朝6時半過ぎから田んぼのスズメ除けを取り外し、脱穀作業が出来るように整備。
ハーベスターと運搬機を田んぼに入れたら、朝食も忘れてそのまま作業に突入した。
Photo0451fc2.jpg
しばらくすると、隣で耕作する後輩がやって来て、脱穀を始める。雨降り前に片付ける算段は、上手くいくだろうか?
Photo0452fc2.jpg
ハーベスターの調子もよく、順調に作業が進む。
Photo0454fc2_201410311114554ee.jpg
野ネズミの巣が何個が出てきたが、ほとんどが既に巣立った跡。ところが2箇所だけ、中からチュー公が一匹出てきた。冬になると、家屋に侵入し、屋根裏を我が物顔で走り回る。納屋の中でも、こぼれた籾殻を求めてやってくる。
ネズミ捕りをセットすれば、数匹は捕れる。ワンコじゃなく、ニャンコを飼えばいいんですが・・・
11時前には作業が終了。
年内の農作業は、みかんの収穫と稲ワラキリのみとなった。
DSCN8541fc2.jpg
今朝の散歩。朝日が雲を染めていました。
いいお天気に恵まれ、お仕事も捗りました。
DSCN8543fc2.jpg
笠岡干拓地内でのお仕事だったので、帰り道・道の駅隣のジェラート屋さんに寄り道。嫁が買ってくる間、眼前のコスモス畑を。
明後日からの下り坂予報が早まったようで、明日の午後から下り坂だそうです。
明日は、朝から脱穀を強行する予定です。
今日もいいお天気だった(朝は冷たかったが)。
この調子なら、金曜日あたりで脱穀もできるかも・・・と少し期待している。
先日の寄せ植えのシクラメン、
_1050788fc2.jpg
昨日の画像だが、今朝はもう少し大きくなっていた。
仕事を終えて、夕刻に帰宅すると、
_1050790fc2.jpg
咲いてたー!
_1050795fc2.jpg
こんなに早く咲くんだー。
_1050792fc2.jpg
寄せ植えが賑やかになってくると、何となく年末が近くなったようで、気忙しくなる。今日の帰り道、立ち寄ったお客さんと年内のスケジュールを打ち合わせた。街は年末に向けた段取りがスタートしている。
朝、玄関を開けると、屋根からノウゼンカズラの枝へジョウ君が降りてきてご挨拶してくれた。カメラは用意してなかったー。
ワンコのエサを用意しておいて、今日は分別収集の日なので、ペットボトル・プラスチック・空き缶・空き瓶をゴミステーションへ。
帰宅すると、屋根の上でジョウ君が一鳴きして飛んでいった。
午前中に早生みかんの収穫へ。
DSCN8531fc2.jpg
収穫し終えて、晩生みかんの様子を確認していると、
DSCN8529fc2.jpg
警備隊長がみかんの裏から現れた。
DSCN8528fc2.jpg
カメラ目線でポーズ!
