梅雨は明けていないのに、今日も朝から快晴。
我家の田んぼ、昨夜から水を水路から充てていますが、朝から堰を抜かれてしまい、仕事から帰ってみれば、干上がっていました。慌てて、堰をセットし直し、水を充てています。
雨さえ降ってくれれば、こんな苦労もしなくてもいいのですが・・・
夕方になって、やっとそこそこにまで水が行き渡りました。
DSCN7703fc2.jpg
雨が降らなくても、草だけはグングンと成長していますので、あぜ道と隣地の草刈を行いました。
DSCN7694fc2.jpg
ウロコ雲でしょうか?
DSCN7686fc2.jpg
落花生も花を咲かせ始めたようです。夕方なので、花は閉じてしまっていました。
DSCN7691fc2.jpg
トウモロコシも満開ですね。
DSCN7695fc2.jpg
水遣りしてて気づきましたが、茄子もかわいい実をつけています。
DSCN7685fc2.jpg
ピーマンの苗。なかなか成長してきません。今日は、追加で枝豆の苗を7本移植しました。
キュウリは3本収穫。
いよいよ夏野菜が収穫の時を迎えてきました。
雨がほしい、毎日です。
2014.06.30 初物
梅雨なのに毎日日照り状態が続いています。
田んぼでは苗が成長する時期で、水をグイグイと吸い上げ、グングンと成長しています。
毎日とは言いませんが、二日に一度程度降ってもらえると大変助かるのですが・・・
関東方面では、雷雨・ヒョウ・局地豪雨が発生しており、雨乞いなんて不謹慎かとも思いましたが、空梅雨も困り者です。
昨日、義父から戴きました。
DSCN7680fc2.jpg
極早生品種ですが、雨が少ない所為か、若干小粒ですが、甘さは十分でした。
庭先のノウゼンカズラも、
DSCN7657fc2.jpg
先週の木曜日は、まばらな開花でしたが、
DSCN7674fc2.jpg
日曜日には、賑やかなことに。
そんな日曜日の夕暮れに、ワンコと八幡様まで花見がてらの散歩へ。
DSCN7658fc2.jpg
偶然ですが、上のノウゼンカズラとよく似た色あいになってしまいました。
DSCN7659fc2.jpg
気の早いコスモスが。
DSCN7660fc2.jpg
八幡様の境内に到着。木々の緑のなか、アジサイの花の濃い色彩がひときわ目立っていました。
DSCN7662fc2.jpg
雨は少ないですが、この枯れ葉が保湿しているのでしょうか?
DSCN7663fc2.jpg
DSCN7667fc2.jpg
夕刻5時過ぎでしたが、どなたも歩いていませんでした。
帰宅後、田んぼの草取を行なっていると、後輩がやって来て、水路から水を充て始めました。
我家も、明日には水を充てなきゃだめそうです。
DSCN7677fc2.jpg
夏野菜第一号はきゅうりでした。
夕刻の散歩で、例年ネジバナが見られるコースへ出かけてみた。
というのも、今朝のcazu88さんのブログでネジバナを拝見したことで、そろそろこちらでも咲いているのでは、と。
DSCN7624bfc2.jpg
ありましたー!新県道の法面にたくさん咲いています。
DSCN7622fc2.jpg
反対側の法面に移動。
DSCN7630fc2.jpg
道路に接する農地の所有者によって、法面をきれいに草刈し、刈った草を焼き払っているところは生えていません。
DSCN7637fc2.jpg
西日に輝いていますね。
DSCN7629fc2.jpg
農地周辺の草刈、農家にとっては厄介ものですが、野草を楽しむ観点からは完璧な草刈をされるとショック!でもありますね。これからの草刈では、極力花は残すように刈りますね。
DSCN7638fc2.jpg
散歩途中のお宅の裏庭で、アジサイが青空に映えている、とでも言うのでしょうか?でも雨に濡れたアジサイの方が素敵に見えませんか?
