午後早めに帰宅できたので、明るい内に八幡様までの散歩コースとしました。
DSCN3023fc2.jpg
途中のお家の塀から、たった一輪だけ覗いていました。ボケの花ですよね。
寒くても咲いているんですね~。何となく得した気分にさせてくれました。
地元の八幡様も迎春の準備が整ったとの新聞記事が掲載されていたので、覗いて見ました。
DSCN3027fc2.jpg
本殿周囲には提燈が吊るされ、拝殿入口のしめ縄は新調され、境内には新しい御札を渡すテントが張られ、更に古い御札を燃やす為の焚き火も準備完了みたいです。
28,29日にお天気が下り坂みたいですが、大晦日から元旦にかけては、地元民と帰省した懐かしい顔がここに参拝してくるでしょう。そういえば、3日には中学校の同窓会もあり、本当に懐かしい友たちに会えそうです。
今朝は、冷え込みましたー。
瀬戸内のこの地でも日の出前には氷点下3℃近くまで下がり、前を流れる用水路も真っ白に凍っていました。
朝の散歩で、指先がジンジンするような感覚になりました。
DSCN3007fc2.jpg
庭先に置いた寄せ植えはそんな冷え込みにも負けずにがんばっていました。
DSCN3010fc2.jpg
ミニバラも健闘中です。次々と蕾が開いて来ています。
本日の仕事帰り、叔母宅に立ち寄ったら、玄関先で出会いました~。
DSCN3011fc2.jpg
ロウバイですね。ほとんどが蕾でしたが、5~6個が咲いていました。
クリスマスイブ、お出かけの方が多いようで、倉敷駅周辺はそれなりに、R2もそれなりに混雑していました。
今年も残すところ1週間となりました。
ひょっとすると今日の更新が最後となるかもしれないので、皆様方には今年一年のご愛顧を感謝し、来年も宜しくお付合い願います。
皆様、よいお年をお迎え下さい。
2012.12.21 墓掃除
午前中に年末の墓そうじを行ないました。
DSCN2999fc2.jpg
里山にある墓所はクヌギやナラが自生。この時期はいっせいに落葉する為、大変です。今年は落葉が遅れているようですね。まだ紅葉が残っています。掃除した後に落ちてくるのでしょうね。
DSCN2996fc2.jpg
もみじを一枚、発見。
DSCN2998fc2.jpg
古い墓は苔むしています。
我が家の墓そうじを終えて、お隣にある母方の墓とその分家の墓もついでに掃いておきました。
ちょっと早いお正月の準備でした。
昨日は、仕事から帰宅後末っ子が風邪気味なので医院まで連れて行ってきました。
DSCN2994fc2.jpg
一山越えて医院の駐車場に到着すると、我が家のある方角はすっぽりと霧の中でした(我が家の周辺は一切霧がなかったのですが)。
DSCN2987tfc2.jpg
青い小さな花びらが付きました。
DSCN2989tfc2.jpg
小さな花びらの中にも水滴が。小さな葉っぱの先端にも水滴が。
DSCN2992tfc2.jpg
細長い葉っぱにも表にも裏にも水滴が。
最近の雨の多さに、困っています。コインランドリーさんが大繁盛なのですが、おそうじの日程が決まりません。
2012.12.17 春の七草
昨日帰宅後の散歩から。
DSCN2982fc2.jpg
セリですね。
そういえば、先日は、
DSCN2955fc2.jpg
ナズナでした。
畑には、大根も。
あぜ道には、はこべらの姿も。
でも、さすがに先日の冷え込みで、
DSCN2986fc2.jpg
シロツメクサの先っぽは傷んでいました。
2012年も残すところ、2週間となりました。
今一度、気を引き締めて、無事故で新年が迎えられますように、との決意で出発。
気づけば、師走も15日を迎え、すでに半分が経過。
体の疲れもそろそろピークとなりそう。ここが踏ん張りどころかな・・・
今朝は、昨夜からの雨があがり、寒くない。
DSCN2975fc2.jpg
庭のミニバラにもたくさんの滴が。
でも、一昨日の朝の菜園では、夏野菜の姿が・・・
DSCN2973fc2.jpg
忘れられたピーマン。
DSCN2969fc2.jpg
大きくなれなかったオクラ。
昨日、町内の同級生(漁師)が牡蠣工場を新築。ガラスサッシの掃除をさせてもらった。
来月8日から「海賊亭」という食堂を併設オープンする。地元の海で獲ってきた海の幸を提供するそうだ。今の季節は、焼き牡蠣とか焼きワタリカニとか。
2012.12.12 離陸失敗?
今回の寒波により田舎のあぜ道もすっかり枯れ草色となりました。
DSCN2963fc2.jpg
これは何だか判りますか?
