2015.06.29
午前中にお邪魔したお客様のお庭から、
DSCN0967fc2_20150629180008969.jpg
もう一段高いところには、
DSCN0968fc2.jpg
ペチュニアですかねー。
DSCN0971fc2.jpg
オレンジのハイビスカス。強い日差しが似合います。
DSCN0972fc2_201506291800122b1.jpg
クレマチスでしょうか?強い日差しに参りかけているようですね。
DSCN0974fc2.jpg
ガクアジサイは、木漏れ日のあたる場所で強い日差しをしのいでいました。
DSCN0975fc2_20150629180100322.jpg
と、
DSCN0976fc2.jpg
と、
DSCN0977fc2_201506291801039c8.jpg
って、カンパニュラですかね?最後のは八重ですよね。
今日は、お庭を管理されているお母様が不在で、詳細を聞けませんでした。
午後からお邪魔したお客様のお庭もたくさんの花を咲かせて見えましたが、初めてのお宅だったのと、時間的な余裕もなかったので、写真なしです。
帰宅後、田んぼの見回りをして、菜園を見回ると、そこかしこで雑草が。落花生の中の草取りと施肥を済ませました。
DSCN0980fc2.jpg
我が家のトウモロコシの第一弾の開化です。
DSCN0984fc2.jpg
先日開花をアップした唐辛子、こんな感じで実をつけています。
DSCN0989fc2.jpg
茄子も長茄子と中長茄子の収穫ができるようになってきました。茄子にも施肥しておきました。
我が家の夏野菜、只今はキュウリが主役で、ナスとピーマンが脇役を務め、友情出演がトマトです。本来ならダブル主役を務めるはずだったオクラは、作付の遅れが響いて、来月での登板となりそうです。
2015.06.28 ミゾカクシ
朝から快晴とまではならなかったが、お仕事をしている間に快晴!となり、お仕事も順調に完了できた。
昨日までの雨で、田んぼへの水充ては、不要となり大助かりだった。
しかし、雑草は雨降り毎に伸びてくる。田んぼの水を雑草に吸われるのも癪なので、あぜ道だけでもせっせと草刈しています。
今日、そんなあぜ道を歩いていると、草刈を逃げ延びた雑草が、
DSCN0943fc2.jpg
あぜ道と水田の境に、畦シートと言って水漏れ防止のシート材を埋めているのですが、すぐ近くは草刈機で刈れないので、こうやって生き延びてるミゾカクシの花。
今まで、そんなに気に留めていなかった花ですが、
DSCN0942tfc2.jpg
花びら?ガク?は淡いピンク色だったんですね。しかも、真ん中の3枚と両側の2枚のグループに分かれています。突き出しているのは、しべでしょうか?違う角度で見てみましょう。
DSCN0955tfc2.jpg
しべ?と思っている部分も、先端と根元で構造が違って見えますね。
DSCN0961tfc2.jpg
根元は割けているように見えますが、軸を包むような造りなのでしょうか?先端部は、花粉っぽいですが?
DSCN0958tfc2.jpg
ボケボケ写真ですが、中に、虫らしき影が見れます。受粉を助ける虫でしょうか?
手持ちのコンデジのマクロと私の腕では、これくらいが限界のようです。
ミゾカクシ、またはアゼムシロとも呼ぶそうですが、キキョウ科だそうです。
DSCN0938fc2.jpg
最後は、唐辛子の花です。
2015.06.24 葦簀の出番
どうも昨日の午後に行ったみかんの予防以降、体調が・・・体が少々怠く、鼻水が止まらなくなっている。花粉症の鼻水とは、明らかに異なる出方だ。
お休みとなった今日、朝からお医者様へ。
風邪でしょう、と言うことで、注射を一本打ってもらい、風薬をもらってきた。
どうも、今年になってから風邪をひくことが増えたように感じる。
年齢を重ねて、基礎体力が低下してきているのだろうか?