自宅近くまで帰り、我家の菜園を一回り、
DSCN7643fc2.jpg
トマトが実をつけ始めています。こっから色付くまでが少々お時間がかかりまーす。
DSCN7644fc2.jpg
唐辛子も大きな実をつけていました。一昨年まではもっと小さな実がなる唐辛子でした。
DSCN7648fc2.jpg
キュウリは鉛筆くらいの太さです。今日、嫁さんの実家からたくさんのキュウリとニンジンを貰って帰りました。
DSCN7649fc2.jpg
遅れて種まきしたオクラ。
DSCN7651fc2.jpg
茄子は2種類2本ずつ植えましたが、どちらがおいしいでしょうか?
DSCN7654fc2.jpg
トウモロコシ、やっと花の準備が整ってきました。今年初めて100本前後植えましたが、何本のナンバが採れるでしょうか?害虫や害鳥、害獣の被害を見込んでの100本栽培ですが。あと、100本分の種がありますので、月末に種まきする予定です。
2014.06.24 空梅雨
関東ではヒョウやら雷雨の被害がすごいことになっているようで、お見舞い申し上げます。
こちらは午後から下り坂予報でしたが、カンカン照りでした。
夕刻、娘のお迎えに。
DSCN7599fc2.jpg
ピアノの先生のところのお庭。前回蕾から開いたばかりでしたが、これで満開のようです。
DSCN7600fc2.jpg
こちらも満開を過ぎたようです。
DSCN7615fc2.jpg
やりのような姿ですね。
DSCN7592fc2.jpg
根元から咲き始めるんですねー。
DSCN7595fc2.jpg
大きなユリ。
DSCN7609fc2.jpg
葡萄もたくさんの実をつけていますね。ここは袋掛けしないようです。
DSCN7613fc2.jpg
しゃがんで撮影していると、蚊が集団で襲ってくる時候になりました。
昨夕からの雨、一晩中シトシトと降り続いており、田んぼはどこも満水になっているようです。
DSCN7586fc2.jpg
我家でも、昨夜用水路からの取水を停止しておきましたが、今朝田んぼを見回るとちょっと溜まりすぎだったので、排水口を一段下げて水を逃がしています。
田んぼの周囲は耕作放棄地で囲まれています(苦笑)
朝から朝食バイキングにアオサギさんがお越しのようです。
DSCN7588fc2.jpg
昨夕、雨が降り始めた頃のノウゼンカズラのつぼみ。膨らんで、明日には開きそうです。
DSCN7585fc2.jpg
アリが来ていますね。
DSCN7590fc2.jpg
今朝、きっちりと咲きました。
天気予報では、午前中は雨が残るようです。お昼から仕事なので、止んでくれるとうれしいですが・・・
2014.06.18 田んぼ百景
朝からピリピリとわずかな降雨が続きました。
昼過ぎに帰宅、小雨が上がっている間に田んぼの水を確認。
降雨量が少なかったので、思ったほど溜まっていませんでした。
水路から水を引くようにしました。明朝までに溜まればヨシ!です。
田んぼの北側から、
DSCN7577fc2.jpg
シロツメクサに雑じって、咲いたアカツメクサとの交雑かな?
