2015.11.26 伊勢太神楽
今年もお伊勢さんの太神楽がやって来る季節となった。
今朝、仕事に出る前の我が家にやってきた。
DSCN2333tfc2.jpg
獅子舞・笛・太鼓の3人一組が2組で各戸を廻り、3枚の御神札を配布します。剣祓(天照皇大神)・鎮火・伊勢太神楽守護の3枚です。
今日、頂いた書き物によれば、
「伊勢太神楽は、日本固有の古典芸能であり、国指定重要無形民俗文化財に指定される家元が五つ存在しております。その一つが家元「山本勘太夫」です。・・・・
この家元「山本勘太夫」の主な行事・祭事は、1月から2月は滋賀県・建部大社と江州、4月が和歌山県・隅田八幡宮と三重県・伊勢神宮、7月が大阪・泉州地域と波多神社、8月が岡山・備前、9月が大阪・堺、10月が大阪・金岡神社と長曾根神社と住吉神社、11月が岡山・備中、12月が三重県曽田神社、と記載がありました。
今年は、地元の荒神社(荒神様)にて神楽の奉納が行われます。仕事がなければ見学するつもりです。
天気予報通り、どんよりとした朝。
日中の気温も、上がらない。肌寒さを感じる気温だ。今年初めて、暖房を入れた。
DSCN2328fc2_20151125171357990.jpg
朝の散歩。先月草刈した跡に、マルハルコウソウが再び咲いた。雑草を刈り倒し、陽が射すようになったのが幸いしたのだろうか?
DSCN2330fc2_20151125171359538.jpg
セイタカアワダチソウも旅立つ準備が整ったようだ。
DSCN2331fc2_20151125171400fdb.jpg
土筆、次々と青いのが出てきているが、今回の寒波にビックリすることだろう。
DSCN2324fc2.jpg
先日、娘を迎えに最寄り駅まで行くと、駅前の木が電飾で飾りつけらてていた。さみしい駅前も、少しは華やかになったのかな?
今日は、お天気下り坂予報でしたが、朝は気持ちいいお天気となりました。
昨日まで続いたお仕事で、指がパンパンになってます。今日はゆっくりとして、また明日からに備えます。
お天気に誘われて、お昼前に田んぼに残る稲わらを燃やしましたが、下の方は湿っており、上手く燃えませんでした。
先日、顔を出し始めたオオイヌフグリやタンポポが見えたので、マクロ練習です。
P1080418fc2.jpg
タンポポの綿毛も一風吹けば、飛んでいきそうです。
P1080424fc2.jpg
花にピントを合わせていると、中から白い虫が出てきて、飛んできました。
P1080436fc2.jpg
タンポポの仲間のようですが、少し花が小さいですね。
P1080426fc2.jpg
タンポポの足元では、カタバミが草に隠れるように咲いてました。
P1080431fc2.jpg
つい先日、一輪のオオイヌフグリを見つけたばかりでしたが、細いあぜ道のあちこちに顔を出しています。
P1080451fc2.jpg
これは花粉でしょうか?
オオイヌフグリの向こう側には、
P1080440fc2.jpg
ホトケノザの群れ。
ホトケノザのお隣には、
P1080442fc2.jpg
せんだんぐさと
P1080447fc2.jpg
ぐんばいなずなの姿も。ぐんばいって、実なんですね!
