2016.06.29 梅雨末期?
よく降りますねー。
九州地方の雨、関東へ振り替えてあげれば、と思います。
瀬戸内もよく降り、そこかしこで土砂崩れ(小規模ですが)が多発しております。
田植え前から水には不自由しておりません。
九州地方の豪雨や瀬戸内の降り方を見ていると、梅雨末期かな?と感じます。しかし、まだ7月にもなっておりませんから、梅雨明けと言うことはないでしょうね。
午後、仕事から帰り、雨が上がったようなので、ワンコの散歩にお付き合いです。
DSCN3419fc2.jpg
昨日の夕方、雨が降らないうちに田んぼの周辺の草刈を行いました。セグロセキレイが遊びに来ました。
DSCN3424fc2.jpg
先ほどの散歩で、たっぷりの雨露をまとったネジバナが少々重たそうに小首を傾けていました。
DSCN3426fc2_2016062917540947b.jpg
出来立ての水滴がたくさん、葉っぱに乗っています。
DSCN3429fc2.jpg
今年は、散歩コースのアジサイの彩がイマイチの感じです。
DSCN3435fc2.jpg
先日の豪雨で、上流で土砂崩れがあり、大量の土砂で埋まった用水路。一昨日の午後に、ボランティアで土砂掻き出しに参加し、半分程度までになっていましたが、昨日からの豪雨ですべて流されたようですね。
P1100310fc2.jpg
我が家のノウゼンカズラも満開を迎えているようです。
P1100318fc2.jpg
オクラの第一号です。週末には食べれそうです。
P1100330fc2.jpg
お天道様と雨水が苗を育んでくれてます。どちらが欠けても、上手く育ちません。どちらも程々にお願いします。
2016.06.26 日曜午後散歩
午前中の打合せ、田舎を出て都会で働く方から、残されたご実家のお手入れの相談でした。
私より少し若いですが、同年代の方で、他人事じゃないですね。私はUターンしましたが、都会で働く地方出身者にとり、田舎の実家や土地をどうしていくのか、大きな問題ですね。
私にできる範囲で協力させていただくことになりそうです。

夕方、まだ日は高かったですが、ワンコと先日草刈したみかん畑の様子を確認しながらの散歩へ。
DSCN3403fc2.jpg
同級生の家の庭先。
ミカン畑は、草はまだ大丈夫でしたが、お隣から侵入してきている竹がまたまたそこかしこでニョキニョキと顔を出して来ていました。次の晴れ間に出動ですね。
DSCN3406fc2.jpg
ダリア。もっと大きな花を想像していましたが、私の手のひらの半分ほどの大きさ。
DSCN3407fc2.jpg
幼い頃、遊びに来たお家。今は誰も住んでいませんが、季節毎の草花が賑わってます。
DSCN3408fc2_2016062618321015a.jpg
草ぼうぼうとなったお庭に、草をかき分けレインリリーでしょうか。
DSCN3410fc2_20160626183211efa.jpg
二軒並んで、今は誰も住んでいませんが、草花は健在です。
DSCN3411fc2.jpg
無人家屋、傷みも早いでしょうし、お手入れもなかなか大変そうです。車のアクセスが良ければ、取り壊すのも簡単ですが、徒歩でしかアクセスできない家屋は大変です。ここは取り壊された跡地。
DSCN3415fc2.jpg
アジサイも色が様々でした。
DSCN3416fc2_20160626183306fcf.jpg
先日の日本料理屋さんの駐車場。青空に負けない鮮やかな桔梗がつぎつぎと開花。
久々の快晴の日曜日となりそうです。
今日は、お昼前に打合せで笠岡市内へお邪魔します。時間があれば、帰路は干拓経由で、と思っておりますが・・・
P1100285tfc2.jpg
日課の田んぼの見回り中に発見。動かすと落ちそうなので、仔細は判りませんでしたが、葉っぱの裏表にくっ付いているのでしょうね。
P1100286fc2.jpg
田んぼの中には、随分と水中生物が増えてきています。よく目につくのは、アメンボとオタマジャクシ。他にも・・・
P1100305fc2.jpg
雨とお日様が苗を育ててくれています。お水を切らさないようにしてやり、あぜ道の草刈をするくらい、が今の仕事です。
昨夜は、避難勧告のような指示が出ていました。今朝方の7時に解除されました。
傾斜地の土砂災害の危険性が高かったようですが、幸いなことに被害はなかったようです。

P1100261fc2.jpg
