今日は、予期せぬ休日となり、脱穀作業を行うことに。
昨日、帰宅後にJAにモミを持ち込み、水分量をチェック。14.6%だったので、程よい乾燥状態でした。
今朝は、朝飯もそこそこに、田んぼのネットを外し、納屋の中を片付け、農機具を外に出し、給油点検等々。
DSCN2623fc2.jpg
9時頃から脱穀作業を始め、2時間ほどで終了。このあと、はぜ棒やはぜ脚を片付け、お米を納屋内に一旦納めました。
DSCN2616fc2.jpg
全部で16俵。昨年より半俵ほど減収となりました。
DSCN2620fc2.jpg
納屋には先日収穫した早生みかんも。その手前には、押し切りがありますが、我が家ではまだ現役道具です。
稲藁をみかん等に敷いた残りを切り刻んで、田んぼに還元します。有機肥料です。春には発酵鶏糞を追加してやります。
cazu88さんからご指摘戴いた昨日のピンクの花を再度観察。
DSCN2625fc2.jpg
しべが中心に見えます。
DSCN2628fc2.jpg
となりの花の方が判りやすそうです。真ん中にしべ、周囲にぎざぎざの花びらですね。それも八重になっている。
葉っぱは、
DSCN2629fc2.jpg
笹みたいにスーっとしていますね。蕾がありますね。まだまだこれから咲くようです。
DSCN2630fc2.jpg
先っぽが開きかけそうな蕾がありました。
葉っぱ、なでしこに似てませんか?
おそらく、嫁が中学校のPTAで寄せ植え講習会に参加して持ち帰った鉢の生き残りだと思います。
DSCN2632trfc2.jpg
ミニバラも蕾を開きかけていました。
午後から少しお天気が曇ってきました。
2012.10.30 帰り道に、
DSCN2609fc2.jpg
庭のプランターに一輪咲いています。ナデシコですよね・・・
曇り予想のお天気でしたが、晴れました。お陰で、お仕事も捗りました。
帰り道、給油に立ち寄ったガソリンスタンドの裏庭に咲いていました。
DSCN2610fc2.jpg
フウセントウワタと思いますが、夏の花です。調べると、南アフリカ原産で、花期は6-7月だそうです。
DSCN2611fc2.jpg
こちらが実なのですが、見た感じハリセンボンのようにも見えなくもないですが、グロテスクにも見えます。これが割れて、中から綿帽子が飛び立ちます。
ガソリン、136円/Lでした。140円前後で上下するだけで、以前のレベルには下がらないようですね。
明日は、お休みできそうなので、脱穀作業を済ませたい、と思っています。
2012.10.29 朝日&夕暮れ
今朝は快晴。昨日の雷雨で、空気もきれいになった感じ。
DSCN2604fc2.jpg
朝の散歩から帰り、ワンコを犬小屋に入れて、西を向くと、キラリ☆
朝日がガラス窓にあたり、キレイでした。小学生のころの教科書で、勤労少年が、遠くの山肌に輝く光を宝石だと思い込んで、お休みの日に取りに行こうと行ってみるとガラス窓に太陽が反射していた、という物語を思い出しました。
山肌もどことなく色づき始めた感がありますよね。
今日は、土曜日が参観日だった為本日振り替え休日となった末っ子がアルバイターです。
午前中のお客様のところで、気になった花を見かけたのですが、アルバイタに気をとられて、写真を撮る間もありませんでした。
午後からもしっかり働いてもらって、早めに帰宅となりました。
