昨夜の天気予報で、お昼ごろから雨となっており、早朝からはぜ掛けを決意したはずなのに・・・目覚めると7時。この時間には作業行っているイメージだったのに・・・
雨との競争となったはぜ掛け作業でした。
お昼までかかって、何とか終了。
天気予報通り、昼過ぎから雨となりました。でも、降ったり止んだりの雨だったので、合間を縫ってネットを掛けて、本当に終了となりました。
DSCN2161fc2.jpg
あとは、お天道様がおいしくしてくれるのを待つのみ。
台風の進路が気になり、お仕事も日月の予定を変更して頂きました。
大したことなく過ぎ去ってくれることを願います。
2012.09.28 稲刈り
台風17号の進路が気になりますねー。
予報では日曜から月曜にかけてが一番接近するか?直撃もありか?みたいな天気図ですよね。
日月曜日のお仕事も気になりますし、せっかく乾かしている田んぼが再びぬかるむと、稲刈りがかなり遅れる心配もあり、今日午後からイネを刈り倒しました。
DSCN2152fc2.jpg
お昼ごはん後の12時半頃から始め、
DSCN2158fc2.jpg
午後3時頃には全~部、刈り倒しましたー。
このあとの天日干しのための、はぜ掛けが地味でしんどい作業です。
とりあえず、本日ははぜ掛けの設置までとし、刈り取ったイネの束を集めて、掛けるのは明日の仕事としました(疲れて本業に影響しては元も子もありませんから)。
秋祭り前に稲刈りするなんて、記憶にないですねー。
連日の秋晴れ。
DSCN2136fc2.jpg
あぜ道でも草花が実をつけ始めています。
DSCN2131fc2.jpg
そんな草にまぎれて、顔をのぞかしたのが、
DSCN2128fc2.jpg
彼岸花の蕾。中から花が少しだけ外の様子をのぞいているようです。
DSCN2126fc2.jpg
秋空に真っ赤な彼岸花が素敵でした。
DSCN2137fc2.jpg
黄金色に色づいたイネ。そろそろ収穫かな~。
来週には台風17号の影響が出るかも…急ですが、明日稲刈りして、明後日に天日干しのはぜ掛けかな。
2012.09.26 彼岸花
DSCN2107fc2.jpg
稲がかなりいい状態になってきています。
このままいけば、秋祭り(10/7)前での刈り入れもできそうです。
乾きにくい田んぼの北東部分の地面に溝入れを行いました。これで、乾燥が進めば、祭り前に稲刈りを行えます。
DSCN2110fc2.jpg
あぜ道に次々と彼岸花が出て来ています。
新聞によれば、日中と朝晩との温度差が大きくなると咲き始めるそうです。
DSCN2114fc2.jpg
草刈のお手入れが行届いていないあぜ道の方が見ごたえがありますね(農家的には複雑な心境になりますが)。
2012.09.23 休日の午後
墓参りを済ませて、休日の午後はTVを見ながらのうたた寝となりました。
目覚めると、家人がカーテンの洗濯を行っているのを見て、お休みの日にもかかわらずガラスサッシの掃除に着手してしまいました。リビングだけで終了しましたが、スッキリ!クッキリ!な窓ガラスに満足!!
さあ、ワンコと夕方の散歩に出かけようー!
DSCN2091fc2.jpg
近場の耕作放棄地で発見!お彼岸に間に合ったー。
DSCN2095fc2.jpg
ダリアかな?