去年までは、めったに風邪などはひかなかったのに・・・
ぼやいてみても、風邪は直らないので、おとなしく休日を過ごした。
夕方くらいから、お薬が効いてきたのか?少し元気が出てきた。
娘の自転車、来月から地元の保育所・幼稚園へ実習に通うのに使う為、自転車屋さんへ点検を依頼してきた。高校3年間の通学に使用し、その後1年半位は、私がちょい乗りに使っているが、タイヤが劣化してきていた。
その自転車屋さんからの帰り道、
DSCN0914fc2.jpg
昔ながらの路地を帰ると、路地に面したお庭に咲いていたガウラ。風に踊っていて、捕まえにくかったので、失礼して先端をつまんでの一枚。
DSCN0915fc2.jpg
これは、ヒャクニチソウでしょうね。水不足なんでしょうか?花びらがくるくるとなっている。それとも、これから咲く瞬間?
DSCN0917fc2.jpg
ユリの群れ。こんな群れが元気なんだから、↑のが水不足と言うことはあり得ないかー。じゃあ、咲き始めた瞬間だったのか。
DSCN0918fc2.jpg
てっぺんの方に咲いたタイサンボク。
DSCN0919fc2.jpg
目線の高さには、咲く終わり、茶色くなった花の跡と実でしょうか?
P1060831tfc2.jpg
明日からお天気は下り坂予報ですが、居間と縁側に葦簀を出しました。
夏の日差しを和らげ、優しい明りと涼しさをもたらしてくれます。
2015.06.23 あー、疲れた
先日、母からみかんの予防をするように言われていた。
温州ミカンの専業農家さんだと、年間に6~7回の予防を行うそうだが、我が家は自家消費生産なので、見場は少々悪くても、最低限の予防を選択している。
6月・9月・12月の3回を目標としているが、時々忘れて2回になることもあった。そこまで行くと、見場は少々の域を超えて悪くなったし、カミキリムシの発生も目立つようになった。
主な予防は、カイガラムシ・ミカンハダニ・ミカンサビダニ・黒点病に絞り込んだ。
お天気が続きそうな今日の午前中は、仕事があったので、午後から予防を行ったが、暑かったです(例年、昼前までに行うのですが)。
みかんは、直径1.5cmくらいに成長していた。

夕刻と呼ぶには、明るい4時過ぎにワンコと散歩へ。
DSCN0874fc2.jpg
草刈された法面に咲いたヒナギキョウ。西日を受けて、少々白とび気味ですね。
DSCN0913fc2.jpg
東側の法面は、雑草が茂っており、西日も遮られるので、淡い青色が出ました。
DSCN0884fc2.jpg
田植えが終わり、余った苗は、こうして処分されます。昨日今日で、草刈がされてたここの斜面にも一気にネジバナが出てきています。
DSCN0906fc2.jpg
草刈りされ、燃やされた法面でしたが、少しだけ遅れて、次々と咲き始めました。
DSCN0887fc2.jpg
サギの集団。
DSCN0891fc2.jpg
県道に収用され、畑にもならないほどだけ残された残地に植えられたアジサイがいい風情を出しています。
DSCN0894fc2.jpg
名前はわかりませんが、県道建設土と一緒にやってきたようです。
DSCN0907fc2.jpg
ムシトリナデシコ、お疲れの様子です。花びらが白っぽくなってきています。
DSCN0896fc2.jpg
こちらは元気溌剌ですね!
DSCN0897tfc2.jpg
トリミングしてみると、しべがおもしろい形状をしてますね。
DSCN0897t2fc2.jpg
おしべになるのでしょうか?ネジレているのが見えますね。

2015.06.21 未明の雷鳴
明け方の物凄い雷鳴に、少し早すぎる時間帯から目覚めてしまった。
「ここで目を開けたら、まだ早すぎる時間から目覚めてしまい、寝れなくなる」と思い、耳で雷鳴を聞きながら、ウトウトとした。
そんなに時間は経っていない、と思ったが、2時間近くが経過していた。さすがに7時近くになれば、起きないわけにはいかない。
今日も仕事だが、近くで9時開始なので、ホントは7時半ごろ起きても間に合うのだが・・・
しかし、今日は、雷雨の中での仕事になるなー、と思っていたら、7時過ぎに外に出てみれば雨はあがっている。
空も、西から薄日が差し、東の空の端っこに黒い雲が残っている。
DSCN0855fc2.jpg
明るくなった西の空とノウゼンカズラ。
よく見ると、
DSCN0858tfc2.jpg
先ほどまでの雨粒が残っていた。
9時前にお客様に到着。
DSCN0869fc2.jpg
息子さんが自動車修理工場を経営されているのだが、ご実家でご両親とご一緒に桃とお米も作っている。出荷できない桃を「持って帰って」と、下さった。我が家でも、昔々に桃を生産していたころは、こうした出荷できない桃が大量にできて、ご近所に食べて頂いていた。今年初の桃を、ありがたく頂戴した。
午後TVをつけて、ウトウトしていたら、母が「そろそろ、みかんの予防をしにゃいけんよ」と。じゃあ、雑草の伸び状況を見て、伸びてたら先に草刈だ、と思い、みかん畑まで。予想通り、そこそこに伸びていた。予防の前に草刈だ。お天気とにらめっこが続きそうだ。
夕方、ワンコの散歩へ。
近所の日本料理屋さんの駐車場へ向かう。
DSCN0867fc2.jpg
南天が咲いている。
DSCN0868fc2.jpg
キキョウも満開だ。
DSCN0866fc2.jpg
アジサイは白っぽ紫色。トゲトゲの木はタラノ木かな?