玄関を出ると、昨夜までの雨風でたくさんのノウゼンカズラが落花していました。
毎朝の日課となってる田んぼの見回り観察に。
P1100274fc2.jpg
あぜ道にも露草が咲き始めました。先日までは、みかん畑等で見かけていましたが、ついに田んぼ周辺にまで降りてきたようです。
P1100279fc2.jpg
我が家の田んぼ周辺のあぜ道には、ネジバナもヒメギキョウも咲いていませんので、今は黄色と青色の2色ですね。

今日は、これからお仕事へ行ってきます。
夜中3時前、窓ガラスを叩く雨音を夢心地で聞いてた。こんなに降って、今日は天気予報が外れて雨になるかな?と思っていた。
6時半過ぎ、障子からお天道様の明るさが判るほどのお天気となっていた。
しかし、随分と降ったようだ。
九州では犠牲者も出たようで、ご冥福をお祈りする。

朝からのお仕事は、好天に恵まれ、思った以上に捗った。ありがたいことだ。
午後から、昨日のお仕事のカギ返却と集金に出かけた。
帰宅後、水嵩が増した田んぼで、苗継ぎを行う。手植えした苗で、上手く根付かなかった物を新しい苗と差し替える。
4時前に終了したら、ワンコが散歩に誘ってくれた。
DSCN3389fc2_2016062117084368a.jpg
ガマが和ロウソクのような穂を形成した。
DSCN3392fc2.jpg
競争相手のいない道端に次々と出てきているネジバナ。
DSCN3398tfc2.jpg
こんな小さな花の蜜を求めてやってきている。
P1100238fc2.jpg
散歩から帰ると、青空をバックにオレンジ色が鮮やかだ。
P1100230fc2.jpg
逆光での透かしも素敵だ。明日から再びお天気は曇り&雨となるらしい。
今朝は、6時過ぎからジャガイモ掘りを行いました。
昨日の天気予報で、かなり暑くなりそうだったので、7時頃までの涼しい時間帯に済ませたい、と。
昨日二畝だけ掘りましたが、残り四畝のうち三畝はよかったですね。事前に施肥した発酵鶏糞が効いたのか?あるいは、たっぷりと混ぜ込んだもみ殻が効いたのか?素人百姓には勝因すらわかりません。ビギナーズラックのようにも思えます。
今日くらいで周辺の田植えは、ほぼ完了したようです。明日からはお天気も下り坂となるようですから・・・
午後3時過ぎ、まだまだお天道様がカンカンで暑かったですが、ワンコがしきりに散歩を誘ってきます。
水田の上を吹き抜ける風が大変心地いいです。
DSCN3357fc2.jpg
道端にネジバナが顔を出しました。
DSCN3367fc2.jpg
幾度かの草刈を逃れ、競争相手の少なくなった道端にニョッキリと伸びてきています。
DSCN3364fc2.jpg
こちらも草刈難を逃れたヒメギキョウが群れていました。
先ほど、妻が庭のプランターに植えてるキャベツを収穫しました。畑に植えたものに比べると半分ほどの大きさですが、重いそうです。
DSCN3371fc2.jpg
... 続きを読む
2016.06.17 水田の朝
今朝の窓の外の様子です。
P1100212fc2.jpg
うす曇りですが、恥ずかしそうなお天道様が水田にも顔を出してます。

今年は、昔ながらの手植えで田植えしました。
昨年までの機械植えでは、苗の列方向の密度が高くなりますが、手植えでは正方形の四隅に植えることになりますから、ガラガラ感があります。下の写真が昨年の田んぼです。
DSCN0815fc2.jpg
これだけ苗の密度が違ってきます。
... 続きを読む
今朝、目覚めて外に出るとピリピリ程度の雨が降っていた。ワンコにエサをやって、朝食も後回しにして、田植えの続きに取り掛かった。
P1100201fc2.jpg
ウン十年ぶりの手植えによる田植えも完了した。
P1100203fc2.jpg
手植えするための道具を作るところから始まり、昔の記憶をたどりながら、ホームセンターで使えそうな50メートルの紐、紐を巻き取る鉄杭、目印となる赤色結束バンド、を購入。竹竿二本と50メートルの紐に、50cm毎に赤色結束バンドを留めて紐を鉄杭に巻き付けて完成させた。
記憶では、昔はおそらく間隔が1尺だったのではないかと思うが、今回は広めに50cmとした。
P1100204fc2.jpg
頭の中では、50cm四方で縦横斜めに苗が整列していたが、実際には微妙なズレが発生した。しかし、ウン十年ぶりにしては上出来だったのでは、と自己満足している。
