていますしー。
沖縄・九州南部は梅雨入りしていましたが、昨日近畿までが梅雨入り宣言(もう宣言って言わないのかな?)。
5月に梅雨入りですかー。
早いですねー。こうなると次は梅雨明けはいつ頃になるのだろう?雨量はどう?

そして、いきなり台風2号の接近。気になりますねー。かなり大型らしいですよ。
我が家でも、早朝に菜園の添え木やらを補強しておきました。

今朝の瀬戸内海です。
P5270007fc2_20110527161021.jpg
朝は雨が降っていませんでした。

P5270001fc2_20110527161007.jpg
娘が華道部に入り、最初のお持ち帰り教材です。
前回の小鳥、ヨシキリではないか、と思っています。
他の画像をトリミングしてみました。
P5220002_01tr.jpg
遠目で見て、スズメくらいかなー、と思った大きさと、目の上の白いラインと背中がこげ茶っぽい感じ。
まだ、声はすれども姿を見せない(見つけられない)のが、ウグイスとキジ。キジは去年は、我が家の田んぼにやってきましたが、今年はまだ姿を見ていませんが、毎日近場でけたたましく鳴いています。
明日の夕方から、お天気は下り坂予報です。全然、農作業がはかどりません・・・
2011.05.22 荒し田の住民
今日は、午前中までに降った雨のおかげで、夕刻の野菜への給水は遣らなくてもよかった。
エンドウやニラを採ってると、隣の荒らした元・田んぼからけたたましい鳥の鳴き声が聞こえる。
セイタカアワダチソウの残った休耕田では、よく聞く泣き声なのですが、姿を見たことがなかった。そこで、慌てて家に帰り、カメラを持ち出し、納屋の物陰から狙ってみた。
P5220001_01fc2.jpg
今日は、どこに居るか、は判った。
しかし、これではよく判らない。
遠い。
物陰から動き、休耕田に近づこうとすると、繁みの奥の方へ逃げてしまう。
止むを得ず、トリミングしてみた。
P5220001_01trfc2.jpg
スズメくらいの大きさだろうか?
わたしの腕では、もっと間近に鮮明な姿を捉えることは無理ですね。
P5220011_01fc2.jpg
こちらなら、逃げずに待ってくれました。
2011.05.22 庭景色
2日ほど前からワンコの調子が悪い。どうも食あたりかな?という感じ。
調子が悪くなる前日の散歩で、普段よりたくさん道端の草を食べた。
そんなわけで、朝晩の散歩も3日程お休みです。
あまり変化のない庭でワンコと遊んでたら、
P5220002fc2.jpg
花は終わりかけているものが多かったですが、まだ残っているものも・・・
P5220003fc2.jpg
よそ様より遅めにピークを迎える花も。
P5220011fc2.jpg
雑草の成長が早くて、草取りが全然追いついていませんから、こんなのも生えてきました。
P5220015fc2.jpg
ワンコは、キキョウの葉っぱを食べていました。まだ胸焼けなのかな?
2011.05.18
P5170005fc2.jpg
昨日の夕方、かわいいお客様がありました。
従兄弟の子の子供(何ていうのかな?)、満二歳が保育所から帰ってからそのままの姿で我が家にやってきた。
最初は人見知りしていたが、徐々に慣れてきて、よくお話してくれました。
一生懸命にその小さな手で、庭の小石を拾っては母親に渡すお遊びがエンドレスです・・・

P5180010fc2.jpg
苗床に下ろしたもみ種が順調に発芽、成長しています。
2011.05.14 芍薬
P5140004fc2.jpg
見事な芍薬が、よそ様のお庭に咲きました。
P5140002fc2.jpg
淡いピンクに夕日があたり、なんとも言えない柔らかな雰囲気でした。
P5140008fc2.jpg
夏みかんでしょうか?
P5140017fc2.jpg
道端に咲いたニワゼキショウでしょうか?
P5140020fc2.jpg
農業用ため池の土手に咲いた野バラ?
P5140023fc2.jpg
同じ場所で蛇イチゴかな?
P5140026fc2.jpg
同じ場所で、アザミ。
土手を登りきると、
P5140032fc2.jpg
これって、何て呼んでただろう?「じじばば」だったかなー?茎が食べれましたよね?って、田舎住まいの同世代以上の方じゃないと通じないですね!