駐車場を出て、あぜ道を歩いてると、
DSCN0860fc2.jpg
こんな花が咲いていた。葉っぱも結構茂っている。
毎年、ここに植えておられるのですが、これからの時期を代表します、
DSCN0863fc.jpg
ほうずきです。まだ青いですが、大きな袋を作っています。
まだまだ日本列島は、大気が不安定な状態が続くようです。農作業も、お仕事もお天道様とのにらめっこが続きそうです。
昨日の午後から「あと植え」を行い、何とか田植えを完結させることができました。
今朝の田んぼ見回りで、昨日の「あと植え」の確認を行いました。
昨日は見落としていた箇所の修正作業と全体の確認です。
これで、あとは水とお天道様が育ててくれます。人間は適切な水あてと草刈等での害虫発生の可能性を取り除いてやることくらいです。
DSCN0821fc2.jpg
隅々まで、苗が植えられ、隅々まで水が行きわたっています。
おかげで、梅雨時期でもそれほどのジメジメ感はしないですね。
田んぼの次は、菜園へ。
DSCN0826fc2.jpg
ジャガイモを収穫し終わった菜園の畦道に咲いたシロツメクサで朝食でしょうか?
きゅうりは早くも10本ほど収穫し、食卓に上っています。
DSCN0827fc2_20150620111013168.jpg
ナスも、5本ほど収穫しました。先端が丸くなる中長と先端がとんがった中長が2本づつ植えています。今のところ、葉っぱの葉脈も濃い紫色をしており、元気そうです。
他にも収穫したのは、ピーマンです。
収穫した野菜には、油かすを一握りづつ追肥しておきます。
DSCN0835fc2.jpg
枝豆が小さな白い花を咲かせていました。
長靴を脱いで、ワンコの相手をしていると、
P1060821fc2.jpg
ノウゼンカズラが、蕾から花びらを見せ始めています。
P1060818fc2.jpg
上の方には開花し始めた花も見えます。
暑い暑いお日様が似合うノウゼンカズラ、今朝のお日様に刺激されたのでしょうが、午後からは下り坂予報です。
お天気予報が外れ、と言いますか遅れた、と言いますか、午後からもお天気になりました。
午後に帰宅すれば、
DSCN0851fc2.jpg
てっぺんのあたりで、開き始めていたノウゼンカズラが3~4個咲いていました。
青空とオレンジの花の組合せ。
関東地方では、突風被害(ダウンバースト)が出ているそうです。幸いに人的被害はなかったようですが、建物等に甚大な被害が出ているようです。
地震・噴火に見舞われる日本列島、夏場に入り、新たに警戒を要する自然災害が現れました。
2015.06.18 雨、水量調整
朝からシトシトと雨になった。
朝からの仕事だったが、それほど激しく降らなかったので道具の積み下ろし時には助かった。
昼過ぎまでに現場を済ませ、帰り道に写真屋さんへ寄って先日の家族旅行の写真を焼いてもらった。デジタルとなって、なかなかプリントすることが少なくなったのですが、久々のプリントでした。
家に帰り、道具の後片付けを済ませると、田んぼの様子を確認。
DSCN0815fc2.jpg
真ん中手前にある苗の塊から左側が、あと植えを済ませたエリア、右側はこれからあと植えするエリアです。
DSCN0814fc2.jpg
右側には隙間が多く見えますよね。
右側の方へ行くほど、地面が低いので、水位が上がると苗が水没してしまいます。
そこで、雨が多いと、排水口を調整して田んぼの水位を一定になるようにします。
