2013.10.31 初検診へ
今日は午後からワンコを動物病院へ。
健康診断を受けてきました。
DSCN6172fc2.jpg
先生によれば、2ヶ月くらいだろう、とのことで、3種混合注射や虫下しはちょっと早いので、11月末頃に再診。今日は注射を1本だけでした。
先生曰く、「ポチのようなワンコは最近珍しいな~」と。

DSCN6180fc2.jpg
瀬戸内にも秋の深まりが。明日から霜月となります。
明日天日干しのイネの乾燥具合を計測し、OKなら脱穀しようと考えています。
2013.10.29 名前、決定!
DSCN6156fc2.jpg
今朝の朝焼け。明け方の空気が随分と冷たく感じられるようになってきた(気分的にはキュッとして気持ちいい)

DSCN6152fc2.jpg
さて、日曜日に我が家にやってきたワンコ、子供たちが3人で考えて、「モカ」と命名した。
先の記事で2ヶ月と書いたが、どうやら3~4ヶ月は経っているようだ。ヴァニラは1ヶ月ちょっとで戴いたので、食パンを柔らかく炊いた離乳食等を与えたが、モカは幼犬用ドッグフードをものすごい勢いで食べる。
DSCN6153fc2.jpg
母犬は柴だという。父犬は不明だそうだが、どうもビーグルの系統が入っていそうだ。
細長い尻尾ピンと立てて歩く。
目つきが時々、下からうかがうような感じになる。
後ろ足が完全なO脚。

家族に自然と笑顔が増え、モカに関する会話が増えてた。

落花生を掘った。
DSCN6157fc2.jpg
カラス対策のネットを外し、株ごと掘り起こし、菜園の端っこで、簡単に水洗いし、泥を落とした。
乾燥の為、軒先に吊るしました。
ここでも、カラス対策のネットが必要です。
DSCN6158fc2.jpg
昨年もこの状態にカラスが忍び寄り、随分と持っていかれた。
株から外れた落花生がバケツ半分ほどになり、塩茹でしてみました。
DSCN6160fc2.jpg
下戸が言うのもなんですが、ビールに合いそうです。
天日干ししているイネ、今日JAで水分量の確認をしてもらいました。16.7%でしたから、週末には脱穀できそうですね。
収穫の秋、年末のお仕事に備え、早め早めに済ませていかなきゃ、です。
今年5月に愛犬が亡くなって、すっかり朝夕の散歩も出かけなくなってしまいました。
しばらくは、ショックから再び飼うのは躊躇いがありました。
そんな中、末っ子はずーっと「犬飼いたい」「犬飼いたい」と。
私は、「ダメ」「ダメ」「まだお前に手間がかかりすぎる」と。
夏休み頃から頻りに、嫁を誘ってペットショップ巡りを繰り返してきた。
そのうち、新聞に掲載される「仔犬さし上げます」をチェックし始めた。
そして、ついに今日もらってきた。
DSCN6150fc2.jpg
二ヶ月のミックス犬。
再び、犬を飼う生活がスタートする。
朝、いつもよりちょっとだけ朝寝したが、8時過ぎにみかん畑へ。
DSCN6122fc2.jpg
色付き始めた晩生のみかんを収穫した。
tfc2.jpg
朝のみかん畑にはまだたくさんの滴が残っていた。
DSCN6126tfc2.jpg
下草は背の低いものしか残っていないので、薄い葉っぱの上に載っかった滴が。
DSCN6135tfc2.jpg
注ぎ口から落ちそうな滴。
DSCN6125fc2.jpg
お隣の耕作放棄地に咲いた。
DSCN6142fc2.jpg
帰り道、あるお宅への入口付近に咲き残ったものか?返り咲いたものか?アジサイです。隣にはムラサキシキブの実もありました。
DSCN6145fc2.jpg
初めて見る花でした。
DSCN6148fc2.jpg
これはカシワバアジサイでしょうか?
今日からいいお天気に恵まれそうです。
2013.10.26 夕焼け
DSCN6113fc2.jpg
夕刻、花粉症の薬を頂きにいった帰り道。笠岡諸島の瀬戸に沈む夕日がきれいだった。
DSCN6115fc2.jpg
お天道様が、島影に沈んだ。
DSCN6118fc2.jpg
明日は、晩生のみかんを少しでも収穫しておきたい。
気を揉んだ二つの台風、昨夜のうちに東に通過したみたいです。

DSCN6101fc2.jpg
昨夜7時過ぎ、娘のお迎えに。すっかりお休みのカタバミの仲間でしょうか。
暗闇×雨傘で手振れ連発でした(笑)