DSCN2607fc2.jpg
夕暮れのススキ。
お天気が続けば、はぜ掛けしている稲を脱穀したいと思っていますが、昨日のような雨があると・・・
DSCN2599fc2.jpg
お仕事から帰宅後、3時過ぎから消防団の会合へ。自転車で行っていたのですが、突然の雷雨にビックリ。帰る頃には雨も上がり、自転車にたったまま(サドルが濡れていたので)乗って帰れました。
ホトケノザにも滴がひとつ。
DSCN2595fc2.jpg
ネコジャラシには大き目の滴がひとつ。
DSCN2594fc2.jpg
ツタの滴は製造中でした
2012.10.26
今日は午前中は、地元でお仕事でした。
お昼前に完了し、移動の前に地元のスーパーでお弁当を買って、海岸線で戴きました。
DSCN2584fc2.jpg
穏やかな、波静かな瀬戸内。沖には、出番を待つ牡蠣筏が見えています。
DSCN2588fc2.jpg
生憎、作業する姿は見えていませんでしたが、ここのところの冷え込みがおいしい牡蠣を育てているでしょう。
2012.10.25 ランタナ
午後からのお客様のところで出会ったランタナ。
DSCN2581fc2.jpg
にぎやかそうな彩の花壇植えでした。
淡色だとシンプルに見えます。
DSCN2583fc2.jpg
これはこれで潔い感じ。
ネット検索してみると、ランタナは70種以上あるそうです。
色も、紫、朱色、白色等々。
そう言えば、我が家のご近所では、
DSCN2559fc2.jpg
ピンクと黄色のミックスが主流でした。
他のお客様のところでは、朱色と言いますか、赤色のを拝見した記憶があります。
今日はお昼前からの現場だったので、朝から落花生を掘りました。
今朝の散歩途中に、またまた二羽連れのカラスが落花生の周りをウロウロしていたのを見たので、急遽決定!
理想はもう少し置いておくほうがいいのでしょうが、後になれば本業も混み合ってくるので・・・
DSCN2564fc2.jpg
軒先に吊るし、雨風にて乾燥させるつもりです。カラス対策にネットも掛けました。
DSCN2567fc2.jpg
掘っている最中に拾った落花生。やはり素人百姓ですね、あんまりきれいな落花生じゃないようです。
夕刻帰宅後の散歩。
猫じゃらしも夕日を浴びて黄金色に輝いています。
DSCN2570fc2.jpg
こうしてみればセイタカアワダチソウもきれい?
DSCN2572fc2.jpg
足下には、
DSCN2568trfc2.jpg
ヒメキキョウですかね?
DSCN2577fc2.jpg
こちらは見事な紅葉ですね。
DSCN2576fc2.jpg
旅立ちの支度も整いつつあるようです。
でも、まだまだこんな花も元気に咲いていました。
DSCN2559fc2.jpg
ピンクのランタナ。
DSCN2563fc2.jpg
テッセンですよね?
10月も後半になり、いよいよ秋本番と言いますか、冬の足音と言いますか、それなりの気候になってきました。
風邪をひかれる方が意外といらっしゃるようだ、とラジオで聞きました。私も体が資本の自営業者ですので、風邪などはひけませんが、皆様方もお気をつけください。
2012.10.22
朝晩はそれなりに冷え込んできましたねー(今日はお昼は汗ばむ陽気となりましたが)。
夕飯におでん等の鍋物が出てくる、と暖かさにホッとするのは歳の所為でしょうか?