DSCN0817fc2.jpg
これが排水口部分です。本来は取水口用の部品なんですが、余っていたのを流用して使っています。
あぜ道に咲きかけていました。
DSCN0818fc2.jpg
アカツメクサでしょうね。
雨の降る中、キュウリが次々と生っています。
今朝は、気合を入れて5時半頃から田んぼへ。
田植え後、機械がうまく植えられなかった苗や、四隅を手植えする「「あと植え」を行いました。
昨年、素足で行ったのですが、今年は長靴で行ったところ、足を抜くとき、長靴だけ残りそうになり、脱げないように余分な力を入れなきゃならなくなり、三分の一くらいで、膝がガクガクに。何とか頑張ってみましたが、半分くらい終えたところで、10時過ぎとなり、暑さも辛抱堪らなくなり、終了しました。残り半分は、お天気次第ですが、明後日位には済ませたいです。
夕方、母を眼医者まで送っていき、そのまま図書館で時間潰し。
野菜作りや草刈方法の最新情報を仕入れてきました。
図書館のとなりが、
P1060804fc2.jpg
大きな池で、ハスが茂っています。元は、大きな大きな農業用のため池だったのですが、ほとんどを埋立て、福祉センターや市民会館、野球場・武道館・テニスコート等々を造りました。
元々のため池時代から、ハスが自生し、盆前には農家がハスの蕾と葉っぱを刈り取り、出荷していたのを憶えています。
よーく見ていると、
P1060796fc2.jpg
葉っぱに隠れて、一輪開いています。
そろそろ眼医者へ迎えに行きます。
駐車場横の植え込みでは、
DSCN0795fc2.jpg
コムラサキでしょうか?
DSCN0798fc.jpg
ブルーベリーも色づき始めていますね。
DSCN0801fc2.jpg
ちっちゃな、ちっちゃな花ですが、花びらからしべが飛び出ているのが見えます。
DSCN0805fc2.jpg
これもちっちゃな花ですね。
予約していたのですが、1時間半では終われませんでした。
朝、お客さんのところへ到着したころから雨が落ちだした。
お昼過ぎ、仕事が終わり帰る頃、まだ降っていた。
午後2時過ぎ頃だったか、雨が上がったようなので、ワンコの散歩へ。
田んぼの周囲を一周するだけでは、不満げな目でこちらを見つめてくる。ウンチ処理袋を手にすると、尻尾を振って、ルンルンだ。
よし、今日はネジバナ探しだ!
DSCN0771fc2.jpg
あったー。草刈を免れた県道の法面に雑草に混じって咲いていた。
DSCN0774fc2.jpg
オイ、オイ、ちょっと待て!じっくりと写真を撮らせて。「お座り!待て!」
DSCN0776fc2_20150616175138f72.jpg
見事なネジレだ。反対側の法面も探してみたが、思いの外、草刈りされてしまっている。開花はするだろうが、少し遅れるだろうな。
DSCN0786fc2_20150616175140359.jpg
自宅の白いスミレを増やしている場所。少し前からこの小さな黄色い花がいっぱい咲いている。
DSCN0789fc2.jpg
ノウゼンカズラもいよいよ蕾を膨らませ、開花を待っているようだ。すでにアリが行列をつくって蕾に集まっている。
沖縄旅行も最後の日。
昨夕の首里城公園までの散歩で、暑さと登り坂に怖気づいた私は、早朝の首里城公園散策を諦め、朝寝坊となりました。
DSCN0751fc2.jpg
那覇の街は、通勤通学の流れが動き始めていました。