P1080445tfc2.jpg
右下のぐんばいには、額でしょうか?花びらでしょうか?一片だけ残ってますね。左の花のなかには、ぐんばいが見えます。
カメラを前後させて、ピントを変えてますが、なかなかシビアな距離となりますねー。面白いです。
2015.11.20 マクロVS老眼
今朝は快晴で夜明けとなり、10時前から雲が多くなってきました。昨日と同じような展開でしたね。
帰宅する頃は、西の空に大きな雲の塊がありましたが、白い雲だったので、それほど暗くはなりませんでした。
帰宅後、母親が畑作用に貯蔵する稲わらを収納する場所を片づけていたのを一緒に済ませました。
年内の百姓仕事は、晩生みかんの収穫を残すのみとなりました。

今日も夕散歩へ。
DSCN2320tfc2.jpg
ススキの穂も、ずいぶんと熟れた、言うのでしょうか?ふわふわ感が出てきましたねー、そろそろ旅立ち近しでしょうかね。
DSCN2321fc2.jpg
こちらでは、ボケの花がたくさん咲いています。気温が高めなので、春先と勘違いしているのでしょうかね。
DSCN2322tfc2.jpg
ボケの花から通学路へ出ると、なんと!まだ露草が咲いてるじゃありませんか。すこしお辞儀してますが、11月20日の午後5時前ですよー。
今日のマクロ練習です。
P1080408fc2.jpg
駐車場の小さな菊に似た花。中心の花のどこに合わせようか?と迷いますね。
P1080415fc2.jpg
似たような構図ですが、こちらもターゲットを絞り切れていません。
P1080414fc2.jpg
蕾ですが、一本だけお辞儀した花びらを狙ってみましたが、ウーンですね。
老眼を何とかしなきゃ、モニターでの確認がしんどいですね。
昨日からの雨、今朝方は一旦あがり、8時頃には日差しも出ていましたが、8時過ぎから再び雨となりました。
天気予報では、一日雨となるようです。
朝の散歩で見かけたホトケノザと雫をマクロで捉えてみました。
P1080404fc2.jpg
最後の彼岸花も枯れたあぜ道には、ホトケノザが群れています。
P1080402fc2.jpg
マクロ練習にちょうどいい具合に、雨しずくがついています。
P1080393fc2.jpg
PCの画面で拡大してみると、自分の撮影する姿が写り込んでました。

朝から年賀状リストの作成と点検を行っております。
昨年、喪中はがきに用いたJPが提供している住所録を使ったリストが、ウインドウズを10に更新したら、消えちゃってました。
仕方なく、プリントアウトしていたリストを使って、別のフリーソフトの住所録にインプット。
今朝は、曇天の夜明け。しかも、生暖かいくらいの気温だ。
昨夜仕事だったのと、今日はお休みなので、久しぶりの朝寝もあり、目覚めたのも7時をずいぶんと廻っていた。
昨夜の仕事道具を片づけ終わる頃から雨となった。
昼前に、母親を歯医者へ送迎。
そういえば、昨夕の散歩写真を思い出し、今頃ブログを書き始める。
昨日は、暖かないいお天気に恵まれた。
同級生の柿を見てきた。
DSCN2307fc2_201511171638145e2.jpg
ちっちゃな柿も熟してきている。これは、富有柿同様に食べれるとのことだった。
DSCN2306fc2.jpg
こちらがその富有柿。
DSCN2308fc2.jpg
そして熟柿。完熟だ。すでに何個も落下している。
一本の柿の木に、3種の実をつけている。
ご陽気に誘われて、先日土筆の出ていた耕作放棄地へ向かう。
途中にある従兄弟の耕作放棄地で、ワンコのトイレタイムをしていると、
DSCN2310fc2.jpg
ここにも、たくさんのスギナと土筆が出ている。
DSCN2314fc2.jpg
このご陽気に春先と勘違いしてしまったのだろうか。
11月の中旬に土筆が出てしまうと、師走前になんだか忙しなさが増してきた。
DSCN2316fc2.jpg
帰りのあぜ道には、ホトケノザとオオイヌフグリが咲いてた(オオイヌフグリは大ピンボケ)。
2015.11.16 うららか
玄関の下駄箱の上に置かれたシャコバサボテン、10日ほど前から咲きはじめていた。
今朝、やっと写すタイミングとなった。
P1080390fc2.jpg
玄関が華やかになっていく。
昨夕の散歩からの帰り道、以前のブログでアップした柿、
DSCN2239fc2.jpg
実は、同級生のお父さんが育てているのもでした。昨日は、同級生のご夫婦が無人販売用のみかんをネットに詰めて準備しているところに遭遇。柿の名前をお聞きしたのですが、家に帰り着いたら忘れちゃいました。「百から、千がついたような名前だったんだけど・・・」。
さらに、驚いたことに、一本の柿の木に、この小さな柿と熟柿と富有柿の3種類の柿を実らせていたんです。接ぎ木してたんですねー。