季節柄、年末大掃除に関するお問合せやら御見積のご依頼が増え、年内の日曜日はすべてご予約を戴きました。
例年より早い動きに驚いていますが、ありがたいことです。

そんな冬気分のなか、散歩していると、
DSCN2550fc2.jpg
ホトケノザと稲刈りしたはぜ掛けという景色。春と秋の同居ですね。
DSCN2551fc2.jpg
夏もまだ残っていましたー。
DSCN2554fc2.jpg
これが秋風景で、今にマッチしているのでしょう。
街路樹やお客様の庭木は、紅葉したり、落葉したりです。
明日は雨予報ですが、秋が深まる一雨となりそうですね。
2012.10.19 紅葉、二題
午後3時過ぎに、アッケシソウを見てこよう、と。
自転車で、行きは軽やかに行って来ました。
DSCN2468fc2.jpg
平日の午後でしたが、見学の方が数名いらっしゃってみえました。守る会のガイドさんのご説明を受けていました。
DSCN2475fc2.jpg
今年は比較的均一に紅葉しているように見えます。
DSCN2473fc2.jpg
守る会、学生さんなどのボランティアの方々が真夏の草刈等々でご尽力された賜ですね。
見る側にも求められるマナーの問題は、以前から気になっておりました。
一度踏みつけられると、枯れてしまうそうで、細心の注意を払って写真撮影をしてほしい、と願っていました。
でも、毎年踏みつけられたアッケシソウをみるということが続いておりました。
ついに、今年から、
DSCN2479fc2.jpg
カメラマンに人気だったと思う真ん中と東端の自生地が立ち入り禁止となったようです。
東端は、
DSCN2481fc2.jpg
アプローチの通路さえ、作られていません(それでも踏み込んだ形跡あり?)。
折角、遠方からお越し下さり、間近に観察されたり、接写されることを楽しみにされていた方々には、誠に申し訳ない気持ちですが、アッケシソウを守っていく為には仕方のない措置ではないでしょうか?
間近に見れなかった残念さより、踏みつけられることがなくなった安心の方が大きかったです。
帰り道は、八幡様の境内を抜けて最短コースで。
DSCN2490fc2.jpg
10日程前の秋祭りには、青々としていた銀杏の葉っぱも紅葉していました。
2012.10.19 みのり
好天となったので、午前中に早生みかんの収穫を済ませることに。
我が家の早生みかんは2本だけなので、大したことなく、終了~。
DSCN2460fc2.jpg
こちらは晩生みかんです。まだまだ皮が硬くて、青々としています。でも、12月中にはこちらも収穫完了予定です。
DSCN2451fc2.jpg
夏の名残か?顔に泥をつけたままですね。
DSCN2462fc2.jpg
お隣の畑の柿もたわわに実っています。でも、いっさいお手入れされていないようで、ヘタ虫等がついているようです。トリさんたちのごちそうとなるのでしょう。
DSCN2454fc2.jpg
青佐山がクッキリと見えています。この山に雲がかかると、お天気は下り坂になります。でも、今日は秋晴れ。
DSCN2455fc2.jpg
たての方がスッキリでしょうか?

追伸
菜園に植えた落花生。
昨日、ナスとオクラを採りにいくと、落花生の近くから二羽のカラスが飛び立ちました。イヤーな予感です。
DSCN2466fc2.jpg
収穫前をやられました!
DSCN2464fc2.jpg
食べ散らかした様子から今日が初犯のようです。殻が数個散らばっていました。
慌ててネットを掛けました。
DSCN2463fc2.jpg
もうそろそろ収穫する時期かもね。
2012.10.17 夕暮れ散歩
随分と日暮れが早くなってきた感じです。
ワンコとの散歩も、油断していると暗闇になることも・・・
我が家の横に部分開通している県道、なかなか街路灯が取り付けられません。
その為、これからの季節、通学の高校生が帰宅途中に、下り坂でスピードも出ており、歩道と車道を分離するブロックに激突する事故が多発しております。先般は、複雑骨折の重傷を負った子供さんも出たとか。
どなたかが行政に街路灯の設置をお願いに行ったら、まだ全線完成ではないから付かない、と言われたそうです。
でもねー、事故を防止するためにももっと実態に合わせた措置をとってくれなければ。

そんな暗い夜道になる前に散歩に行ってきました。
DSCN2436fc2.jpg
そんな県道建設に伴って、捻じ曲げられた河川の曲がり角には、一年もたたないうちから土砂が堆積し、数珠が自生しています。
DSCN2446fc2.jpg
稲刈りの終わった田んぼには、そこかしこに生えています。
DSCN2440fc2.jpg
一面を埋め尽くせば、見応えはありそうですが・・・
DSCN2445fc2.jpg
小さな花を狙っていると、ワンコに引っ張られるとブレブレに。リードを放してやると、喜んでその辺をウロウロ。いっぱいくっつき草を身につけてきます。
DSCN2443fc2.jpg
枯れているのか?と思ったら、
DSCN2443trfc2.jpg
まだこれから咲くのですね。
今年は、みかんの収穫が若干遅れ気味。残暑が厳しかったためか?みかんの色づきが遅い。
今日の雨を境に、気温も下がるようなので、一気に色づきが早まるかもね。
2012.10.13 ススキ
DSCN2407fc2.jpg
ススキの似合う風景かな?