家族そろって、遅めの朝食を戴き、車で首里城公園へ向かいました。
首里城公園の地下っぽい県営駐車場へ車を停めて、昨日散策で来た守礼門を通り過ぎ、いよいよ首里城へ。
DSCN0755fc2.jpg
見事な石垣なんですね。私は30年前に来ているのですが、守礼門での記念写真の記憶しかなく、この立派な石垣も憶えていません。先日、TVで沖縄戦を報じていましたが、ここ首里城に司令部が置かれていた為、建物はもちろんでしょうが、石垣も砲撃等々でかなりのダメージを受けた様子が映し出されていました。この首里城と石垣、そして沖縄の人々が二度と犠牲となることがないようにしなきゃ。
P1060771fc2.jpg
場内に入ったところで、係員の方が写してくださったんですが、その場で確認もしなかったら・・・見事なピンボケでした。
P1060777fc2.jpg
琉球王国が大陸の大国とも日本とも、うまく交易していたことがわかりました。
P1060785fc2.jpg
首里城周辺の見どころを見て回りたかった気もしましたが、次回の沖縄旅行にとっておきます。
P1060786fc2.jpg
とにかく暑かったー。大陸からの団体客さんと重なったのも・・・ですね。
さあ、最後は国際通りでお土産です。
子供たちの案内で、お土産屋さんを梯子。一旦、買ったお土産を駐車場に止めた車へ。
嫁と娘は、まだショッピングしたいらしかったので、お二人で行動。息子と私は、暑い暑い国際通りのベンチで、道行く人ウオッチング。
二人が帰ってきて、みんなで牧志公設市場へ。
DSCN0757fc2.jpg
TVで見たことがある、豚顔と豚足のあるお肉屋さん。
ミミガーは昨夜はじめて頂きましたが、ビールに合いますね。
DSCN0756fc2_201506161709398b8.jpg
南の海の青いおさかなや赤いおさかな。
グルクンも昨夜頂きましたが、あっさりとしたおいしい白身のお魚。イセエビの仲間、平べったいエビ、大きな巻貝・・・おいしそうでした。
お土産を済ませ、車を返して、空港へ。
しばらくすると、友達がやって来てくれました。
DSCN0760fc2.jpg
30年ぶりの再会。全然変わっていなかったー。少しおつむに白いものが見えるが、お互い様だ。自営となって、ますます時間が大切な時期に、やりくりして会いに来てくれた。5年後、10年後に再会することを誓って別れた。
家族も、同級生のやさしい笑顔が印象に残ったようだ。

おしまい
沖縄で迎えた朝、子供も嫁もゆっくりと眠れているようだが、こちらは自宅同様に6時頃に目が覚めた。あまりにも早すぎるので、もう一度目を閉じて、ジッとしていた。
それでも、7時過ぎには辛抱たまらなくなって、一人起きだし、ベランダへ。すでに、お天道様が昇り、流れてくる風も生暖かくなっていた。
8時過ぎに、一家で朝食。
DSCN0668fc2.jpg
テラスでお食事された方が、立ち去ったら、小鳥がやってきて、果物の食べ残しを持って行った。私には、お腹がオレンジ色をしたハマヒヨドリに見えた。
さあ、今日は午前中にビオスの丘。午後からアクティビティとして、モーターパラグライダー体験だ。
ホテルからビオスの丘までは、30分もかからない距離。
ここは、ランの栽培と回遊公園になっていて、園内の池を観覧船に乗って遊ぶ。
DSCN0670fc2_20150615175156ac8.jpg
入口付近には胡蝶蘭が満載だった。これは、園内の周遊道に出たところで出迎えてくれたラン?