晩生みかんは間引きが不十分だったので、鈴なりになっており、木への負担も大きそうだ。早めに収穫してやらなきゃ。
みかん畑でも、山からジョウ君が下りて来て、賑やかに遊んでいった。
寒波の襲来が、冬鳥を呼び寄せたのだろうか。
2014.10.28 予定は未定
一昨日の夜中の雷雨はすごかったですね!すぐ近くで落ちたような雷鳴に、寝ぼすけの私が目覚めました。
でも其の所為で、今日の脱穀はお流れとなりました。再びモミの乾燥を待ちます。
昨日朝のお天道様、
Photo0454fc2.jpg
あんな雷雨のあった朝とは思えない朝を迎えました。
Photo0457fc2_20141028075950b11.jpg
我家の田んぼは、それほど水が溜まりませんでしたが、他所さんの田んぼにはそこそこ溜まっていました。
昨日、仕事帰りに立ち寄ったホームセンターの園芸コーナー、
DSCN8503fc2.jpg
ノボタン・コートダジュールとなっていました。
帰宅後、我家の鉢植えを見てみると、
_1050777fc2.jpg
ミニバラ、まだまだ元気そうで、蕾もたくさんありますね。
_1050774fc2.jpg
シクラメンも蕾がお目見え。
夕方、4時半頃散歩へ。
DSCN8504fc2.jpg
セイタカアワダチソウ、ススキ、ハゼという田舎の秋です。
DSCN8508fc2.jpg
この日は、通ったことのないあぜ道へ。
DSCN8521fc2.jpg
現場では気づきませんでしたが、てんとう虫がいたんですね。
今日は、脱穀作業がなくなったので、早生みかんの残りを収穫しておこう、と。
昨日もいいお天気でした。
_1050768fc2.jpg
天高く、馬肥ゆる秋   
午後から田んぼの水はけを促進させるため、東端に水路を切りました。
_1050765fc2.jpg
稲はお天道様と風に頼るしかできませんが、冬季に稲わらきりや堆肥の散布を行なうには、ぬかるまない程度に乾燥しておいたほうがやりやすいので。
お隣の耕作放棄地の草も気になるくらいに伸びてきていますが、手が廻らないので後回しです。
_1050764fc2.jpg
雑草のなかに小さな紅葉が始まっていました。
_1050762fc2.jpg
こちらでは、背の低い稲が実りをつけていました。田植えで、流された苗が生き着いたのでしょうかね。
_1050757fc2.jpg
タンポポに、
_1050755fc2.jpg
名前出てきません・・・オオジシバリで合ってますか?
_1050753fc2.jpg
どこからか飛んできて、住みついた松葉菊。
今日のお仕事、昨夜の阪神勝利の影響で、朝からが午後からに変更となりました。
2014.10.24 含水率の測定
午前中のお仕事はお天気のお陰で順調に捗りました。
午後に帰宅後、天日干し中の稲を一本抜いて、モミの含水率測定の為JAへ持って行きました。
結果、17.6% でした。
このまま火曜日まで天気予報通りに晴天が続いてくれれば、目標の15%割れになりそうに思います。
_1050734fc2.jpg
隣の田んぼを耕作している後輩のはぜに、たくさんのスズメが群れています。ネットを掛けているのですが、裾が切れており、そこから侵入してきたり、稲とネットの隙間がないところは平気で留まって食しています。
後輩も、ネットをいろいろと動かしていますが、一度食べれることを憶えたスズメは簡単には諦めてくれません。
ハゼの下の地面には、食べかすとなった籾殻が積もっています。
_1050742fc2.jpg
彼岸花、最後の一輪が咲き始めました。
_1050725fc2.jpg
ミニバラもそろそろお終いでしょうか?
2014.10.23 脱穀時期?
お天気が周期的に崩れていますね。
稲刈り後は台風、その後2度ほど雨に遭いましたので、天日干し中の稲も乾いたり、湿ったりを繰り返しております。
お仕事がなければ、このまま自然乾燥に任せて最適水分含有になるのを待てばいいのですが、お仕事の兼ね合いと今年は亡き父の法要等々でいつも以上にバタバタとしております。そこそこに乾けば、脱穀してしまおう、と考えております。
そこで、今日から続くお天気のうちで来週前半をターゲットに考えておりますが、うまくいきますかねー?
DSCN8463tfc2.jpg
今朝の雨上がり後のあぜ道散歩。
DSCN8466fc2.jpg
朝日が眩しそう。
DSCN8461fc2.jpg
こちらは一昨日の雨の合間に散歩で出会ったゼフィランサス・サフランモドキと、
DSCN8462fc2.jpg
ゼフィランサス仲間のタマスダレ。
... 続きを読む
2014.10.21 晩生?彼岸花
一昨日の日曜日、義母の七回忌でした。
DSCN8455fc2.jpg
快晴となり、お墓まで行って帰ると汗ばむほど。
ついこの間のように感じていましたが、もう七回忌なんですね。そういえば、父もすでに二七日が過ぎました。
今日は、母を連れて父の保険手続きにお役所から保険会社をまわり、手続きを済ませました。
あとは、相続と金融機関一行を残すのみとなりました。
ホント、いろいろな書類が要るものなんですねー。
_1050694fc2.jpg
庭の寄せ植えに、元気色がかわいく咲き始めました。
_1050696tfc2.jpg
ミニバラも。
_1050700fc2.jpg
稲、かなり乾燥してきたと思いますが、明日から雨予報。脱穀がまた遅れますねー。
_1050702fc2.jpg
まだ彼岸花が残っています!