明日は、早朝より「道普請」です。地域の住民が旧町道とか用水路の一斉清掃となります。
2011.05.13 菜園レポート
3日連続の雨となった菜園の様子です。
P5130005poteto.jpg
じゃがいも。お安い種芋だった割には、よく芽を出してくれました。
P5130021kyuri.jpg
きゅうり。まだツルは出ていませんが、すでにネット設置済み。
P5130022pi-man.jpg
ピーマン。そろそろ紐で結んでおかなきゃ・・・今日みたいな強風だとね。
P5130024kyabetu.jpg
キャベツ。雑草がたくさん顔を出してきていますね。
P5130026meron.jpg
メロン。何て言う品種だったかなー?4本買ってきて、すでに1本が枯れました。
P5130027retasu.jpg
レタス。これは母親の管理。
P5130028ninjin.jpg
人参。これも母親の管理。
やはり、年季が違いますねー。母親の植えた野菜の方が、雑草の生え方も少ないし・・・
P5130029ko-n.jpg
とうもろこし。
P5130030edamame.jpg
枝豆。
P5130031nankinmame.jpg
落花生・南京豆・ピーナッツ。
P5130032nasu.jpg
なす。
P5130033okura.jpg
オクラ。
P5130036suika.jpg
スイカ。
たっぷりの雨で、すべての野菜が発芽。後は、害虫・病気との闘いです。
2011.05.08
P5050007fc2_20110508220524.jpg
先日、cazu88さんに教えて頂き、「アマドコロ」なのか?「ナルコユリ」なのか?気になっていました。
今日の散歩で、確認してみました。
ネットで調べたところでは、「アマドコロ」は茎が角ばっている。「ナルコユリ」は滑らか、だそうです。
P5080006fc2_20110508220542.jpg
花は終わりかけていましたが、これは「アマドコロ」でした。
P5080007fc2.jpg
「アマドコロ」のすぐ隣にコデマリ。傾きかけたお天道様が眩しそうでした。
P5080013fc2_20110508220607.jpg
八幡様の境内にて。山吹でしょうか?
P5080017fc2.jpg
まだ、咲き残ってくれていました。
P5080022fc2_20110508220658.jpg
楠木の新芽もきれい。
P5070003fc2.jpg
我が家のツツジも、久しぶりの青空に映えています。
P5080031fc2.jpg
一週間前に、選別消毒し、浸水していた「もみ」。やっと芽吹き始めました。明日にでも苗床に移してやらなければいけませんね。
2011.05.06 牡丹
昨日は、お仕事の現場予定もなく早朝から「とうす」を行いました。
以前にもお話しことがありますが、我が家のお米は自家製で、一年分の食べるお米は「もみ」で保存しています。「もみ」ですから、そのままでは精米できませんから、年に3回ほど「もみ」から「玄米」にする「とうす」という作業を行います。今回は入梅前なので、3~4ヶ月分となるような量を「とうす」しました。
「とうす」を行いますと、たくさんのもみ殻ができます。これは、野菜等を植えつけたり、種を蒔いたときに、保温・保湿のために利用します。私が子供の頃は、もみ殻にサツマイモを保存していました。
その後、ご近所の方から頂いたキャベツとサニーレタスの苗を移植しましたが、今朝見るとサニーレタスはぐったりしていました。大丈夫かな?
お昼前に集金・見積に出かけ、お昼からゴロゴロ。
P5050003fc2_20110506082652.jpg
用水路のコンクリートに沿って、黄色のラインができていました。
P5050005fc2.jpg
先日の牡丹を見に行きました。
P5050022fc2.jpg
白い牡丹がペアーで満開でした。
P5050024fc2.jpg
牡丹の上には、八重桜が散り始めており、ピンクのジュータンになりかけていました。
2011.05.04
今朝は黄砂がそれほどでもないかなー、と思っていましたが、時間と共に霞んできましたね。
黄砂が飛んできているくらいですから、風もそれなりに吹いているのでしょう。鼻づまりが最悪です。ハルガヤとカモガヤというイネ科の植物が7月までアレルゲンを飛ばします。
耕作放棄地に伸びた雑木の新緑がきれいでした。
P5040001fc2_20110504171107.jpg
田植えの準備が進むこの時期、耕作放棄地と耕作地との差が鮮明に出てきます。
P5040002fc2.jpg
やっと赤いボタンに出会いました。
P5040003fc2_20110504171126.jpg
ボタンの足元にいっぱい群れています。
P5040005fc2_20110504171137.jpg
頭上には、藤の花がきれいです。
P5040007fc2.jpg
蜂も忙しそうでした。
P5040009fc2.jpg
イチハチの仲間ですか?