DSCN0671fc2.jpg
地味な花は、野生種のランっぽい感じ。
朝から陽の射すところは、歩くのをためらうほどの暑さだ。木々のつくり出す日蔭を歩くが、すぐに汗が噴き出す。
DSCN0672fc2_201506151751598e6.jpg
こんな感じの園内を、乗船場へ向かう。
P1060714fc2.jpg
乗船場で出発時刻になるまでに、かき氷をかきこみ、体を冷やす。
沖軽快な船頭さんの解説に、お客は大笑いしながらの南国の植物や昆虫を見る。
P1060720fc2.jpg
この園では、沖縄本島で水牛を見ることができる。
DSCN0677fc2_201506151752007f8.jpg
朝から、すっぽりと水の中へ入っている。気持ちよさそう。
P1060728fc2.jpg
コース途中に設けられた舞台(NHKのドラマ・琉球の風?で使われたそう)で、琉球舞踊を披露してくれる。
P1060727fc2.jpg
中国からの使者を迎えたときに舞って歓迎したそうです。踊り手はすべて男性だったそうで、官吏だそうです。写真の方は女性です。
P1060729fc2.jpg
船を下りて、牛車に乗ろうか?と歩いていると、お仕事を待つ水牛がお食事中でした。すぐ近くに、アグー豚とミニブタ、それから散歩させれるヤギが居ましたが、牛車の出発時刻には、今しばらく時間があるようで、この暑さの中で日蔭なしでの時間潰しもきついので、牛車は諦めました。ここは、時間をかけて、園内を散策すれば、いろいろと珍しい植物を撮影できたのでしょうが・・・
午後からのアクティビティの開催場所へ移動。
読谷村の嘉手納空軍基地近くの海岸へ到着。
P1060734fc2.jpg
すぐ前を、戦闘機や輸送機が離発着しています。本土では味わうことのない、軍事基地が日常の中に存在する異様さでした。
移動中、日本のパトカーと米軍対応のパトロールカーみたいな車両が、事件対応している光景にも出くわしました。
基地関係の米国人の運転する車両は、ナンバーの平仮名部分は「Y」になっているんですね。
さあ、いよいよ TAKE OFF。
P1060735fc2.jpg
簡単に説明を受けたら、ヘルメット・ハーネスを装着し、前席に。これは娘が飛び立つ直前です。
今回、飛ぶのは、私と娘です(嫁と息子は地上撮影班)。
P1060738fc2.jpg
あっという間に、上空へ舞い上がります(後で聞いたら、軽いと早く上昇できるそうです。私は時間がかかりました)
娘に続いて私もTAKE OFF。
DSCN0722fc2.jpg
想像してた怖さは感じません。宙ぶらりん感もなかったです。上空から眺める海の色は、きれいでした。
DSCN0699fc2.jpg
沖から風が吹いているので、沖に向かっているときは静止しているような感じでしたが、陸側に向かうと、滑るように滑空します。
嘉手納基地の滑走路(奥)と兼久海浜公園(手前)。
DSCN0688fc2.jpg
跡で、地上撮影班に聞くと、ランデブーしているように見えたそうですが、上空では結構な距離に感じていました。
P1060762fc2.jpg
10分程のフライトを終え、最後エンジンを停止し、滑空だけでストンとランディングできました。
初体験でしたが、気持ちのいいものです。次に機会があれば、モーターじゃないのに乗ってみたいですね。風の音だけする上空って、たぶん最高でしょうね。
この後、私の友達の自宅をナビ設定し、Let’s Go
大学時代の友達で、証券・保険業界で活躍、一級ファイナンシャルプランナーの資格をいち早く所得し、沖縄県内から九州にまで活躍の場を広げています。今年になって、独立開業したと聞き、一言お祝いを伝えたかったのです。
自宅に到着し、インターホンを押す。返事がない。
実は、私の計画が直前まで決まらなかった(アクティビティの時間と場所)ので、開業間もない彼の時間を縛ることになるのも気が引けたので、突然の訪問となっていたのです(6月に行くとだけは伝えてた)。
仕方ないので、お土産とお祝いの品を郵便BOXに押し込んで、メッセージを添えました。
今日のお宿は那覇市内。友達の家から30分ほど。
首里城まで1km程なので、夕刻に家族で散策に。
しかし、首里城までは登坂、日没は7時半頃なので夕方の5時頃はまだまだ日差しが・・・
DSCN0743fc2.jpg
守礼門まで行くと、汗びっしょりとなった。
子供二人は、元気に歩き、我々夫婦が少し遅れてついていくことに。下り坂となった帰り道は、子供たちに遅れないか、と思ったが、やはり子供たちの方が速い。
ホテル近くまで帰り、
DSCN0746fc2.jpg
