2012.11.28 初霜
天気予報通り、今朝は冷え込みました。
ゴミだし散歩の後、菜園のネギを抜いて、洗ったら指先の冷たいこと、冷たいこと。

朝、娘を駅まで送るのに、一山越えると、真っ白な世界となり、向ってくる車のウインドウも真っ白。
霜月の最後のほうになっての初霜でした。
DSCN2872fc2.jpg
日中は大変いいお天気に恵まれ、お仕事も順調に捗りました。
帰宅すると、早速母から眼科へのお使いを。
受付にお薬だけを依頼し、近くの銀行へ。
DSCN2876fc2.jpg
銀行近くのお宅の庭先で。
DSCN2878fc2.jpg
重たそうですね。
DSCN2877fc2.jpg
足下までお花でした。
帰宅すれば、ワンコが散歩のお誘いを。
DSCN2879fc2.jpg
今朝の霜にも負けず咲いたんですね。
DSCN2881fc2.jpg
ヒメジオンでしょうか?
DSCN2883fc2.jpg
相棒が写りたがっていましたので・・・
2012.11.27 晴れ
昨日は冬の荒れたお天気でしたが、今朝はご機嫌そうなお天道様がお出ましでした。
DSCN2862fc2.jpg
東南の山陰からお天道様の筋が見えていました。沖からは漁船のエンジン音が響いてきます。おそらく、沖の牡蠣筏と港を慌ただしく、何往復も音でしょう。
今日は、ガラスサッシのおそうじでしたが、いいお天気に恵まれ、お昼過ぎには完了できました。
DSCN2868fc2.jpg
帰宅後、道具の後片付けをしていたら気づきました。庭のミニバラが咲きました。
2012.11.26 冬の雲行き?
DSCN2855fc2.jpg
笠岡からの帰り道、島だった三郎を望む。この沖合いで牡蠣が水揚げされている。
朝からの雨も、昼過ぎにお客様のところを出る頃にはあがった。
でも、風が強く紅葉の木々から枯れ葉を剥ぎ取るように吹き荒れた。
空の青、雲の群青、海の黒い青、所どころに差す太陽。

DSCN2857fc2.jpg
同じく三郎を東端の峠から望む。
まだ沖だしされていない牡蠣筏が見えますね。
2012.11.24 冬の味覚
雨がパラパラと降る朝、お仕事もお休み、風邪の直りかけ、という理由をつけての遅めの起床。
今日は、厳しくなる寒さ対策として、縁側の床下に断熱材を入れ、子供部屋の北窓にも断熱材を。
昨日から、地元の養殖牡蠣も本格的に出荷が始まったようだ。海岸道路には、生牡蠣ののぼりがにぎやかにはためいている。
さっそく、昨日姉のお持ち帰りように求めたが、若干値上がりなのかな?いつも分けていただく漁師さんが、味見用に殻つき牡蠣をくださった。末っ子が一人でほぼ平らげてしまった。おいしかったのだろう。
DSCN2835fc2.jpg
寄島から玉島まで海岸線を通ったが、至る所で釣りをしている。
そういえば、受験生の末っ子も先日友達と釣りに行った、と言って、ままかりを10匹ほど持ち帰っていた。
お刺身にしたり、素揚げにしたりして、戴いたが、結構脂が乗っていた。
DSCN2837fc2.jpg
海岸線のクヌギの紅葉もそろそろお終い。
2012.11.20 夕焼け
DSCN2831trfc2.jpg
倉敷市内からの帰宅途中、夕日が雲に隠れ、光芒が見事だった。
鴨方駅付近まで戻ると、山際と雲の合間に真っ赤な太陽が少しだけ姿を現した。
そして我が家に帰ると、上の写真となった。我が家は東西を山に、南側を海、という環境なので、朝日・夕日は今ひとつな環境だ。
2012.11.19 風邪かな・・
どうも一昨日位に風邪がお越しになったらしい。
昨日の仕事中、ノドがいがらっぽい感じになり、今朝は腰がだるい。
昨日、移動中に薬局に立ち寄り、葛根湯を購入して飲んでみたが、既にとき遅し、の感。
昨夕と今朝は、風邪にかかってからの薬を飲んで、お仕事に出発。
やはり大事になる前に、かかりつけ医に行こうと思う。

DSCN2810fc2.jpg
庭のミニバラが開き始めた。
DSCN2814fc2.jpg
日曜日にお邪魔した仕事先の鉢植え。
DSCN2818fc2.jpg
庭のシバサクラ。薄いピンク。
DSCN2819fc2.jpg
濃いピンク(紫?)。
DSCN2822fc2.jpg
中間的濃さのピンク。
寒さの中、まだ元気に咲いている。
DSCN2826fc2.jpg
千両・万両?