_1050708fc2.jpg
こちらの彼岸花は咲いたばかり!
_1050715fc2.jpg
タンポポも旅立ちの準備完了。
2014.10.19 ふた七日看経
昨日、午後二時から父のふた七日看経を行ないました。
これから49日法要が終わるまで、毎土曜日に行ないます。
家族、近くの兄弟(父の)と甥姪でお経をあげ、お茶を飲みながら思い出話や昔話をして、父を偲びました。
昨日は、夜からのお仕事があったので、看経を終えると慌ただしく出発。
DSCN8447fc2.jpg
お邪魔したお店の降り口には、ミズヒキが咲いていました。
お庭に咲くミズヒキ、初めて拝見しました。
今日(日曜日)は、昼から義母の七回忌法要に家族で参列してきます。
全然関係ないですが、先日ワンコと遊ぶ末っ子です、
_1050687fc2.jpg
父が亡くなったあとで、一番かわいがられていた末っ子はワンコと思い出話でもしているようでした。
2014.10.18 ふた7日
今日は、亡くなった父のふた7日(初七日は葬儀時に済ませました)。
私の仕事の都合で、お看経(かんき)を(通常は夜行ないますところ)昼間に行なうことに。
身内だけで行ないますが、昨日から母があちこちのおそうじに精を出しております(今もすぐ隣で掃除機が)。
今朝は少し寝坊でしたが、7時過ぎにワンコと散歩へ。
DSCN8438fc2.jpg
もう既に稲刈りを行なっていました。6時過ぎ位から作業なさっているのでしょう。
朝日に黄金色に実った稲が輝いております。
DSCN8442fc2.jpg
タデの仲間と大雑把に認識していましたが、「シロバナサクラタデ」という名前のようです。
耕作放棄地で、比較的湿地に群れて咲きます。
DSCN8444fc2.jpg
シロバナサクラタデの咲く奥のほうで、木漏れ日に咲く。
2014.10.16 まだ彼岸花?
朝晩の気温はグッと下がり、毛布が心地よい季節。
朝お出かけ時は長袖でちょうどいいのですが、お仕事をしていると長袖では暑い。
でも、夕方には半袖では寒い。
衣装選択が、誠に難しい季節ですね。
DSCN8427fc2.jpg
ワンコの食後のトイレタイムに田んぼの周囲を歩いていたら、ミゾソバや
DSCN8430fc2.jpg
タデが咲いていた。
DSCN8434fc2.jpg
お天気が続いてくれれば、稲の乾燥も順調に進むのだが・・・月末までには脱穀を済ませたいなー。
早生みかんの収穫もそろそろ行かなきゃ・・・
登記の手続きも・・・
DSCN8435fc2.jpg
田んぼの片隅にまだ咲いてた、彼岸花。
2014.10.15 健康診断
今朝は、市役所の健康診断で胃がん・大腸がんの検診を受診。
いつもはたっぷりと時間がかかるのに、待ち時間が無いほど空いてた。
DSCN8421fc2.jpg
妻が出てくるまで駐車場で待ってたら、雲がきれいだった。
帰宅後、朝食を戴き、父がお世話になってた施設にお礼の挨拶に。
午後からは、年金事務所にて年金手続きを済ませた(昨日から3往復くらいして書類が整った)。
人が亡くなると、いろいろと手続きが要るものなんですね。
すべての手続きを終えるには、まだ時間がかかりそう(ため息が出そう)。
ちょこっとお仕事を済ませて、従兄弟と法事の相談。
DSCN8424fc2.jpg
田舎の秋景色。手前の黄金色は稲。その奥には、刈られた稲のハゼ干し、遠くでは草刈した草を燃やす煙がたなびく。
DSCN8425fc2.jpg
耕作放棄地はご覧のとおり。ススキやセイタカアワダチソウが茂っていて、これはこれで秋を感じさせられる。
2014.10.14 台風一過
昨日、瀬戸内は台風19号の影響が夜半まで残りました。
しかし、
_1050675fc2.jpg