お日様も西に沈みかかった。通りにあった居酒屋さんで夕食を戴いた。沖縄の郷土料理を堪能できた。
友達から電話があり、いろいろと気遣ってくれたが、明日のお見送りだけをありがたくお受けした。
明日は、30年ぶりの再会だ~。
2015.06.15 田植え・・・
11日から旅行に出かける、という田植えを迎えた農家にはあり得ないスケジュールを組み込んでしまいました。
なんとしても、11日までに代かきと田植えが出来るように準備を整え、代かきと田植えを頼れる後輩にお願いして出発。
土曜日に帰ってみれば、頼れる後輩が、完璧な仕事を遂行してくれていました。
DSCN0761fc2_201506150737440c0.jpg
心配してた水漏れもほとんどなかった、と。むしろ、水位が高すぎるほどで、少し落水したそうです。
DSCN0765fc2_201506150737462c2.jpg
あと植え用の苗を活けてくれています。しかも、苗箱まできれいに洗ってくれていて、只々感謝。
DSCN0768fc2.jpg
3日ほどしたら、あと植えに入ります。
2015.06.14 沖縄へ
家族で沖縄へ行ってきました。
6月11日、朝の便で発ち昼前に到着。
DSCN0633fc2.jpg
車を借りて、一路美ら海水族館へ。
今回の旅は、沖縄未体験の嫁さんの初沖縄、私の友達の開業の祝いサプライズ、沖縄の食を味わう、の3点に絞って行きました。
子供たちは、中学校の修学旅行で沖縄は体験済み。私は30年前の社員旅行で体験済み(美ら海も首里城再現もなかった時代)。
よって、嫁の希望を尊重し、第一に美ら海水族館へ直行と思ったのですが、レンタカー屋さんでのナビ設定を間違え、那覇市内をウロウロしてしまい、時間ロス。やっと高速に乗って西海岸へ。途中でお昼時間となり、「嫁さんの初沖縄」より先に「沖縄の食を味わう」から沖縄そば・ゴーヤチャンプルー・海ぶどうを戴きました。
美ら海は遠いなーと言いながら、やっと到着。
ここもチャイニーズパワーが席巻していました。
屋外プールのイルカショーに行くと、我が家族の前も後ろも、右も左も、広東語?が飛び交う中でのショーの幕開け。
P1060682fc2.jpg
イルカや、
P1060684fc2.jpg
クジラのショーを堪能し、屋内へ移動。
DSCN0657fc2.jpg
美ら海定番の大水槽前。ジンベイとマンタ。
ここで、日本人と中国人の歩き方の違いに気づきました。あちらの女性は、混み合ってても外股でグイグイと進んでいきます。日本人は、混み合ってたら、立ち止まっています。これで、会話を聞かなくても、ほぼ判別できました。
ホテルへ向かう途中、万座毛に立ち寄りました。
P1060690fc2.jpg
ここには、私も30年前に立ち寄っていましたが、いい加減な記憶だったことに気づきました。この写真の景色と、有名なホテルは向かい合わせにあった、と思い込んでいましたが、実際にはちょっと離れていました。
P1060706fc2.jpg
ホテルに入り、荷ほどきを済ませ、寛いでいると、夕日が東シナ海を染め始めました。しかし、この後は、水平線付近に雲が出てしまいました。
あすは、BIOSの丘とモーターパラグライダー体験、そして友達との再会です。
2015.06.08 花菖蒲
一昨日の夜、TVニュースで県内で花菖蒲が見頃を迎えたことを伝えていた。
昨日、仕事から帰り、夕刻の散歩でご近所の花菖蒲園へ向かった。
DSCN0608tfc2.jpg
ほぼ満開の見ごろだった。ここは、個人で休耕田をこうした形で楽しまれている。耕作放棄するのとは、大違いだ。

DSCN0605fc2.jpg
快晴だった土曜日。田植え前の草刈を行った。
DSCN0598fc2.jpg
お隣の耕作放棄地もご覧のとおり。
DSCN0601fc2_20150608074200b3f.jpg
あぜ道も水路も準備完了だ。
DSCN0593fc2.jpg
母は玉ねぎを一人で吊るしていた。
2015.06.03 ヒルガオ?
昨夜からの雨は、朝方には小降りとなり、昼頃には上がったようです。
中国四国地方も、本日、梅雨入りしたそうです。
水路には、あちこちから流れ込んだ水が溢れ、さっそくに暗渠部に詰まりが発生しているのに気付けました。長い竹竿を持ってきて突いたところ、無事に流れるようになりました。草刈した草が大量に流され、暗渠に詰まったようです。
午後4時前、ワンコと散歩へ。
DSCN0558fc2.jpg
水路脇に咲いていましたが、ヒルガオでしょうか?
DSCN0561fc2.jpg
帰宅後、ネットで検索してみると、コヒルガオというのにも似ているように見えてきて・・・???