田んぼの南側から、
DSCN7580fc2.jpg
タチアオイも久々の雨にうれしそうです。
田んぼの東側から、
DSCN7583fc2.jpg
庭のシバサクラも久しぶりのお湿りに満面の笑み。
明日は再び快晴となる予報です。
周辺の耕作放棄地の草刈が必要になってきています。
2014.06.15 イネと夏野菜
雨の無い梅雨が続いております。
田んぼは今朝やっと水が満水とまではなりませんが、隅々まで行き渡りました。
DSCN7556fc2.jpg
か細い早苗です。これからたっぷりの水とお天道様でたくさんのお米を実らせてくれること願います。
一方こちらは、
DSCN7557fc2.jpg
定着に失敗した苗。水が入り、浮き上がってしまいました。こんな状態のものがあるのをあと植えで植えなおしていきます。
DSCN7558fc2.jpg
落花生。手前の前ボケはスギナです(苦笑)。草取が追いついていません(汗)。
DSCN7559c2.jpg
玉蜀黍(トウモロコシ)。随分としっかりしてきました。そろそろ第二弾の種まきをしなきゃ、と思っています。
DSCN7560fc2.jpg
枝豆。トウモロコシの間に植えたのですが、少々狭すぎたようですね。枝豆も第二弾の種撒きを予定中。
DSCN7561fc2.jpg
茄子。今のところ順調そうです。上手く育てれば、秋茄子まで実ります。
DSCN7564fc2.jpg
胡瓜。葉っぱに虫がついた(一番下の網目になった葉っぱ)のですが、台所洗剤を噴霧したら、効いたみたいです。
DSCN7565fc2.jpg
唐辛子。去年は栽培しなかったので、自家製一味がそろそろ品切れになりそうなので、今年は一本だけ。
DSCN7567fc2.jpg
トマト。ミニトマトは庭のプランターで栽培ですが、通常のトマトは菜園で。
まだ双葉状態の野菜が、ピーマンとオクラです。どちらも種まきが遅れてしまい、まだまだです。
今週、もう一度田んぼのあと植え作業。
トウモロコシと枝豆の種まきも予定。
最大の問題は草取ですかね・・・筋肉痛の太ももを労わりながらの農作業。
2014.06.15 田植え
DSCN7555fc2.jpg
13日の金曜日、田植えでした。今年は、水少なめでの田植えを行なってみました。
昨日は、早朝からあと植え(機械が植えれない箇所や上手く定植できなかった箇所を手植え)を行ないました。
水没していないので、苗の状態がよくわかり、ほぼ全数を確認して、あと植えしました。
作業後から脚がガクガクです。こんなに衰えているんですー。
子供の頃は、平気だったのに~。昔は全部手植えでしたから、今より大きな負荷だったはず・・・
太ももの後ろ側と膝のあたりは、笑いっぱなし状態です。
今日の仕事、大丈夫かな?と心配です。
少々仕事が続きますから、今週半ば過ぎに、もう一度あと植えを行なう予定です。
今年の梅雨は、今のところ空梅雨状態ですから、水の盗りあいが大変になりそうです・・・
今日、12日は地区のため池の樋が抜かれ、一斉に用水路から各田んぼへ水が入れられる。
私も6時半頃から起きて、後輩がいつ代掻きに来てもいいように準備した。
予想通り、7時前に後輩が到着。
Photo0440fc2_2014061210390182a.jpg
一往復したところで、水が少なすぎたようで中断。もう少し溜まるのを待つ。
DSCN7550fc2.jpg
何とか水も溜まり、代掻き再開。見る見るうちに田んぼの水面がきれいに整っていく。
DSCN7553fc2.jpg
後輩は、このあと2枚の田んぼの代掻きがある。
一服しながら、話していると、自家消費するだけの米作りでは、トラクターを買い換える費用でこれから先のお米が買える。家内農業では採算性だけだと、赤字になる。彼も奥さんといろいろ話し合っているようだ。
安全で、おいしいお米を子供や孫に食べさせてあげる、と言う一点で踏ん張って米を作っている、という結論に。
確かに、もっと高収益の農作物にでも挑戦しなければ、このままでは何年もしくは十何年後には米は作れなくなっているだろう、と思った。
2014.06.11 田んぼの準備
いよいよ明日ため池の水が降りる日です。各農家が各々の田んぼに水を入れて、代掻きを行い始めます。代掻き後、1~2日置けば、田植えとなります。
我家の田んぼは、ため池の水が降りる前に、川を流れる水を入れさせてもらっています。
DSCN7548fc2.jpg
ここ二・三日は予想外にお天気となり、思ったほどは溜まりませんでした。
でも、ほぼ全面に浸み込むほどにはなりました。
毎年のことですが、水漏れ箇所を見つけては、足で踏み込み、漏れを止めます。
モグラの通り道が主原因と思いますが、我家の田んぼ、泥の下は砂地です。
元々は2段つながりの田んぼでしたが、下側の田んぼを宅地にした為、コンクリートの壁となった箇所があります。
コンクリートは砂地の下にまで、基礎が入っていますので、田んぼに入った水は、コンクリートに沿って砂地の底まで潜り、我家の敷地の下を抜けて、反対側の田んぼへ出てきます。
それでは困るので、コンクリートの境目を足でよく踏み込み、粘土状に練って、泥水が砂地に目詰まりし、水が漏れなくなるようにします(土木技師の後輩に教えてもらいました)。
口で説明するのは簡単なのですが、水の流れる道は特定できないので、田んぼ側の疑わしい箇所を全部踏むことになります。
菜園側で、500円硬貨ほどの水の拭き出し箇所を見つけて、田んぼ側で踏み込みを行なっていました。
DSCN7544fc2.jpg
アオサギの足跡。水が張られた田んぼには、カエルが集まっています。サギ類はカエル目当てで、連日田んぼから田んぼへハシゴして食事しています。
単調な踏み込み作業をしてると、気配もなくなるのか?アオサギが飛来してきました。
DSCN7546fc2.jpg
画像中央上側に降りましたが、私が場所を移動する動作を見せたら、再び飛び上がりました。
独り者になったカルガモも、日に一度は飛来しているようです。早くペアが見つかればいいのにね。
2014.06.08 代掻き
DSCN7542fc2.jpg
昨日の夕刻、ワンコと散歩へ。田んぼでは代掻きが始まっています。月曜日あたりの田植えでしょうか?