DSCN6107fc2.jpg
今朝の様子。予報どおり雨も風も止んでいました。でも、雲だけが遠ざかる台風の後姿のようにも見えました。
今日は地元でお仕事です。goodtimingとなりました。
朝から雨を予想していたが、6時半頃は上がっていた。
しかし、田んぼは田植えができるほど溜まっていたから、夜中にはかなり降ったのだろう。
7時頃からピリピリと小雨となる。
午前中の仕事の間も、小雨で、お仕事に支障はなかった。
明日が山場のような予報である。
DSCN6071fc2.jpg
帰宅後、モップ類を洗濯してたら、庭の金木犀が満開?エッ、お祭りの頃に一度満開を迎えたはず・・・
2013.10.23 お天気下り坂
台風26号が沖縄に近づいているそうです。
瀬戸内も今日から雨の予報となっています(7時過ぎから降り出しました)。
DSCN6047fc2.jpg
大根。
DSCN6048fc2.jpg
ほうれん草&春菊。
どちらも母の管理野菜。見事に草を抜き、籾殻を敷き、次々と発芽してきました。
DSCN6049fc2.jpg
秋茄子。
DSCN6050fc2.jpg
最後と思われるオクラの花。種を取る為の実を残すだけにしています。
W台風となり、迷走することが心配です。何もできないですから、一刻も早く過ぎ去ってくれることを願うばかりです。
2013.10.22 紅葉
今日は母の通院日。
10時の受付でしたが、病院の駐車場に着いたのは9時半前。
DSCN6045fc2.jpg
駐車場から病院までの歩道沿いの街路樹(ハナミズキ)が紅葉してきていました。
ほぼ時間通りに進み、昼前に病院を後にしました。
こんなにいいお天気なのに、明日から下り坂と言うか、台風の接近に伴うお天気の崩れだそうです。
帰り道、玉島から海岸線を走りましたが、四国と島々がクッキリと見通せました。
2013.10.19
朝、お仕事に出かける前にはピリピリと少し降っていましたが、車に乗った頃には上がっていました。
今にも降ってきそうな雲行きでしたが、何とかお仕事の終わるまで持ってくれました。
DSCN5996fc2.jpg
菜園の端っこのコンポスター脇に咲いたカボチャの花。おそらく廃棄されたカボチャの種からだと思います。
親指大の実も生っています。
DSCN6017fc2.jpg
黄色つながりのタンポポの花。
DSCN6040tfc2.jpg
ナズナの仲間?
DSCN6042tfc2.jpg
毎年見かけますが、?
そろそろ落花生の収穫かな?去年の反省から、カラス対策の乾燥方法を考えなきゃ、ということで、軒先に竹竿を用意しました。台風27号の通過後での掘り起こしを予定しています。
DSCN6021fc2.jpg
先日のキキョウが咲いています。
DSCN6005fc2.jpg
これは昨夜娘を迎えに行ったついでに写してた夜マチス。
食べすぎなのか?風邪気味なのか?昨日からおなかの調子がよくありません。急激な気温の変化に身体はついていっていないようです。食欲の秋なのに、身につかないようです(笑)
台風一過の瀬戸内は、明け方から時折吹く強風が一日中残りました。
関東では大きな被害が出ており、お見舞い申し上げます。

朝から地元でのお仕事を頂戴しており、予定より早めに仕上ることができました。かなり空気が乾いてきたのを実感しました。

帰宅後、物置棚やら道具置き場の整理を行い、要らなくなったダンボール等を処分。ほんの少しだけスッキリしました。
生垣の下の草取りをしてたら、
DSCN5980fc2.jpg
キキョウがほぼ終わっている中で、ひとつだけ蕾を発見。こうして見ると、紙風船のようにも見えませんか?
DSCN5986fc2.jpg
上から目線で見下ろすと、こんな感じです。意外と角があるんですね。
元気だったのは、
DSCN5988fc2.jpg
鉢植えのミニバラ。すでに終わった花もたくさんありますが、まだまだこれからの花も。
DSCN5987tfc2.jpg
虫食いやら、風で傷ついたのやらが多い中、比較的きれいだったので、トリミングで切り出してみました。
今日も長袖でしたが、明日以降も長袖で良さそうですね。今朝、登校する中学生たちの群れの中にも、黒い学生服姿が数多く目立ちました。
2013.10.14 紅葉の足音?
今日までいいお天気でした。明日は午前中から台風の影響で雨予報となっております。
DSCN5970fc2.jpg
菜園に残していたトマトの切り株から新芽が出て、再び開花しています。
でも、DSCN5966fc2.jpg
ムラサキシキブを写そう、としてたら、背後に紅葉し始めたツタを発見。紅葉の足音が聞こえてきたような・・・
DSCN5972fc2.jpg
快晴続きで、順調に乾燥しているイネ。
今朝は風が強く見つけられなかったイネの新芽のオシッコを、夕刻に発見。
DSCN5976fc2.jpg
味見してみました・・・少なすぎて、無味でした。
2013.10.13 秋の夕散歩
久しぶりの散歩へ。
今日もいいお天気に恵まれ、田舎では稲刈りがあちこちで。
DSCN5963tfc2.jpg