DSCN2411fc2.jpg
庭の金木犀もかなり開花してきていますが、私にはまだ香りがわかりません。嫁は香ってきている、と言うのですが・・・ええなー。
ここからは夕方の散歩で秋祭りの終わった八幡様へ。
DSCN2419fc2.jpg
よそ様の花壇が鮮やかでした。
DSCN2422fc2.jpg
これは芙蓉でしょうか?
DSCN2424fc2.jpg
これだけ開花していました(咲き残りかな)。
DSCN2425fc2.jpg
葉っぱは濃い緑色ですが、赤い実がたくさん生っていました。
DSCN2429fc2.jpg
紅葉が始まっていますね。
DSCN2430fc2.jpg
同行者は気になるようですが、あんまり強く引っ張られると具合悪いんですが・・・
DSCN2434fc2.jpg
銀杏の葉っぱも緑色から黄緑・黄色に変わって来ています。
明日は、旧町民大会です。嫁と末っ子が出場参加予定。
2012.10.12 ちょっと↓
娘が風邪気味で、昨日医者に行ったら、臨時休業でした。
今朝は、学校を休んでいます(午前中に医者に行ってきました)。
朝晩の冷え込みで、体調を崩しやすいみたいです。皆様方も、お気をつけください。
昨夜、親しいお客様のご不幸を知り、午後からお参りさせて頂いてきました。
お元気でしたら、来月にはお会いして、いつも元気パワーを戴いておりました・・・
何にもしてなかった一日ですが、気力DOWNですね

DSCN2400fc2.jpg
黄金色の田んぼの横に、ヒメジョオンだと思います。
でも、水田の周辺には黄色くて背の高い集団が押し寄せて来ています。
そんな集団の足下の水路周辺には、
DSCN2391fc2.jpg
ミゾソバの蕾がいっぱい。コンペイトウみたいですね。
DSCN2397fc2.jpg
水路の上では咲いています。
DSCN2393trfc2.jpg
紅葉も始まったようですね。
そういえば、アッケシソウ祭りも始まっています。中旬くらいが見頃だとか。
2012.10.11 秋の実りと?
昨夜はすごい雷でした。
雨も結構降ったようで、田んぼに水が浮いているところが見えました。
今日の稲刈りを予定されていた農家は朝から田んぼの状態の確認にバタバタと慌ただしくされていました。
我が家でも、午前中に早生みかんの収穫を予定。
でも、午前中はみかんに水滴がたくさん残っていた為、コンテナ一箱にて終了しました。
DSCN2370fc2.jpg
庭で風に当て、乾かしてから納屋に入れました。最低気温の低下で、甘みが出て来ています。
夕方、ナスとオクラを収穫していたら、
DSCN2378fc2.jpg
何の蕾だと思いますか?