手植えして気づいたが、機械植えに比べて、苗が圧倒的に少なくて済んだ(広めに50cmとしたことを考慮しても)。
このあと、朝食を摂り、みかん畑の草刈に出動。途中から雨粒が大きく、多くなってきたが、何とか済ませることができた。
今年も、何とか田植えを終えることができた。
... 続きを読む
朝から田植えを行っています。
久々の手植えとなるため、先日から手植えする為の苗と苗の間隔を決める竹竿とロープを準備。
お昼までに約半分、お昼後一休みしてから残り半分の1/3くらい植えたところで、膝が笑い出しましたので、本日の作業はここまでとしました。
DSCN3352fc2.jpg
笑い始めた膝でワンコと散歩へ。アジサイも咲き、水田に水が張られ、6月の景色ですねー。
P1100192tfc2.jpg
ワンコと帰宅すると、我が家の田んぼに訪問者が。先日のペアでしょうか?盛んに水中の草を啄んでいるようです。草取りのお手伝いに来てくれたようですから、そっとしておきましょう。
P1100197fc2.jpg
そういえば、田植え後にカルガモじゃないですが、アイガモのヒナを放して除草させる農法がありましたね。こちらは親鳥ですから、即戦力ですね( ^o^)<ンンンンンンンンンンンンンンンww
2016.06.14 本日、代かき
快晴の朝、朝食を摂ってると、後輩がやって来て「仕事の都合で今日代かきする」と。
朝食もそこそこに代かきの準備を済ませる。
P1100168fc2.jpg
水が多すぎた為、水位を調整の上早速に代かきを行ってくれた。
P1100171fc2.jpg
これで明日にも田植えができることになった。
久しぶりの手植えによる田植えだ。疲れが出ない程度に、何日かかるかわからないが、気楽にやっていきたい。
2016.06.13 予想外の雨量
昨日からの雨、水曜日に田んぼにため池の水を抜く前に溜めれれば、と思い水路からの取水口を開け、田んぼの排水口を閉めておきました。
一夜明けてみれば、田んぼは満水となり、あぜ道を越えて溢れていました。慌てて、排水口を調整し、水位を下げるようにしました。
P1100161fc2.jpg
早朝からのお客様でした。
午前中にお仕事でお邪魔しましたお客様のところで、
DSCN3333fc2.jpg
淡いピンクのガクアジサイと水滴を身にまとい活き活きとした葉っぱ。
DSCN3338fc2.jpg
ここでも桔梗が咲いていましたが、明日にでも咲きそうなつぼみに7粒の水滴が上手につかまっていました。
DSCN3341fc2.jpg
午後からのお仕事も済ませ、帰宅。天気予報とは違って、晴れ間→くもり→雨→晴れ間→くもり・・・を繰り返しております。
今日明日とお天気は下り坂予報。
朝食用に茄子をひとつ収穫しようと菜園へ。
P1100155fc2.jpg
花が次々と咲いてるトウモロコシ、よく見るとすでにおひげが出ているじゃありませんか。
更に観察してると、
P1100156fc2.jpg
茎に害虫が侵入し、食害にあったものが。このあと、根元から切断廃棄しましたが、そろそろ実が太り始めるので、害虫対策も考えなきゃ・・・でも、農薬はあまり使いたくないので、竹炭酢の希釈液を噴霧しておきました(気休め程度かも)。
害虫といえば、
P1100158fc2.jpg
メロンの花なんですが、
P1100159fc2.jpg
母親がウリバエと呼んでる害虫です。
トリミングしますと、
P1100159tfc2.jpg
こんな虫です。
キュウリ・メロンの葉っぱを食します。捕まえようとすると、飛び立ちます。
同じく竹炭酢の希釈液を噴霧し、少し動きが鈍くなったところを指で潰しています。
希釈液が薄すぎると、効果はなく。濃すぎると、植物が枯れます。しかも、効果は長続きしませんから、毎日か一日おきに噴霧しなきゃなりません。
今は害虫だけですが、トウモロコシやメロンの実が大きくなってくると、カラス対策も必要。ネットで覆い隠すのが一番確実かなー。
2016.06.11 初桔梗
来週の水曜日にため池の水が抜かれるので、それに合わせての田植え準備が急ピッチとなっている。
すでに水を溜めて、代かきを行う人。
あぜ道の草刈・刈った草を燃やす人。
代かき前の化成肥料を散布する人。
我が家もほぼ準備が完了し、あとは苗を移植する直前の予防を残すのみとなった。今年はどんな米作りとなるのだろうか?