DSCN5939fc2.jpg
そんな中、ウンカ被害のわかりやすい田んぼがありました。中央の茶色い部分が坪枯れと言って、枯れてしまったイネです。直径が3m位に被害ですが、こんな箇所が1枚の田んぼで4箇所くらい出ています。
DSCN5940fc2.jpg
耕作放棄地に繁茂する雑草の中、ネズミの巣ですね。
DSCN5946fc2.jpg
同じく耕作放棄地に繁茂するミゾソバも次々と開花。
DSCN5944tfc2.jpg
こちらはタデの仲間でしょうか?
DSCN5958fc2.jpg
コスモスもまだまだ元気いっぱいに咲いています。
DSCN5959fc2.jpg
柿が色付き始めていました。渋柿でしょうか?
一昨日くらいまでが夏日だった所為で、昨日くらいからの秋らしい気候との落差に身体が悲鳴をあげそうです。
そういえば、今朝、菜園の落花生にカラスが2羽、やって来て掘り起こしていました。お仕事へ出発する時間も迫っていましたが、慌ててネットで覆いました。カラスは食べ頃をよく知っています。
2013.10.12 アッケシソウ
先日、地元紙にアッケシソウが蛾による食害の被害が出ている、と報じられていた。
そういえば、今年は一度も観察に行っていない。
今日、やっと行ってきました。
DSCN5935fc2.jpg
堤防の上から、東端の自生地を眺めてみました。
DSCN2468fc2.jpg
比較として昨年の10月19日頃の画です。この画で紅くなっていた箇所はほとんど被害が出ており、地面が露出していました。
昨年は閉鎖されていた真ん中の自生地へ移動してみましょう。
真ん中の入口にたどり着く前に、新しい入口らしきものが・・・
DSCN5934fc2.jpg
自転車を降りて、入ってみます。
DSCN5933fc2.jpg
アッケシソウが見てきました。
DSCN5931fc2.jpg
どうやら、東端の自生地と真ん中の自生地の間に繁殖地が広がっている、と聞いていましたが、ここがそのようです。DSCN5927fc2.jpg
接写される方は、ここがポイントとなりそうです。十分に足下に注意して、お楽しみ下さい。
じゃあ、真ん中の自生地は?
DSCN5913fc2.jpg
昨年、閉鎖されてたお陰でしょうか?密度が高まってきていました。
守る会の方のテントが設営され、ロープが張ってあり、踏み込まれない設定になっていました。
DSCN5923fc2.jpg
保護活動って、難しいものですね。見学者の方々のご協力が必要ですが、自然の営みによる害虫被害というハプニングもあり、大変だ。

DSCN5907fc2.jpg
早生みかんを一箱ほど収穫。高温続きの所為か?今年のみかんは色付きが悪いのか?遅いのか?まだ青いですね。でも、試食してみると、甘さも出てきていました。
DSCN5906fc2.jpg
今日位からやっと秋らしい気温です。これから秋物らしくなってくるのを期待してます。
お休みの今日、母から菜園の耕作を依頼されていた。
暑くなる前に済まそう、と9時頃から管理機で菜園を耕す準備。
DSCN5901tfc2.jpg
納屋から一段下の田んぼに降ろし、さらに一段下の菜園へ移動させる。田んぼを移動していると、切り株からの新芽に大粒のオシッコがたくさん。「オシッコ」とは埴沙萌さんがおっしゃっているのをTVで拝見してから知った言葉だが、こんな新芽からのオシッコなら「どんな味なのだろう?」って思いませんか?(まだ味見してませんよー)