DSCN2381fc2.jpg
ちょっと元気のない花ですが、こんな花をつけます。

そう、スイカでした。
DSCN2379fc2.jpg
夏場に収穫せずに廃棄したものから発芽し、ツルを伸ばし、開花し、受粉したようです。
せっかくがんばって来ていますが、どんどん深まる秋の気候では、実を太らせることはないでしょう。
夏の日の思い出みたいでした。
2012.10.10 秋の味覚
秋晴れに刈り取ったイネは順調に乾燥しています。
DSCN2364fc2.jpg
網が見苦しいのはご勘弁くださいね。なにせ、スズメとの戦いで防戦一方なので。
DSCN2362fc2.jpg
少しでも隙間があったり、裂け目があると、一点集中で攻撃してきます。
夕方、従兄弟からの電話。
DSCN2369fc2.jpg
戴きました!ワタリガニです。
今年は、蛸が少なく高値のようで、そのかわりに甲殻類が比較的多く揚がっているようです。
これから寒さとともに、ますますおいしくなってきます。
このあたりでは、冬の味覚である牡蠣の水揚げが始めることには身も詰まり、一層おいしくなります。
頂き物はよりおいしかったです(笑)。
気分的なものなのでしょうが、秋祭りが終わると秋の深まりを意識する。
そんな気持ちで眺めると、いつもの景色も風情がある。

DSCN2356fc2.jpg
駆け足で駆け抜けていくもの。
FSCN2361fc2.jpg
その向こう側には、それ以上の速さで近づいてくる集団も。
DSCN2353fc2.jpg
庭では静かに、来たものが咲き始めた。生憎の花粉症の為、その香りを感じられていないのが残念でたまらない。
DSCN2352fc2.jpg
よく見ると、そこそこに咲き始めているようだ。香ってくるのももうすぐだろう。
2012.10.08 あちこちで、
秋の草花をあちこちで見かけるようになりました。
もうすぐすると、↓これが埋め尽くすくらいに咲きそうです。
DSCN2347fc2.jpg
セイタカアワダチソウが耕作放棄地や道路の法面にいっぱい。黄色い蕾を膨らませています。
そんな足下を見ていると、
DSCN2345fc2.jpg
なんて言う草なんでしょうか?花でしょうか?実でしょうか?もう少し拡大してみますと、
DSCN2346fc2.jpg
花と実のように見えますね。
DSCN2350fc2.jpg
近くのお宅の花壇で。
今日は秋祭りの本宮。
あさの散歩で、さっそくに八幡様にお参りする。
DSCN2258fc2.jpg
朝7時前の境内には、まだ誰の姿もなかった。
DSCN2256fc2.jpg
ワンコと一緒にお賽銭を上げて、参拝した。
DSCN2268fc2.jpg
中三の末っ子が地区の奴で出動。
DSCN2281fc2.jpg
お昼にお宮入りする奴。
DSCN2285fc2.jpg
いいお天気に恵まれた。
DSCN2287fc2.jpg
宮司のお祓いを受ける。
DSCN2289fc2.jpg
お船も宮入。このあと、御みこしが奴、お船、千歳楽、お馬を引き連れて一旦お出かけします。
再び、帰ってきての本宮入は午後4時前。
DSCN2294fc2.jpg
甥っ子は肩車してもらって、高みの見学。
DSCN2307fc2.jpg
3基の千歳楽が境内を練り歩きます。
DSCN2315fc2.jpg
そのあと、同じく3基の御みこしが境内を西へ東へと引きずられて、打ち寄せる波を描きます。
DSCN2318fc2.jpg
普通に担ぐよりも体力が要ります。
DSCN2325fc2.jpg
最後に神馬二頭による競馬。今年はうるう年なので、境内を13往復しました。
DSCN2326fc2.jpg
黒い馬もカッコイイです。
DSCN2328fc2.jpg
なかなか乗り手の思うように走ってくれないようです。
DSCN2331fc2.jpg
昔懐かしい友に出会う場でもあります。
DSCN2344fc2.jpg
大勢のお客様に見ていただき、また大勢のカメラマンさんも大活躍でした。
2012.10.05 深まる秋
夕刻から祭囃子の練習をする太鼓が威勢よく聞こえてくる。
いよいよ明日明後日が本番だから、いっそう力が入った音色になっている。
町内の各地区では、通りの辻に額を建てる。
また、八幡様へと続く旧道沿いには小額も建てられる。
DSCN2237fc2.jpg
写真は小額(こがく)。中にろうそくが入る。
DSCN2236fc2.jpg
我が家の前の小路が旧道にあたる。昔は舗装されていなかった。でも、その舗装を突き破って、彼岸花も咲く。昔流行った「ど根性彼岸花」かな?