自然災害・害虫被害がないことを願うが、あとは八十八回の手間暇をタイミングよく掛けれるかどうか。

夕方の散歩で、桔梗に出会った。
DSCN3324fc2.jpg
我が家のキキョウにはまだ蕾さえ付いていないが、ご近所の料理屋屋さんの駐車場に咲いていた。
DSCN3327fc2.jpg
何て言う草なのか、知りませんが、草刈した跡に出て来た。私の眼には、線香花火のように見える。
DSCN3323fc2.jpg
毎年年末から年始に土筆が生えてくる耕作放棄地に咲いてた。
DSCN3330fc2.jpg
昨日今日の好天で、トウモロコシも一斉に開花した。
DSCN3322fc2.jpg
白スミレが終わった駐車場は、デージー?で一杯となった。
昨日は、梅雨の合間の快晴となり、かなり蒸し暑かったですね。
岡山市内の一般家庭でエアコンの中をきれいにしてきました。購入背設置して10年以上になるそうですが、一度も洗浄したことがなかったそうで、墨汁のような洗浄液が出てきて、きれいになりました。
田舎と違って、街の住宅はお隣との距離感が近いうえに、密度が高いから年間を通してエアコンをご使用になる頻度は高いそうです。匂いが気になったり、効きが悪いかな、と感じたら一度エアコンの吹き出し口から中を覗いてみてくださいね。

帰宅後、田んぼの周辺の機械では刈れない箇所の草刈を行いました。
P1100148fc2.jpg
先月アヤメが咲いてた前の菜園にショウブでしょうかね。アヤメより大きな花です。
P1100150fc2.jpg
白系とこの紺系が咲いてます。
このあと、トウモロコシと枝豆に土寄せを行いました。
P1100145fc2.jpg
午前中のお仕事に向かっている時、橙色のノウゼンカズラが満開になっているのを見かけましたが、我が家のはご覧通りに硬そうな蕾です。でも、すでにアリたちが集まってきています。
2016.06.09 田植え前
今朝方は、雨が降った。未明までは降っていなかったようだが、10時頃には上がった。
いよいよ来週には田植えを予定。
今年の苗の状況は、
P1100132fc2.jpg
こんな感じです。
例年、よそ様より生育が遅めなので、約10~14日早めにモミを浸けているのですが、今年は思いのほか生育が順調に進み、背丈が機械植えできないほどに伸びました。
しかし、
P1100135fc2.jpg
約2パレット分で発芽不良を起こしました。我が家がモミ撒きを済ませた後から聞いたのですが、昨年使った培養土の残りを敷き土として使うと、理由は不明だが発芽率が極端に悪くなる、と。
我が家も、昨年の残り培養土を2パレットに敷きましたから、ご指摘通りになったようです。また一つ賢くなりましたから、来年に活かしたいと思います。
でも、田植えする分には十分な量の苗が育ってますから、問題ないでしょう。
P1100136fc2.jpg
昨日の夕方、田んぼの周りと菜園の周りを草刈しました。ただ、見ての通り、田んぼに雑草が多いですね。今年は、冬に耕うんする回数が少なかった為、どうしても雑草が生えやすかったようです。これが、田植え後にどう影響するのか?しないのか?
今年は、機械植えを諦め、手植えするつもりですから、その影響も不明ですね。
P1100137fc2.jpg
ここ数日の降雨で、いつでも代かきできるほどに水も溜まりました。

ここからは、昨日一昨日の散歩からです。
DSCN3307fc2.jpg
トウモロコシに花が咲きました。
DSCN3310fc2.jpg
DSCN3311fc2.jpg
昨朝の散歩で出会ったアサガオですかね?