母からの指令通りに菜園の耕作を終了。白菜とネギが植えられるのだろう。
耕作ついでに、来春植える予定の春ジャガの予定地も耕す。
台風24号は、当初予想コースより北側に逸れて瀬戸内には強風くらいだけだった。
DSCN5885fc2.jpg
6時半頃の南東の空。
DSCN5888fc2.jpg
大根の新芽たち。
DSCN5892fc2.jpg
雲は多いが、日差しも眩しい瀬戸内海。ちなみに、左側の濃い山影は、40年位前までは島だった。
DSCN5890fc2.jpg
まだ、こんなアジサイに出会うとは・・・
台風一過のお天気に恵まれ、あちこちで稲刈りが行なわれていた。
DSCN5894fc2.jpg
庭のミニバラも次々と咲いてきた。
今日は年末年始のご案内ハガキを作成した。一年が早いもんだ。
昨日とは打って変わって真夏並みの暑さとなった日曜日、朝から地元八幡様の秋祭りが執り行われました。
末っ子も10時半過ぎに地区を出立しました。
DSCN5804fc2.jpg
地区の大額の前で奴を振る姿。
DSCN5826fc2.jpg
今年も義父一家が来てくれました。アイスクリンにかぶりついてる姪っ子。
DSCN5835fc2.jpg
今年の神馬は白馬と、
DSCN5839fc2.jpg
黒馬でした。
DSCN5845fc2.jpg
お昼に八幡様の境内で昼前に奴を振ってお旅所へ出かけていきます。
DSCN5851fc2.jpg
夕刻の宮入りを見て、娘をアルバイトに送っていくので中座しました。
3地区の千歳楽が境内を練り始めていました。このあと、3台の御みこしが同じく境内を練ったはずです。
DSCN5863fc2.jpg
娘の送迎から帰って、再び境内に戻ると、ちょうど12掛競馬の始まったところでした。
DSCN5870fc2.jpg
境内を12往復するのですが、回数を経ることに馬も騎手もテンションが上がってきているようで、スピードがかなり出てきます。眼前1mもないところを走るので、蹄から飛ぶ土が観客に降りかかる迫力があります。

レンズ中央が汚れていたようで、少々見苦しい画となってしまいました。
... 続きを読む
2013.10.05 夜間撮影
今日は朝からの雨が一日中、残りましたね。
地元の八幡様の秋祭りも出鼻をくじかれたようです。我が家の末っ子も出動せず、明日に備えて自宅待機しています。
昨日の夜、娘の通うピアノ教室(私の同級生の自宅ですが)に迎えに行った時、待ち時間に撮影。
DSCN5780fc2.jpg
少年野球の練習で、ナイターが点灯したグランドからの明かりに、ひまわりがきれいでした。
DSCN5782fc2.jpg
白色のコスモスは怪しげな雰囲気も。
DSCN5785fc2.jpg
白色のテッセン(マチス)でしょうか?水遣りの水滴が残っていますね。
DSCN5791fc2.jpg
青いテッセンも立派。
フラッシュ撮影が苦手なので、ノーフラッシュでしたが、意外と写りました。
夕刻4時過ぎから地区のお祭りの準備がありました。
八幡様への昔ながらの小路沿いに、「額」と呼ぶ灯りと幟を立てます。
「大額」と「小額」があり、昔はろうそくの明かりで風情がありました。
「小額」は今でもろうそくを使っております。
DSCN5748fc2.jpg
昭和の時代に地区の若者たちが手作りした木枠に半紙を糊付けして、手書きで仕上ます。
DSCN5770fc2.jpg
明日の夜には明かりが灯ります。
DSCN5775fc2.jpg
ほんのりとした夕焼けとなりました。
2013.10.03 金木犀のころ
10月も3日目になっていた。
庭の金木犀から微かな香りが風に運ばれて来始めた。
この地の秋祭りのころ、町内を練り歩くと、そこかしこから金木犀のあまい香りが溢れてきてた記憶が蘇る。
DSCN5746fc2.jpg
まだ咲き始めたばかりの今頃の香り方の方が好みだな。
調べてみると、中国南部の原産、雌雄異株で日本に入っているのはほとんどが雄株なので結実しない、花言葉は謙遜・謙虚・真実・陶酔・初恋・変わらぬ魅力、とあった。
先日の岡山市内への往復、本日の倉敷市内への往復でR2を利用したが、あちこちの田んぼでウンカ被害が見られる。今年は近年にない発生状況となったようだ。自然相手の農業の難しいところを実感した年となりそうだ。
2013.10.01 思う
父が寝たきりになって、随分になる。
デイサービスやらショートステイといった介護サービスを利用させてもらいながら、母が父の面倒を看てきた。
夫婦共働きなので、典型的な老×老介護になっていた。
老×老介護は、そう長くは続けられないだろうな、と思い、ケアマネジャーさんや知り合いに相談し、介護施設への入所申込を何年か前に行なっていた。
昨日、介護施設から入所の案内があり、本日入所となった。
早く入所できないかなー、と思っていたが、いざ入所できるとなると若干の躊躇いのような感情が出てきた。
母の負担は軽減され、老×老介護は解消されるのだが、何となく空白感が心に残る。

施設からの帰り道、海岸線の岬から
DSCN5744fc2.jpg
来月半ばの出番を待つ牡蠣筏の群れ。