P5040013fc2.jpg
こちらはユリの花に似ていますが・・・P5040018fc2.jpg
コデマリでしたよね。
P5040023fc2.jpg
こちらもイチハチの仲間?
P5040024fc2.jpg
すずらん?あるいは仲間?
P5040025fc2.jpg
次々と花が咲き、にぎやかな季節。ちょっと動けば、汗ばむ気候。
花粉さえ飛んでこなければ、最高なのですが・・・(涙)
2011.05.03
今日も朝から黄砂で霞んでいましたね。
午前中に、打ち合わせに出かけたついでに、ホームセンターに立ち寄り、苗ものを購入。
午後から、嫁さんと植えました。
今年の夏野菜たちは、きゅうり、トマト、ナス、スイカ、枝豆、オクラ、ピーマン、トウモロコシ。初物として、メロン、サトイモ、ショウガ、落花生。ショウガと落花生はまだ植えていませんが・・・もう少し、植える場所等を吟味してから植えるつもりです。
P5020001fc2.jpg
木苺の花。
P5020003fc2.jpg
バベ(ウバメガシ)の花。
P5020005fc2.jpg
端午の節句がもうすぐなので、菖蒲がよかったですが、アヤメになるのかな?
P5030009fc2_20110503172321.jpg
庭のツツジもやっと咲き始めました。
2011.05.02 もみの選別
昨日の午後、田植え苗を作るもみの選別と消毒作業を行いました。
P5010001fc2_20110502071529.jpg
今年の農業用の池の水を下ろす日程が6月18日と決定。
各農家はこの日に田植えができるように田んぼの整備と苗の準備を行います。
と、言うわけで我が家でも、もみの選別と消毒を行いました。写真は食塩水にもみを投入し、比重の軽いもみを取り除きます。比重=1.11の食塩水、生卵のてっぺんが水面に出るか出ないかというレベルの濃度です。
このあと、丸一日消毒液に浸し、水洗いしたのち、お水に5日前後浸します。
すべてのもみが芽きりした状態で、苗床に移し、田んぼの片隅に設けた苗代に設置し、あとはお天道様と水が大きくしてくれます。
P5010007fc2_20110502071547.jpg
そんな苗代用地のすぐ横には、たまねぎが植えられています。田植え前には収穫し、ここも耕します。
本日の散歩で出会ったのは、
P5010002fc2.jpg
生垣の下を埋め尽くしていました。
2011.05.01 昨夕・今朝
ようこさんのところで拝見して知った「ホンキートンクという名の原種系ミニチューリップ♪」
P4300001fc2_20110501080758.jpg
プランターの片隅に毎年咲いています。
ただ、日中の姿を知りませ~ん。
昨夕は、あぜ道コースでした。
適当に草刈されたあぜ道は快適ですが、耕作放棄地周辺は腰位まで伸びたカラスノエンドウ等が茂り、ワンコも歩くのをためらっています。
P4300005fc2.jpg
馬肥やしでしたかねー?
P4300006fc2_20110501080823.jpg
P4300007fc2_20110501080834.jpg
夕方、閉じかけた花が多くなるなかで、オオイヌフグリが残って待ってくれていました。
P5010018fc2.jpg
一夜明けて、雨上がりとなった今朝。裏の工事現場にはため池ができていました。
再び、愚痴となりますが、知事さんが「財政再建だー」「緊縮財政だー」と言ってはいますが、こう言った土木工事の無駄な見積設計を見直せば、大切な税金がもっと活かせるのにね!
議員さんは、もっと現場を歩かにゃー、いけんなー。
P5010019fc2.jpg
ヨモギの新芽がおいしそう!P5010021fc2.jpg
ボタンにもしずくがいっぱいでした。
P5010022fc2.jpg
温室の中に咲いたクンシラン。窓が開いていました。
P5010023fc2.jpg
その開いた窓の下には、シラーシランがたくさん。日中には開くのでしょうか?
P5010026fc2.jpg
カスミソウかな?今年の新顔ですね。
P5010028fc2.jpg
何でしょう?
P5010029fc2.jpg
どなたかのブログで拝見したように思いますが・・・
P5010031fc2.jpg
山々の新緑が「モコモコ」と盛り上がるように、日一日と大きくなっています。
深呼吸すれば、青いにおいがしてきそう(当方花粉症が酷く、ほとんど嗅覚なしですが)