DSCN7528fc2.jpg
庭のノウゼンカズラ。青空の下、ツルを伸ばし、花芽を膨らませてきていました。
DSCN7536fc2.jpg
庭の植木鉢のミニトマト。背丈はそれほど伸びていませんが、すでに実をつけました。
DSCN7540fc2.jpg
ドクダミの花も満開となりました。
太平洋側では深刻な被害が出るほどの降雨量となったようですが、ここ瀬戸内沿岸では傘が要るか要らないか程度の雨が降り続きました。
朝、車で出かけようとした時、足元に小さな花が。
DSCN7526fc2.jpg
小さな花弁に、水滴が重そうでした。
DSCN7527tfc2.jpg
お陰様で、田んぼには水路から水を引かなくても、そこそこに溜まってきました。あと一週間もすれば田植えの予定です。
昨日、気象庁から梅雨入り宣言が出ました。
昼前から雨となり、結局今朝まで降り続いております。
風も西風が結構吹きました。
DSCN7522fc2.jpg
田んぼの様子。東側が若干低い為、東側から水が溜まって来ます。今朝、見廻りをしてたら、南側の排出口付近に大きな穴が開き、溜めてる水がゴーゴーと流れ出ていました。モグラの通った穴らしく、慌てて踏み込んで塞ぎました。
DSCN7521fc2.jpg
西風に煽られて、倒れたものが出たトウモロコシ。こんなに小さくても、風の影響があったようですね。
九州では避難した地方もあったようですが、大きな被害が出ませんように!
2014.06.04 気づけば6月
天気予報によると、今日から雨が続くそうだ。
昨夕、慌てて化成肥料(チッソ燐酸カリ)を田んぼに散布した(既に発酵鶏糞は散布済み)。
今朝、雨が降っていなかったので、耕して、肥料を土に鋤き込んだ。
DSCN7519fc2.jpg
北側の取水口側から。
DSCN7518fc2.jpg
南側から。雨水も溜め込むように、排水口を閉じ、田んぼ全域に素早く水が廻るように耕したつもりです。
DSCN7491fc2.jpg
こちらは一昨日の様子。ホトケノザが咲き残っております。枯れた花弁にアリが登っていますね。
DSCN7493fc2.jpg
実は、一昨日、母が田んぼの南端で作っていたタマネギを収穫。納屋の軒下に納めたところです。
DSCN7495fc2.jpg
昨夕、娘のピアノのお迎えにお邪魔。ご主人がバラのお手入れをなさっており、少しお話を伺いました。
花の終わった枝を切り取ってみえました。種をつけさせない様にし、さらに新芽からの開花をさせる為だそうです。病気や害虫の多いバラだけに、お手入れが欠かせないそうです。
バラ以外にも、桃柿葡萄キウイレモンの樹木や草花、野菜がいっぱいの菜園。
DSCN7510fc2.jpg
名前は解りませんが、きれいなブルーでした。
DSCN7502fc2.jpg
和菓子のような花も・・・