DSCN3314fc2.jpg
今年は、色鮮やかなアジサイに出会っていません。
DSCN3316fc2.jpg
散歩途中のお宅のお庭です。
DSCN3320fc2.jpg
駐車場入口のバラ。これくらいの状態が好みですね。
P1100141fc2.jpg
先日色づいたミニトマトが子供と嫁の口の中へ。続いて色づき始めました。
2016.06.05 雨上がり
日曜日でしたが、朝から3時頃までお仕事でした。
昼過ぎまで雨が残り、帰る頃には雨も上がりました。
道具の後片付けを済ませ、明日の準備を終えてから、菜園でナスとキュウリの手入れを行い、水滴一杯のあぜ道へGO!
P1100100fc2.jpg
草刈されたあぜ道には地を這うような草しか残っていません。そんな背の低い草の葉っぱに無数の水滴が。
P1100106fc2.jpg
転がらないで、何とか留まっていますね。
P1100111fc2.jpg
こちらは葉っぱじゃなく、安定感のありそうな場所に溜まりましたね。
P1100118fc2.jpg
逆に安定感のなさそうに見える水滴。でも、スギナの尖がった袴に突き刺さるように留まっています。
P1100124fc2.jpg
やっとプチトマトが色づき始めました。
今日6月4日、九州・四国・中国地方が梅雨入りしたらしい、とのこと。
雨が降っていない朝のうちに、田んぼやら菜園の作業を。
DSCN3295fc2.jpg
先日からウリバエに葉っぱをかじられていたキュウリとメロンに、竹炭酢の希釈液を噴霧した。少々希釈率が濃すぎたようで、白く枯れた部分が出てしまった。もう少し薄めにして回数を増やす使い方の方が良さそうだ。
DSCN3286fc2.jpg
今のところ順調なトウモロコシ。やっと穂が出てきた。
そんな夏野菜たちの足元には、次々と雑草たちが伸びてくる。
草刈機で刈ったり、水遣り後に草取りしたりするが、草の勢いに追い付かない状態だ
DSCN3289fc2.jpg
DSCN3290fc2.jpg
DSCN3292fc2.jpg
DSCN3293fc2.jpg
このあと、田んぼの畦沿いに手入れと苗床への導水と午後からの雨を想定し、水路の調整を行う。
昨日の夕方、ワンコとの散歩でアジサイとアヤメを見てきました。
DSCN3271fc2.jpg
西側に移動してますが、まだ高いお天道様。ちょうど和ロウソクみたいなガマの穂の天辺に点けてみました。
DSCN3272fc2.jpg
農作業が着々と行われ、草刈後の草焼きの煙が立ち上っています。
DSCN3279fc2.jpg
袋掛けしていない桃の実です。
DSCN3278fc2.jpg
アヤメ園じゃなく、個人の方が休耕田を転用して楽しまれています。
DSCN3275fc2.jpg
淡いピンクまじりのアジサイ。
DSCN3280fc2_20160602123053004.jpg
咲き始めたばかりなようですね。
DSCN3281fc2_201606021230559ce.jpg
ガクアジサイも咲き始めて間もないようですね。
2016.06.01 朝から草刈
今日はお昼からの打合せの為、朝から旧住いの草刈に出かけてきました。
かつての菜園だった畑、周辺の畑(よそ様の)も我が家と同様で手入れをする方が居ないようで荒れ放題となり、雑草、梅・柿の木、孟宗竹が大挙して我が家の畑へ押し寄せてきている。草刈しながら、境界線を越えて侵入したものを強制排除する。
菜園跡を終えたら、旧住いへ。
DSCN3261fc2.jpg
ドクダミ(十薬)の園になっていた。数年前、隣家への配慮で、取り壊した納屋の廃材を野積みしており、その廃材を覆い隠すようにドクダミが繁茂している。
DSCN3255tfc2.jpg
たった一輪だが、露草が咲いていた。
DSCN3262fc2.jpg
隣家へ通ずる小路沿いを草刈していると、かつての庭でバラが。
梅雨入り前にすっきりとできた。次は梅雨明け頃に再び草刈となる。
DSCN3265fc2.jpg
帰り道、主の居なくなったよそ様のお宅の栗の木が満開を迎えていた。
田舎の高齢化はすさまじいスピードで進んでおり、お年寄りが居なくなると、住まいや畑や田んぼは瞬く間に荒れ放題となる。かつての田園風景は過去の物となってきている。