DSCN2101fc2.jpg
遠景に見える青佐山がクッキリ。
DSCN2102fc2.jpg
昔はこの小路の両側はみかん畑でした。今は耕作放棄地となってしまいました。
DSCN2106fc2.jpg
あるお宅へのアプローチにコムラサキ。

2012.09.23 お彼岸の墓参
お彼岸を迎え、我が家ではまだ墓掃除も済ませていない。
今朝、泥縄式に墓掃除と墓参りを同時にしてきた。
DSCN2069fc2.jpg
昨夜しっかりと降った雨の滴がたっぷり残る。みかんもまるまるとしてきた。
みかん畑脇の墓所への道のそこかしこに咲く。
DSCN2066fc2.jpg
「つるぼ」だが、「ルツボ」と誤ってインプットしており、聞かれると「ルツボ」が先に出てしまい、恥をかく。
DSCN2072fc2.jpg
墓所入口に祀られた「六地蔵」の向こう側にも「つるぼ」が群れています。
我が家と母の実家と分家の墓を掃除して、持参したシオンを挿して帰った。
帰ると、ワンコが散歩の催促をしている。朝食前の散歩に出かける。
DSCN2080fc2.jpg
「黄金の小路」とでも言うのかな~。ここに真っ赤な彼岸花が縁取ると一段と黄金も引き立つ、気がする。
DSCN2089fc2.jpg
県道の法面に茂った雑草のなかに咲いた彩り。たっぷりの雨がうれしかったのかな。
祭日でしたが、午前中はお仕事でした。
散歩前の東の空。どことなく秋、なんとなく秋を感じました。
DSCN2056fc2.jpg
いつもとおりに6時半頃に起床。朝の散歩を済ませ、朝食を摂り、仕事の準備に取り掛かります。
お昼までに仕事を済ませ、買い物に立ち寄っていると、後輩の試合を見に行っている末っ子から電話。
出先で、頭が痛くなったらしい。以前熱中症にかかりかけたときに、似ている、と言っているので、慌てて嫁さんを自宅まで送る。私は、お客様との打ち合わせに戻る。
結局、祭日でどこも休診だった為、当番医にて受診。風邪と疲労らしい。
遊びつかれが出たのだろう、と思う。
夕刻から曇ってきた。
田んぼの手入れに来ていた後輩に、稲刈り時期等について聞く。
秋祭りの頃(10/6.7)が刈り入れ時期らしい。秋祭りが終わったら、早く稲刈りとせねば・・・
DSCN2063fc2.jpg
水路脇の風景1。
DSCN2065fc2.jpg
水路脇の風景2。
我が家は取水を終えたが、まだ取水している農家さんもいるようだ。
気になっている彼岸花(曼珠沙華)に出会った~。
ちょっと遠かったけど、記念の今年初のご対面ができた。
DSCN2049fc2.jpg
散歩道から2メートルくらい下になる耕作放棄地の茂みに隠れるように咲いていた。
この周辺には、
DSCN2045fc2.jpg
蕾の状態のものが見られたので、これから次々と咲くのだろう。
DSCN2048fc2.jpg
数珠が茂っている箇所だった。
DSCN2053fc2.jpg
ミゾソバもたくさん生えている。
2012.09.20 あぜ道散歩
朝から農作業となりました。
田んぼの周辺を草刈しました。これで稲刈りまで大丈かな?
そのあと、農協へ堆肥と大根の種を買いに行き、帰ると堆肥を畑に撒き、田鍬で耕しました。
これで大根の種まき準備完了です!