DSCN2829fc2.jpg
今日の仕事先の紅葉。
DSCN2830fc2.jpg
使われなくなった事務所への階段も、ご覧通りにツタが。
DSCN2827fc2.jpg
足元の枯れ葉の中から愛嬌を振りまく者も。
2012.11.16 みかん
午前中で晩生みかんの収穫を済ませるつもりでしたが、意外とたくさん残っていて、昼からも少し収穫作業となりました。なんとか無事に完了できました。
あとは、年明け後に収穫する品種を残すのみです。
収穫が終わったばかりですが、礼肥えと稲藁をみかんに施肥するそうです。今年は特に礼肥えが必要ですね。
DSCN2801fc2.jpg
収穫したばかりのみかんを義父に届けたところ、柿を戴いて帰りました。今年はホントに鈴なりですね。
DSCN2803fc2.jpg
ネコジャラシも枯れましたね。
DSCN2805fc2.jpg
デージーがまだ元気ですね。
DSCN2808fc2.jpg
数珠(はと麦)も黒光りするようになりましたね。下の白い実、イネ科の花ですね。
菜園の管理会長(母)からタマネギを植えるように、との指令が下されました。
午後から、田んぼの一部に堆肥と鶏糞等を撒いて、機械で耕しました。途中、にわか雨とも言えないほどの雨でしたが、指令通りに無事完了。
DSCN2794fc2.jpg
終わって、ふと東を向くと、山が紅葉し始めていました。
DSCN2795fc2.jpg
昔は松の木が多かったですが、瀬戸内沿岸は軒並み松食い虫にやられ、今では松の木は一本も残っていません。代わりにクヌギやシイの木等々が増えて、彩りは鮮やかになったように感じます。
明日は、午前中に残した晩生みかんの収穫を行なわねば・・・23日に甥っ子が収穫に来る予定なので、一本だけ残しておいてやらねば。
2012.11.14 ピーナッツ
今日も変なお天気となりました。
天気予報では降水確率10%でしたが、雪雲みたいな雲がちじれに流れてきて、パラパラと雨、次の瞬間にはお日様が出て、とめまぐるしいお天気でした。
叔母から富有柿のご案内を戴き、頂戴してきました。ここは柿の出荷をしているので、素人さんの柿とは全然違います。大きくて、平べったくて、甘い。
仕事やお使いから帰り、散歩へ。
DSCN2787fc2.jpg
青空を探して、一枚。夏の風景とはなりませんね。
DSCN2788fc2.jpg
掲示板に案内が張り出されていました。
DSCN2792fc2.jpg
黄色が元気をくれますね。
帰宅後、乾燥しているピーナッツの試し炒りをしてみました。
DSCN2793fc2.jpg
昔の記憶では、素焼きの「こうら」というもので、かまどの上で炒ってくれていた記憶です。火加減や時間がわかりませんから、適当に炒って、殻の色が若干焦げ付いたくらいで止めました。
乾燥が足りているものともう少しのものがありました。やはり今月一杯は乾燥ですね。
今日は、父の定期通院日です。
通所の施設から車椅子と積載車をお借りして、送迎しています。
インフルエンザの予防接種も併せて、打っておいて戴きました。
注意書きによれば、接種後2週間で抗体ができるそうです。だから打って2週間以内だと感染する可能性はあるんですね。抗体は5ヶ月間体内に留まる、とも記されています。
DSCN2772fc2.jpg
駐車場横の花壇で。
DSCN2775fc2.jpg
駐車場から入口に向う途中で。
見事に熟れていますねー。鳥に食べられているのでしょうか?
DSCN2779fc2.jpg
小学生の頃までは、自宅のザクロを収穫して、普通に食べていましたが、もう40年以上昔のことになってしまいました。
DSCN2780fc2.jpg
病院前の通り。銀杏並木ですが、随分落葉が進んでいる様子です。
このあと、お天気は下り坂予報です。
2012.11.11 雨の日曜日
未明からシトシトと、時にザーザーと、仕事の間中降っていました。
帰宅後、仕事道具を片付けて、天日干ししている落花生を点検。やはり、カビが発生しかかっていました。
もう一度、洗浄し直し脱水してから納屋で扇風機にて乾燥させています。
落花生を洗浄している間中、ワンコが散歩の催促で、クーン、クーンとアピール。
雨もなんとかあがったようなので、散歩へ、
DSCN2760fc2.jpg
庭のバラ、蕾から開き始めています。
今日の散歩コースはバラのあるコースへ。
DSCN2763fc2.jpg
こちらも開き始めていますね。
DSCN2767fc2.jpg
雨粒を受け止めていますね。
DSCN2768fc2.jpg
道端のコケも、しっとりと潤っています。
DSCN2771fc2.jpg
ちっちゃな、ちっちゃな紅葉が身近な道端でも。
9時過ぎから妻とみかんの収穫へ。
早生みかん同様に、摘果作業が不十分だった為、小さめのみかんが鈴なりです。
Photo0350fc2.jpg
通りから遠い木と近い木から収穫開始。
2時間ほどで約3本分を収穫しました。コンテナ6箱となりました。