昨日の八幡様境内から、
DSCN2293fc2.jpg
山茶花は、すでに落花も多数ありました。
DSCN2296fc2.jpg
木瓜は随分前から咲いていたからか?鳥にでも啄まれたのでしょう。
DSCN2298fc2.jpg
葉っぱの長い松がたくさんの松葉を落としていました。
DSCN2302fc2.jpg
八幡様の北側にある武道館前に咲いてます。
DSCN2300fc2.jpg
快晴だったのに、一滴の水滴が残っていましたね。
今日もいいお天気となりました。
今日の現場は、夕方からなのでのんびりとした朝を迎えました。
今日は、お休み。
朝から曇天。でも今にも降り出しそうな空模様。
ワンコに朝ごはんをやり、朝の散歩へ田んぼの周辺を歩いた。
昨夜からの雨が、咲き残っている彼岸花に最後の水滴をプレゼントしてくれた。
急いで、散歩を切り上げ(ワンコには迷惑な話)、カメラを片手に再びあぜ道へ。
P1080336fc2.jpg
足元は長靴なんですが、膝がつけないと結構手ぶれ量産でした。
P1080321tfc2.jpg
もっと近づきた~い・・・
P1080342tfc2.jpg
11月中旬まで咲き残ってくれた彼岸花に感謝。
P1080365fc2.jpg
草刈して低くなったお隣の耕作放棄地に、埋もれるように咲いていました。何でしょうか?
P1080367fc2.jpg
今シーズン初となるオオイヌフグリとご対面です。
明日は、ホントに晴れてくれるのかな?明日のお客様が心配して、お電話してくれました。
2015.11.12 日々
今日はお昼からのお仕事となり、朝はのんびりと。
DSCN2278fc2.jpg
立冬が過ぎた今は、あぜ道に彩は少ない。
DSCN2281fc2_201511121114390d1.jpg
まだ降霜には早いので、草も瑞々しい緑。
DSCN2285fc2_20151112111440d85.jpg
ホトケノザをバックに、タンポポが旅立ち始めている。
DSCN2286fc2.jpg
食卓にのぼる大根も、一日一日大きくなって・・・
明日明後日とお天気が下り坂らしい。稲刈りを終えた田んぼ、稲わらを畑作用貯蔵し、残りを野焼きするのだが、先日の雨に上手く焼けないままだ。再びの雨で、焼け残りが焼けるのが再び先となる。
2015.11.10 マクロレンズ
夕方の散歩で、すっかり稲刈りを終えた田んぼの中のあぜ道を歩いてみた。
DSCN2269fc2.jpg
黄色い花のナズナ。
DSCN2270fc2.jpg
こちらは、グンバイナズナ。
DSCN2273fc2.jpg
ススキは、葉と軸を紅葉させた。
先日のジャノメエリカを今日入手したマクロレンズで。
P1080290fc2.jpg
少々お勉強が必要なようですね。
P1080294fc2.jpg
ピント合わせがイマイチですね。
P1080302fc2.jpg
タデの小さな花のアップがお見せできるようになりたいなー。これは、三脚も要りますねー。
昨夜から霧が出て、今朝も霧の夜明けとなり、異様な暖かさにつつまれた。
雨が時々降る、という一日となったが、幸いなことにお仕事中は雨降りも中断してくれた。
午前中に吉備路からは距離のある総社市内で現場、午後からは倉敷駅近くでお見積りをさせて頂いた。
帰宅後、事務処理をしていると、ワンコからお誘いの声(ひと吠え)があった。
今にも降り出しそうな雲行きだし、お天気が悪い所為で午後4時にしては暗い。急いで、ワンコと田んぼの周辺を廻って、プレ散歩とした。
昨日・一昨日くらいから咲いた彼岸花が、黄昏のなかで妙に気にかかった。
ワンコに晩ご飯をやっておいて、急いでカメラを持ちだした。
P1080267fc2.jpg
最後に、水玉を連ねた彼岸花に再会できた。
P1080285fc2.jpg
これが、今シーズンの見納めでしょう。
立冬の朝、そんなに寒くなかった。
心配してた雨は、止んでいた。
午前中は、倉敷市内でお仕事でした。仕事中は雨にならず、助かりました。
DSCN2248fc2.jpg
お仕事を終えて、帰ろうとしたら、駐車場から母屋への径に置かれた鉢で咲いていました。今朝方の雨を、葉っぱに残したままで。
そう言えば、今日は岡山マラソンだったはずだが・・・お天気は大丈夫だったんでしょうかね。
帰宅後、お天気の崩れない間に、道具の後片付けやら明日の準備を済ませて、一服。
午後4時前からワンコとみかん畑まで散歩。
DSCN2249fc2.jpg
ビッシリとつけていたコムラサキも、残り少なくなってきていました。
DSCN2252fc2.jpg
ビワの花もいくつか残っていますね。
DSCN2253fc2.jpg
ビワの木に巻き付いているように見える、これって花ですかね?