朝起きると、お天道様が眩しく輝いていました。
田んぼは水浸し。さっそく田んぼの見廻りに出ようと、長靴に足を入れると、冷た~い。長屋の物干しスペースに置いていたのだが、かなり風雨だったから降り込んだようだ。
家も田んぼも、畑も大した被害もなかった。
まだ、北日本や東日本では19号台風の影響下にあるので、大きな被害が出ないことを願うばかりだ。
_1050676fc2.jpg
昨日は、朝からお仕事を頂戴していたが、思ったより人出が多くてビックリした。
2014.10.10 父の死
6日に父が突然の死。
8日に葬儀を行ないました。88歳の幸せそうな死に顔でした。お昼寝中に息を引き取った、と。
まだまだ落ち着いておりませんが、台風の接近前に済ませたかった稲刈りを昨日・今日で済ませ、明日からお仕事を再開します。ブログの方も、今日からボチボチと始めます。
DSCN8387fc2.jpg
8日のお葬式に集まった姉家族と我家の子供。いいお天気に恵まれました。
今、亡くなったあとの手続き等にバタバタとしていますが、突然の休業で日程を延期して頂いたお客様の日程調整にも四苦八苦している最中です。
DSCN8404fc2.jpg
昨日の午後、役所から帰ってから刈り倒し、今朝からはぜ掛け。途中で金融機関を廻り、手続き書類を戴いて帰りました。
本日午後3時頃には終えることができました。
一つ、済ませることができました。
毎日が教えて頂きながらの生活。3年法要までは、こんな感じで過ぎるのでしょうか?
2014.10.07 忌中
しばらくお休みします
今日の仕事は、いつもより早めに出発し、昼頃帰宅できるようにと。
お仕事中も雨は降らずに、すみました。
帰宅すると、12時前でしたが、地区の方々がノボリや額の片付けを始めて見えました。車を停めて、慌てて参加(本来は、明朝7時頃からの後片付けです)。
台風の襲来に備えて、急遽、地区の奴が出動した後、片付けることにしたそうです。
結局、今年の秋祭りには参拝しませんでした。
神事も台風対策で、時間的に前倒しとなったようで、5時過ぎ(例年ならまだ神事の最中)には帰宅する人・車が我家の横を家路へと帰っていきました。
_1050658fc2.jpg
夕方5時過ぎの南の空。
台風の最接近は、明日の未明だそうです。
お祭りの山車等も、例年なら神事の後は、町内を練り歩いてから、其々の地区へと帰るのですが、今年はまっすぐ帰ったようです。皆さん、明日はお勤めがあるでしょうからね(今、遠くから太鼓の音が響いてきています)。
台風18号の進路と風雨が心配な中、秋祭りの準備は着々と進み、各地区の辻にはノボリがはためいています。
夕方、ワンコの散歩で八幡様まで行きましたが、既に夜店が出ており、境内に入るのは遠慮して帰りました。
DSCN8356fc2.jpg
境内を東の鳥居から見たところです。奥に見えている赤いのぼりが西の鳥居です。明後日、神馬2頭が朝・昼・夕にここを駆け抜けます。馬と人が非常に近いです、跳ね上げる土が降りかかるほどに。
DSCN8358fc2.jpg
帰り道、道端にミゾソバが咲き始めていました。
DSCN8363fc2.jpg
耕作放棄地には、セイタカアワダチソウも。
DSCN8369tfc2.jpg
我家の田んぼ、スズメを追い払っていますと、ホトケノザに出会った。
昨日の午後3時過ぎ、地区民により地区内での秋祭りの準備が行なわれました。
お宮までの旧道沿いに、『大額・小額』と呼んでいるぼんぼりを設置したり、のぼりを立てたりします。
私が子供頃は、立派な大額がありました。手の込んだ木工細工で、障子張りになっており、内部に蝋燭台があり、夜には蝋燭に明かりが揺らめき、子供心に祭り気分が高まった記憶があります。