セイタカアワダチソウだと思います。種子を綿毛で飛ばすんですね。
DSCN2964fc2.jpg
これはススキの仲間ではないか、と思います。こちらも綿毛で種子を飛ばします。
でも、上手く飛んで行けた種子とそうでない種子とがあるみたいです。
DSCN2967fc2.jpg
すぐ近くにくっ付き草が生えていた為、せっかく飛び立った綿毛が捉まっちゃっていました。
おそらく、綿毛は風に乗り、遠くへ飛びたかったのだと思います。そしてくっ付き草は人か動物にくっ付いて遠くに行きたかったのだと思いますが、お互いが近過ぎた為、不本意な結果に・・・違うかな?
2012.12.11 師走にしては
12月10日前後にしては厳しい寒波となっています。
北国では、「観測史上初~」とか「観測記録が始まって以来」とかの表現が用いられるほどの寒波襲来のようです。
瀬戸内に面する比較的温暖な当地でも昨日は雪がチラつきました。
確かに空気も冷たく感じますが、2月の頃の冷え込みと比べれば、まだまだ大丈夫かな?
12月のこの時期にしてはすごい寒波なんでしょうが・・・
今日は午後に帰宅後、残していた品種違いのみかんをすべて収穫しました。
DSCN2952fc2.jpg
これは何でしょうか?みかん畑の近くの畑にて発見。最初は花かな?と思いましたが、よく見ると殻が割れて、赤い実ですね。
DSCN2953tfc2.jpg
霜にも負けず咲いているホトケノザ。そんなホトケノザで一休みするタンポポ類の旅する胞子。
DSCN2954fc2.jpg
あぜ道にポツリポツリと見え始めた鮮やかなオレンジ色。この冷え込みで目覚めたのでしょうか?
DSCN2955fc2.jpg
ナズナもチョコチョコと咲いていました。
明日から寒さも緩むようです。温暖の変化に体が馴染めるか?心配ですが、年内は休んでおれない状況です。
外から帰ったら、手洗い&うがいですね!
2012.12.07 冷え込み
今朝は冷え込みましたねー。
天気予報通りの氷点下となったようです。
末っ子が飼っている金魚の桶も凍っていました。
DSCN2936fc2.jpg
氷の下をのそのそと泳いでいました。
今日は一日、笠岡のアパートでお仕事でした。
夕刻に終えて、お預かりしていた鍵をお返しに行った帰り道でした。

DSCN2938fc2.jpg
笠岡干拓の向こう側に沈む夕日と笠岡水路を出航していく艀。
2012.12.05 冬花
今朝もお布団からやっと出て、朝の散歩に出かけました。
DSCN2921fc2.jpg
プランターのプチトマト、ちょっと前から意外と元気に咲いています。
厳しい気候に強いですね。
DSCN2926fc2.jpg
あぜ道には、ホトケノザがたくさん咲いていますが、葉っぱには霜が降りています。
DSCN2927fc2.jpg
砂糖菓子のように張り付いた霜。
DSCN2925fc2.jpg
ブルーが余計に寒さを引き立てますね。
DSCN2929fc2.jpg
他所さんのバラ。
DSCN2928fc2.jpg
散った後には、こんな実?
DSCN2931fc2.jpg
夕方の散歩に出ると、小菊が群れていました。
DSCN2934fc2.jpg
採り入れの終わったよそ様の菜園の端っこに残っていました。
子供の通う学校でも風邪でお休みの子が出てきているそうです。手洗いとウガイをしなさいよ、と。
2012.12.03 初氷
月曜の朝、ゴミだし散歩に出かけようと外に出ると、
Photo0385fc2.jpg
すごい霧でしたー。空気も冷たい。
Photo0386fc2.jpg
ワンコの横においてある仕事用の洗濯機の上のバケツに、今シーズン初の氷、発見!動かすと割れそうです。
Photo0387fc2.jpg
物干し竿の滴も凍っています。
今週後半は県北には雪マークが出ていましたから、いよいよ冬将軍の到来でしょうか?
2012.12.01 師走
DSCN2893fc2.jpg
昨日の夕方、散歩に出たところ、西の山際が薄く紫色に焼けていました。
今朝はいいお天気となりました。
早朝、娘は関ジャニ∞のコンサートに広島まで。午前中はゆっくりできるか?と思っていましたが、いつも通りに目覚めました。
DSCN2908trfc2.jpg
庭のミニバラです。どアップでどうぞ(笑)
DSCN2909fc2.jpg
散歩道にも枯れ草が目立ちます。
DSCN2910fc2.jpg
トーテムポールを思い出しました。
DSCN2912fc2.jpg
茶色一色の法面に一点の黄色です。
DSCN2915fc2.jpg
小さな黄色も。
DSCN2919fc2.jpg
白髪になったネコジャラシ。
明日は、おさかな祭りです。早朝から海産物を求めて、町外からたくさんのお客様がお越しになります。みなさん、無事故でお帰り下さいねー。