Photo0351fc2.jpg
残り3本はまたのお休みにしましょう。
みかん畑で収穫していると、ジョウビタキが飛んできて遊んで行ってくれたり、カラスがトンビを追い掛け回したり、と結構にぎやかなでした。
2012.11.08 出張
昨日(11・7)は、新大阪出張でした。
お仕事の勉強会に参加してきました。
往きは倉敷の美容室まで行く妻の車に便乗。駅まで歩きました。
DSCN2748fc2.jpg
倉敷芸文館前の並木も紅葉には程遠い感じでした。このあと、美観地区へ入りましたら、大原美術館北側の喫茶店のツタはきれいに色づいていました。
岡山駅から飛び乗った新幹線は、九州新幹線でした。途中停車駅は新神戸だけでしたが、45分で到着なんですね。
滅多にJRに乗らない私には、驚きの連続。岡山駅も変わってたし、九州新幹線も実物は初。
DSCN2752fc2.jpg
新大阪に到着です。会議はすぐ前の貸し会議室であったので、ほとんど駅から3分って感じでした。伊丹空港へ降りる飛行機と新大阪駅。
DSCN2753fc2.jpg
新大阪駅前の並木も倉敷と同じ感じですね。
このあと、3時間ちょっとしっかりお勉強してきました。
この道20ウン年の大ベテランから1年ちょっとの新人さんが共通の話題で盛り上がりました。
ベテランの方のテクニックに感心し、その心配りの深さに納得させられ、新人さんのひたむきさに初心を思い起こされ、大変いい勉強をさせてもらって帰ってきました。
昨夕、晩生のみかんの具合が気になり、散歩がてらみかん畑へ。
ワンコとの散歩も兼ねて、ちょっとだけ大回りの道を。
DSCN2741fc2.jpg
行く手を阻むかのように小路を塞いでいた。
DSCN2740fc2.jpg
いろいろな形があるものですね。
DSCN2739fc2.jpg
もうひとつ。
DSCN2738fc2.jpg
ようやくみかん畑に到着。
DSCN2732fc2.jpg
晩生のみかんも色づいていました。畑を一周してみると、通りから一番奥まったとことで、みかんを食べた跡が。誰かが失敬したようですね。早めに収穫を済ませねば・・・その前に納屋のお米も片付けなければ・・・
そろそろ出発の時間が近づいたので、ここまで。
2012.11.06 陽だまり
DSCN2727fc2.jpg
昨日の雨もあがり、暖かな日差しの中、時々木枯らしを思わせる強風が。あぜ道の陽だまりに背を低くしてタンポポが風を避けていました。あったかそうに見えた。
DSCN2730fc2.jpg
生垣のアカメも名前のとおり、葉っぱを赤く変え始めた。まだ柔らかそうな葉っぱは柔らかな日差しに透過されていて、気持ちよさそうだった。
昨日お邪魔したお客様のところで、シバサクラの株分けの話題に。
ネット検索してみると、6月と9・10月の花後が株分け時期らしい。我が家のは、まだ咲いているものもある。
手入れしなければ、シバサクラも立ち上がって来るようだ。我が家のシバサクラ、日差しを求めて、次々と勝手に移動している(最初は生垣のしただったが、今では庭中の日当たりのいい場所へ)。
明日は、久しぶりに新大阪まで。
2012.11.05 秋雨
Photo0349fc2.jpg
今朝6時半頃、窓の外が障子越しにも判るほど焼けていましたが、このあと雨が降り始めました(この前にも降っていたようで、路面は濡れていました)。
お仕事先でも午前中は雨、午後からはパラパラ程度に降りましたが、帰り道に土砂降りに遭遇。
でも家に着けば、雨も上がり、ワンコが散歩の催促。
DSCN2725fc2.jpg
蕾から開いていました。
2012.11.04 さんぽ
DSCN2698fc2.jpg
昨夕の空。ちょっぴり冷たさを感じる空気になってきましたね。夕焼けも十分には焼けませんでした。
DSCN2704fc2.jpg
今朝の散歩。霜月ですが、温暖なこの地で、霜が降りるのは、まだまだ先になると思います。
今夜からお天気下り坂の予報です。
2012.11.02 遥照山へ
DSCN2647fc2.jpg
今朝の西の空。いいお天気となりそうです。
DSCN2649fc2.jpg
市役所支所前の海ではハゼ釣りでしょうか?玉島への海岸線、至る所で釣り人の姿が見えました。
玉島でのお仕事を済ませ、お弁当を買って久しぶりの遥照山へ。
お目当ては、これ↓
DSCN2692fc2.jpg
期待通りの紅葉でした。
DSCN2684fc2.jpg
銀杏も色づいていました。
DSCN2654fc2.jpg
サクラは既に葉っぱを落とした木も多いですが、色づいているものも。そんなサクラの中で、
DSCN2660fc2.jpg
DSCN2656fc2.jpg
暖かさに勘違いしたのでしょうかね。
DSCN2677fc2.jpg
山茶花もいっぱい咲いていました。
DSCN2676fc2.jpg
義父から妻に電話があり、帰路立ち寄ることに。
DSCN2695fc2.jpg
柿が鈴なりですね。箱いっぱいに戴きました。