時代が変わり、今では大き目の提燈となり、小額だけが昔のままの形で残っています。
DSCN8354fc2.jpg
我家はその旧道沿いに住いを移したため、今では大額を潜らずにお宮へ参ることになってしまいました。
今年の秋祭りには、多感な年頃の末っ子は不参加、明日は朝から台風で雨予報、嫁の実家も所用で来れず、と全然盛り上がらない、と思っておりましたら、今朝方お得意さんから明朝からのお仕事のご依頼が入りました。
明日は、帰宅後のお天気の荒れ方次第で、お参りするかしないか、決めようと思います。
2014.10.03 恨めしい滴
昨夕からの雨、夜中には一旦上がっていたが、明け方目覚めると雨音が。
稲刈りは連休あたりなるかな?と口にしつつ、ひそかに今日明日のお天気がよければ、刈ってしまおうか?と思っていた。
庭に水溜りが出来ている。横の県道を走る車も、湿った音をたてて通り過ぎている。
これじゃ、稲刈りの強行突破はできそうにないなー、と田んぼの見廻りに。
田んぼは、東端に切った水路に少し水溜りがある程度だ。でも、稲がたっぷりと滴を受けている。
これで強行突破も無理だ、と諦めた。連休あたりの稲刈りに決定(お天気次第だが)。
_1050648tfc2.jpg
しおれ始めた彼岸花のシベに泊まった雨露がきれいだ。
_1050647tfc2.jpg
トリミングしてみれば、雨露に稲穂と彼岸花が逆さに写りこんだのが見える。
_1050654fc2.jpg
雨露に濡れた露草も面白いかな?と。
_1050655fc2.jpg
何か飛んできたぞ。
_1050655tfc2.jpg
蜜?露?どちらを吸いに来たのかな?
2014.10.02 熟れ時、近し
朝、出かける前に稲の状態を確認に。
週末から接近してくる台風が気になりますが、今更ジタバタしてもどうしようもない、と。
DSCN8345fc2.jpg
黄金色に変わり、熟れ時が近づいています。台風が来なければ、週明けのタイミングが稲刈りでしょうね(頂戴しているお仕事の為、実際には来週の連休の頃になりそう)。
今日、お仕事でお隣の笠岡市へお邪魔していましたが、既に稲刈りを終えて、はぜにしている田んぼを見かけました。
DSCN8350fc2.jpg
ツユクサの青色がすごく鮮やかに見えました。こんなに濃いブルーも出るんですね。
今年は、まったく追跡しておりませんでしたが、今日急遽予定が取りやめになったので訪れてきました。
DSCN8339fc2.jpg
自生地群の東端に位置する展望台。
_1050582fc2.jpg
昨年の蛾の幼虫食害による枯れ死から回復してきているようです。アッケシソウを守る会の方々の活動の賜物でしょう。感謝です。
DSCN8338fc2.jpg
今年は、見学箇所が一つ増えていました。今での東端と真ん中の中間に新たな見学箇所が整備されたようです。ここもすぐ近くまで近寄れて、接写できます。
従来の真ん中と西端の自生地も整備されているようです。
_1050577fc2.jpg
まだ色付きには早かったです。こんな感じです。
_1050625fc2.jpg
比較的色付いた地点を切り取れば、こんな感じです。
_1050626fc2.jpg
紅葉のピークは20日前後になるのでしょうか?
帰り道、今週末に秋祭りが行なわれる地元の大浦神社に立ち寄ってみました。
DSCN8344fc2.jpg
すっかりお祭りの準備が整えられていました。
つい最近知ったのですが、秋祭りのメーンイベントは2頭の神馬による12掛け競馬(境内内を12往復)です。ここから、勝ち馬お守りが競馬ファンに人気らしいです。結構遠方からお祭りにいらっしゃるようです。
今年は台風の影響が心配ですが。