みかんの様子も気になっていたので、今夕の散歩道はみかん畑までとなった。
DSCN2242fc2.jpg
早生みかんは少ーし色づき始めている。明日くらいに、お試し収穫してみよう。
まだすっぱさが勝る味ではないか、と思うが、我が家のみかんが味が濃く(甘いすっぱいのキレがハッキリしている)好きだ。
DSCN2245fc2.jpg
今日、従兄弟から大好きな栗を戴いたが、みかん畑からの帰り道にも栗が・・・
昨日くらいから周辺の田んぼでも稲刈りが始まった。いよいよ秋本番かな。
昨日お邪魔させて頂いたお客様のところで出会った。
DSCN2220fc2.jpg
黄色もあるんですね。
DSCN2222fc2.jpg
赤と言うよりピンクっぽかった。花びらがピンクなのは、先端が黄色。花びらが黄色なのは、先端が赤。絶妙な配色センスですね。
帰宅後、散歩に出ると、田舎のお百姓さんでも最近は見かけることがなくなった年代物のクラシックカーが停めてあった。
DSCN2229fc2.jpg
無駄のないデザイン。
使い込まれた木肌。
DSCN2225fc2.jpg
鉄製の車輪。
いい道具を上手に使えば、いい味をだしますねー。
2012.10.03 秋祭りの準備
昼過ぎから倒壊したはぜ掛けのやり直しを行いました。
金属製の立派なはぜ脚を使い、昔からのはぜ脚と混合で組みました。
稲刈りを行って数日ですが、かなり水分も抜け、稲藁は随分軽くなりました。
祭囃子の練習の音がにぎやかな八幡様周辺まで散歩の脚を伸ばしてみました。
DSCN2217fc2.jpg
台風19号の影響でしょうか?随分、風が吹いてきました。コスモスの群れが風を楽しむかのように揺れていました。
DSCN2218fc2.jpg
八幡様の各入口には真新しいしめ縄とのぼりがセットされていました。この日曜日が秋祭りです。おそらく境内もきれいに清掃されていることでしょうから、ワンコ連れでのお邪魔は遠慮しました。
10月に入り、アッケシソウが気になっておりました。
守る会の方々が草刈をしたとのニュース等を見て、今年もそろそろ色づいてきたかな?と。
DSCN2196fc2.jpg
すでに一部分は紅葉しています。
守る会のご婦人方が草取りをなさっていました。ご苦労様です。
DSCN2199fc2.jpg
一斉に均一に紅葉することはないようですね。
DSCN2209fc2.jpg
今年も大勢の方々に観て頂ければ、うれしいです。
2012.10.01 10月1日
早朝から、昨夕倒れたはぜからイネを取り外し、雨に浸からないあぜ道に移動させました。
はぜ脚という支柱が複数折れていた。組み立てる時、よく注意していなかった自分の不注意さに嫌気がさす。
予備のはぜ脚を確認したところ、次々に簡単に折れた。
新規に購入するしかない、と判断。ハテ?どこで売っているのだろう?今、使っているものは、手作り感、たっぷりの年代物、おそらく爺さんの時代くらいに山から切り出した雑木で作ったものと思う。
とりあえず、JAへ行って聞いてみる。
今は、木製のはぜ脚はなくて、金属製の既製品になる、との事。とりあえず、大至急で取り寄せてもらうことに。1セット3,250円くらいだった、と思う。3セットで1万円也だー。
入荷は明後日の予定なので、今日のところは、取り外してあぜ道に置いた稲にブルーシートを掛けておく。
午後から依頼されていた見積に伺う。
DSCN2164fc2.jpg
一日中、曇ったり小雨だったりで、いつもより早く暗くなった夕方の散歩に出た。腰をくねらせたアカマンマ。
DSCN2171fc2.jpg
この花は?シロマンマ?
DSCN2176fc2.jpg
あぜ道に沿って咲く彼岸花。もうすぐすれば、どこからともなく金木犀の香りがしてくる季節。今週末の土日は地元の八幡様の秋祭りだ。