お百姓さんにとっては、雑草扱いです。
DSCN0562fc2.jpg
これも増えてる雑草扱い。子持ちが増えていますね。
DSCN0563fc2.jpg
このタチアオイ、一重じゃないですよね。しかも花びらの先端にたくさんの切れ込みがあります。初めて見ました。道路脇の電信柱と塀の隙間に咲いていました。
DSCN0568fc2.jpg
法面の草刈を逃れて咲いたユウゲショウ訂正します、モモイロヒルザキツキミソウ。草刈する方により、生き延びれる花とそうでない花となるようです。
DSCN0566fc2.jpg
最後は、梅雨入りが一番似合う花ですね。
昨日、降雨に備えて排水口を閉めた田んぼは、今朝には満水となっていた。
DSCN0549fc2.jpg
朝、ワンコの世話に出るまでは、サギとカルガモがモーニングサービスにやって来ていた。
昨夜からの雨、しっかりと降ったようで、朝には傘なしでも歩けるほどになっている。
DSCN0551fc2.jpg
18cmを超える苗が半分ほど水没している。西の空に明るさが出ており、午後からは雨も上がる予報だが、昼前にはお天気も回復しそうだ。
DSCN0552fc2.jpg
ワンコ、水田のギリギリを歩こうとする。時々後ろ足を踏み外すこともある(笑)。
南の空には四国山脈にかかる雲が見える。
2015.06.02 ガマの花?
少々疲れ気味な体に、今日明日とお休みを与えることにしました。
でも、今晩からお天気が下り坂との予報なので、朝一で田んぼに化学肥料を施肥して、排水口を閉じました。
田植えは10日以上先ですが、昨年の秋以降乾燥させた田んぼの隅々にまでたっぷりの水を廻し、逃げ水の穴等を事前に察知しておく為に、早めに水を入れてみることにしました。
夕方に、田んぼを見回ると、
DSCN0536fc2_20150602165208dd7.jpg
苗代からあふれ出た水は南端の排水口まで到達し、西側へと広がり始めていました。
DSCN0533fc2.jpg
南端から見ると、こんな感じとなっており、まだ1/3位でしょうか?今夜からの雨に期待です!
田んぼの見回りを済ませ、菜園の水遣りも済ませると、ワンコとの散歩タイムです。
このところ忙しくて、あまり遠くまでは出歩いてやっていなかったので(息子が代わりに連れて出ていました)、恒例のコースへ向かいます。
少なくなった耕作田んぼでは、どこも田植えの準備が大詰めを迎えています。
畦シートの入れ直し、お隣の耕作放棄地の草刈等々が行われていました。
そんな耕作放棄地のところで、
DSCN0541fc2.jpg
ガマです。
DSCN0543fc2_20150602165223bcb.jpg
これって、ガマの花でしょうか?この画像を帰宅してPC画面で見て思いましたー、なんで、ガマの先端に煙を持ってこなかったんだ、と。
2015.06.01 体調不良に
昨日、仕事先で膝に怠さを感じました。
帰宅後、体温を測ると37.1度。平熱が36度くらいなので、少々熱がありました。
以前にかかりつけ医でもらってたとんぷくを服用して、おとなしくしておりましたが、今朝方おなかのにがりがあり脂汗まで出てきました。
朝、ご予約のお仕事を済ませると、速攻でお医者様へ。
寝冷えからの腸の炎症ということらしく、点滴をしてもらい、整腸剤や抗菌剤やらを戴いて帰宅しました。
仕事でも汗をかくことが多くなっているのに、適切に着替えしてなかったり、夜も暑くて寝汗をかいたままにしていたり、と反省点が多々あります。
気温が一気に真夏日となり、体も頭も対応が遅れていることを実感しました。
そんなでしたが、百姓仕事に病休もないので、昨日保温シートを外して、保護ネットをかけました。
DSCN0529fc2_20150601165958a0d.jpg
どれくらいの背丈になっているのか、と言いますと、
DSCN0530fc2.jpg
北側で13cmくらい、
DSCN0531fc2_201506011700015f1.jpg
南側に至っては、18cmくらいにまで伸びています。
しかも、ひとつの育苗箱内で生育のバラツキがほとんどない。
こんなことは、未だかつてないことです。
あとは、お天道様をたっぷりと浴びて、丈夫な苗になってほしい。