午後から嫁と墓参りに行って来ました。
DSCN2034fc2.jpg
水がひいた田んぼに咲いていました。
DSCN2037fc2.jpg
こちらは耕作放棄地の少し湿ったところに咲いていました。
DSCN2041fc2.jpg
県道沿いの法面に雑草に埋もれるように咲いていました。先日のピンクのアキスイセンに続いて、ヒガンバナ科の仲間ですかね。
散歩の途中、あぜ道を注意して見ていますが、真っ赤な彼岸花はまだ姿を見せません。
2012.09.20 初秋の朝
DSCN2030fc2.jpg
今朝の様子です。
朝晩は、網戸では涼しすぎる気配となりました。昨日あたりから日中の最高気温も30度を超えていません。
体を動かすには、ずいぶんと助かる気候となってきました。
DSCN2023fc2.jpg
まだまだ元気に咲いている露草に出会いました。
DSCN2022fc2.jpg
朝顔の仲間でしょうか?ピンポン玉よりも小さいくらいの花をたくさん付けていました。
DSCN2018fc2.jpg
くっつき草も登場。いよいよ秋の主役たちが登場ですね。
DSCN2028fc2.jpg
黄金越しの朝日が輝いていました。
今日は、午前中は農作業、お昼からは義母の墓参りを予定しています。
台風一過となった今朝。
寝床で肌寒さに目覚めた。もう夏衣装での就寝はきついかも・・・
昨日仕事から帰宅するとお隣の田んぼがあぜ道の草刈をしていた。今朝、我が家の田んぼの周辺を確認すると草ボウボウ。稲刈りまで、まだ少しあるので、草刈しなくちゃ。
DSCN2015fc2.jpg
小さな田んぼでも、南側は黄色く色づいてきている。黄金色というやつだ。
この光景に真っ赤な彼岸花が加わる頃、田舎は秋祭りの季節となる。
明日はお休みなので、母から指令のあった大根の準備と草刈となりそうだ。
2012.09.18 台風通過
台風一過となった今日は、朝方から昼過ぎまでポツリ・・ポツリという程度の雨が処により残りました。
仕事から帰った夕刻には南側には青い空と白い雲が。
昨夕、台風の通過余波が残っていた頃に虹がかかりました。
DSCN1983fc2.jpg
台風で千切れたオドシのキラキラテープを修復しなくちゃ・・・明日かな?
母からは大根の種まきが遅れているので、大至急畑の準備をするように、と指令が出ました。はぁ~。
2012.09.17 台風16号
今朝は、比較的静かな夜明けとなりました。
お昼ごろから、風が強くなり、西と北の空には雨雲が。
DSCN1982fc2.jpg
稲は必死に耐えています。
2012.09.15 みのり
DSCN1978fc2.jpg
お米がかなりその頭を垂れてきました。
この時期にやってくる風台風は脅威となりますから、16号の進路が気にかかります。
DSCN1972fc2.jpg
シオンも咲いていました。
日中の最高気温はまだまだ30度前半とかなり高いです。朝晩は20度前半ですから、10度近い温度差です。この温度差でおいしいお米になるのでしょうが、体調管理にも気を使う気候ですね。
今日は月一のかかり付けへの通院でした。
ここへの道は大好きなんです。
DSCN1958fc2.jpg
一番に眼に飛び込んできた。「エッ、エーもう咲いてる~?」(実は行きがけに見つけたのですが、撮影は帰り道です)園芸種なんでしょうが、あとひと月もしない間に真っ赤な彼岸花が、黄金色に実った田んぼのあぜ道で見られることでしょう。
DSCN1954fc2.jpg
アジサイもこの状態です。ここは、比較的雨がよく降り、南側はすぐ山となっています。もっとすごいのは、
DSCN1956fc2.jpg
まだ花が残っていませんか?トリミングしてみると、
DSCN1956trfc2.jpg
ブルーのしべがきれいです。
DSCN1962fc2.jpg
しっかり秋のコスモスも。この左手バックにアジサイが。
DSCN1965trfc2.jpg
コスモスの足下にも。
今日は、夜の現場なので、このあと伯母のお見舞いに行ってきます。
2012.09.10
朝からポツリポツリと降ってきましたが、幸運にもお仕事中はあがってくれました。
帰宅後に夕散歩に。
DSCN1937fc2.jpg