DSCN2254fc2.jpg
ビワの足元で、真っ赤な南天の実。お正月を連想しちゃいます。
DSCN2258fc2_20151108172211650.jpg
一番下には、ツワブキも。
DSCN2261fc2.jpg
ヨモギの軸にくっついているのは???昆虫?モコモコしていて暖かそうです。
DSCN2262fc2.jpg
笹の葉の裏側にとまっモンキチョウかな?飛び立つ姿も、弱々しかったです。
DSCN2264fc2.jpg
以前も、ここで見かけた名前の判らない実。決して美味しそうな色じゃないですが、きれいな色ですね。
DSCN2268fc2_20151108172217626.jpg
季節外れの皇帝ダリヤと言っていいのでしょうか?
先日最後の彼岸花と掲載したあと、もう一株蕾が出て来て、今朝にはしべを出し始めていました。
立冬とは言え、生暖かさを感じる朝だったり、屋内とは言え、長袖では汗をかく気候。油断大敵ですが、対応が難しい時候です。
2015.11.06 脱穀 終~了
午前中、近場でお仕事でした。
明日から月曜まで、お天気は下り坂予報。
今日、帰宅後に脱穀するか?雨予報の月曜以降で脱穀するか?悩ましいところです。
昼過ぎに帰宅すると、後輩が脱穀していました。
後輩は、私の従兄弟の田んぼを請け負って耕作しており、そのお米(モミ)がすでに我が家の納屋に積まれていました。
貯蔵庫に収める都合で、我が家のモミを奥に収め、従兄弟のモミを手前に収め、年内に玄米にする予定なので、我が家も脱穀することに決定。
急いで、スズメ除けネットを外し、ハーベスタを準備し、脱穀しました。
隣り町で桃を栽培する従姉妹に、稲わらを取りに来るように連絡するのが精一杯で、写真の一枚も撮れませんでした。
あ~あ、疲れました。
2015.11.03 小さなもの
文化の日。
朝から最高の秋晴れとなった。
昼過ぎまでお仕事を頂戴しており、街路樹の紅葉を楽しみながら、お仕事に精を出しました。
夕方4時過ぎ、ワンコのお誘いで散歩へ。
DSCN2238fc2.jpg
これ何だか判ります?

そう、柿のようです。

DSCN2237fc2_20151103171138f4d.jpg
手前のが一般的なサイズの柿ですよね。
どれくらいの大きさか?と言えば、
DSCN2239fc2.jpg
私の親指の爪よりちょっとだけ大きいサイズです。
しかも鈴なりです。なんて言う品種なのでしょうかね。甘いのか?渋いのか?食用?観賞用?いろいろと疑問が残りますが、ネットでも様々な小さいサイズの柿を見ることができ、品種を特定するのは難しそう。
小さいつながりで、
DSCN2240fc2.jpg
ジャノメエリカが咲き始めました。
次の日曜が立冬ですから、こんな花たちが顔を見せるのでしょうね。
もうひとつ咲き始めたのが、
DSCN2242fc2_201511031711422c1.jpg
ユキヤナギ。
土筆が顔を出したり、彼岸花が咲き残ってたりしますが、確実に冬が近づいていますね。