道端の草むらに咲いていました。
DSCN1944fc2.jpg
空地から道路に伸びてきていました。
DSCN1948fc2.jpg
道端の花壇の跡に咲いています。
DSCN1950fc2.jpg
庭の芝サクラと頭を垂れ始めた稲。
明後日、娘の高校の学園祭です。午後から見学予定。
昨日の土曜日、お天気予報が大きく外れ、快晴となり、末っ子の中学生最後の体育祭は滞りなく無事に挙行されたようです。
仕事と重なった為、嫁さんが参加してきました。
DSCN0482fc2.jpg
我が子も真っ黒だと思っていましたが、もっと黒い子がいますね~。
DSCN0484fc2.jpg
部活対抗リレーに出場。
DSCN0495fc2_20120909085101.jpg
クラス対抗大縄跳びの様子。
子供の数が少ない為、リレーには複数借り出されるようです。
DSCN1930fc2.jpg
仕事から帰ると、末っ子と嫁が台所の椅子に座り、ドッと疲れ感を出していました。
DSCN1936fc2.jpg
ますます生っている秋茄子と終わりかけているオクラ。オクラは最盛期でもこれくらいの大きさで食していました。ほとんど、生食で戴いている為、これくらいの方が柔らかくておいしい、と思っています。
蒸し暑い一日でした。
午後から、帰宅してみかん畑の下草刈りを行いました。
Photo0325fc2.jpg
ピンポン玉より一回りくらい大きくなっています。
あとひと月もすれば、
Photo0175fc2_20120907211243.jpg
こんな感じになる予定です。
昨夕、帰宅後に田んぼの周辺の草刈を行い、「オドシ」を設置しました。
我が家の稲は、まだこれから膨らむ段階ですが、すぐ下の田んぼが「もち米」を植えており、実りが早いのです。既に頭を垂れ始めており、すずめの姿もチラホラと見かけるようになりました。
もち米を食しに来たスズメがついでに我が家の田んぼにもお越しになるやもしれないので、ちょっと早かったのですが、キラキラテープを張りました。
DSCN1927fc2.jpg
周辺の田んぼでは、田んぼ全体をネットで覆う対策をとられるところが多いのですが、我が家はスズメとの共存共栄の道を選択(?)。
今朝は、みかんの予防に行って来ました。みかんは既にピンポン玉くらいの大きさになっています。
確か、お盆前に草刈したままでしたので、そこそこに草丈が伸びてきていましたが、草刈は明後日にでも。今日はとりあえず、害虫予防でした。
母がすでに摘果していますが、まだ残し過ぎのようです。明後日は、草刈ともう少し摘果する必要がありそうです。
今日も暑くなりそうです。
末っ子の中学校では、来週の土曜日が体育祭。毎日3時間にも及ぶ練習が行われているそうです。
2012.09.02 あぜ道の紫
昨日は、明け方まで雨が残り、その後も晴れたり曇ったりの一日でした。
おかげさまで、田んぼにはタップリとお水が入りました。
雨に誘われたのか、亀が出てきていました(おそらく外来種のアカミシシッピーガメ?)。人の気配で、慌てて田んぼの水の中に隠れていきました。
DSCN1920trfc2.jpg
姫桔梗でしたか?草むらに隠れるように咲いていました。
DSCN1921trfc2.jpg
夕日が眩しそうにしています。
DSCN1922trfc2.jpg
米粒もないくらいの大きさです。
DSCN1924trfc2.jpg
正面にまわったら、もっと平らでした。
今日は、暑くなりそうです。
昨夕からの雨が朝まで残った九月一日となりました。
網戸にしていた寝床で、肌寒さで目覚めました。
DSCN1901fc2.jpg
稲も昨夜からの雨を滴にして葉先に留めています。既に開花は終わっているようです。稲穂の形になって来ています。
DSCN1910fc2.jpg
少し寝た葉っぱにはたくさんの水滴が群れています。
DSCN1916fc2.jpg
タップリの水を吸い上げ、一粒一粒のお米を膨らませて来ています。重さがわかる感じになってきています。
若干透過気味の葉っぱの質感(稲穂手前の葉っぱ)、画素の荒さじゃない、縞々感が出ています。
もうひと月もすれば、刈り入れ時期を迎えます。
台風等で倒れないことを祈りつつ、毎日を過ごします。