7月の最終日は日曜日となりました。
朝、お仕事へ行く準備をしていると、電気メーターのところからヒョウモン蝶が出てきました。
DSCN3632fc2_201607311711149fe.jpg
そういえば、数日前にグロテスクな幼虫が這い回っていたのを思い出しました。まだ蛹がいるかな?
DSCN3634fc2.jpg
居ましたー。
結果、
DSCN3636fc2.jpg
白いスミレの葉っぱは、無残な姿に!
お昼過ぎに帰宅。
後輩の作る田んぼからの漏水を発見。あぜ道を田んぼに沿って、モグラの穴が。
お米を作るって、虫やモグラやスズメとも戦うことでもあるんですね。
一休みしてると、にわか雨。少しだけ涼しさを運んできたが、その後から蒸し暑さの倍返しだ~。
蒸し暑さのなか、ワンコと散歩へ。
DSCN3656fc2.jpg
久しぶりに八幡様まで。
この暑さに人っ子一人いなかった。でも、お隣の武道館では、少年団の空手を習う子どもの声が聞こえてきていました。暑いだろうな~。
DSCN3653fc2_20160731171240291.jpg
境内の夾竹桃。
DSCN3652fc2_20160731171238f8b.jpg
八幡様のお隣のお宅の塀から飛び出たサルスベリ。
DSCN3651fc2.jpg
同じオタクのブラシの木。強剪定されたようで、寂しい位にしか咲いていない。
DSCN3650fc2_20160731171207a45.jpg
渋柿がこんなに大きくなってる。秋ももうすぐ足音が聞こえてきそうな気がするね。
DSCN3649fc2.jpg
白いサルスベリ。
DSCN3648fc2.jpg
タカサゴユリ。そろそろ開花しそうですね。
DSCN3647fc2.jpg
あらー、カボチャが通学路のフェンスに。
DSCN3646fc2.jpg
まだコムラサキが咲き残っているんですね。
DSCN3645fc2.jpg
ピントが大外れですが、数珠がすでに実を膨らませていました。茶色になるのは、8月末?いや9月かな?秋の先頭ランナーの姿が見えましたね。
お盆を迎えるため、今朝方墓掃除に行ってきました。
6時前、家の周りはすっかり明るくなっていました。
今日の日の出は、5時15分位でしたが、お墓の周辺は、
DSCN3584fc2.jpg
丘の西向き斜面に位置するお墓は、まだお日様が御出ましじゃありませんでした。
お墓の上空にぽっかりと開いた空間からは青空が。
DSCN3577fc2.jpg
背の高い木々の葉っぱには陽が射していますね。お掃除が終わる頃には、お墓にも陽が射すでしょうか?
DSCN3588fc2.jpg
次々と攻めてくる蚊の集団と格闘しながら、墓所の掃除、墓石の掃除を済ませ、墓所への小路を掃除してると、木漏れ日が射してきました。見上げると、
DSCN3592fc2.jpg
最後に、六地蔵を洗って終了しました。
帰り道、みかん畑を点検。
DSCN3594fc2.jpg
ピンポン玉とテニスボールの中間位にまでなったみかんもチラホラ。
DSCN3596fc2.jpg
このあたりは、ピンポン玉大です。摘果が必要な気もします。
帰宅後、田んぼの水管理へ。
DSCN3607fc2.jpg
丸一日で、やっと田んぼ全面に到達しましたね。たっぷりと溜まるまでには、もう半日かかりそうです。
DSCN3606tfc2.jpg
お水が満たされてきた田んぼは天然クーラーで涼しいです。

お昼を過ぎても、田んぼの水が増えてきません。上流の用水路分岐点を確認しに行くと、止められていました。
急いで止水栓をずらし、分水するようにしました。
どうやらため池の栓を抜いて導水しているらしく、我が家への分水路を完全止水したらしいです。
このあたりの感覚と言いますか、思考回路が未だに理解できません。後からやって来て、よその田んぼが導水しているのを止めて、自分ちにだけ導水する、って感覚。
DSCN3627fc2.jpg
夕方になって、やっと満水となりました。途端に雨がポツリポツリと降りはじめました。
気温を下げる夕立となればありがたいですが、蒸し風呂になる可能性も・・・
DSCN3617fc2_20160730182442db5.jpg
イヌタデ。
DSCN3618fc2.jpg
シロツメクサ。
DSCN3619fc2_20160730182445a64.jpg
アカツメクサ。
DSCN3620fc2.jpg
ご近所の料理屋駐車場で、芙蓉の蕾?
DSCN3622fc2.jpg
ここのマツバギクは夕方でも咲いていました。
早朝出動から長い一日になりました。
今朝方、後輩がやって来て「土用干しもそろそろじゃなー」「苗が水を欲しがっとるようにみえるでー」とアドバイスくれた。
遅めの朝ごはん中だったので、食後に水を充てる準備に取り掛かる。
その前に、一枚だけ。
P1100593fc2.jpg
田んぼの表面に亀裂が走り、白く見えている箇所はアオモが乾燥して白くなっている。それでも、苗たちは地中から水分を吸い上げ、葉先にオシッコの水滴をつけている。逆光では、蛍のようにきれいにみえる、と自己満足。
P1100591tfc2.jpg
水を充てながら、先日の刈った草が適度に乾燥したので、かき集めて火をつけておいた。害虫駆除のためにも。

夕方4時過ぎ、帰宅。
DSCN3568fc2.jpg
朝から8時間前後で、まだまだの様子。
DSCN3571fc2.jpg
低地はそこそこに溜まってきているが、全体の半分も溜まっていない感じ。
DSCN3573fc2.jpg
ひび割れた地中にまで行き渡るようになるには丸一日はかかりそうですね。
DSCN3576fc2.jpg
ひび割れた地中を流れて、地表には流れた水はないのに突如窪みに水が出てきている。
明朝にはある程度溜まっているでしょう、途中で止められなければ・・・
2016.07.28 ゆう散歩
朝からお風呂掃除の現場でした。おそらく築30年くらいの一般的な浴室でしたが、過酷なサウナ状態でした。
お昼を戴くと、睡魔に襲われ、小一時間ほどのお昼寝となりました。
お昼寝から覚め、田んぼの観察に行くと、閉めているはずの取水口から水が入り始めていました。
慌てて、水路の堰を開放し、取水口前に土嚢を入れておきました。
おそらく上流の田んぼで、導水され、溢れた水が廻ってきたのではないか、と思います。
P1100582fc2.jpg
これは田んぼの隣の耕作放棄地に現れたモグラの痕跡。あぜ道に近いところだと、漏水する危険もあり、要注意です。
P1100584fc2.jpg
昨日、枝豆を少しだけ収穫しましたが、落花生の成長を阻害しそうだったので。すでに地中に伸びていますね。
DSCN3556fc2_20160728185719cf0.jpg
耕作放棄地周辺の水路は、セリが次々と開花してます。
DSCN3559fc2.jpg
ヒメジオンでしょうか?花が随分と小さくなったように思います。
DSCN3560fc2.jpg
何の穂でしょうか?すでに旅立ったのでしょうか?
DSCN3561fc2.jpg
ため池の土手までやって来ました。ハギの花ですよね。
DSCN3564fc2.jpg
夕焼けスポットでしょうか?
DSCN3566fc2.jpg
四国上空にはうっすらと雲がかかって、そのうえに積乱雲でしょうか。
DSCN3567fc2.jpg
もう、ニラの花ですね。
昨日、9月に予定する法事の段取りにお邪魔した先で見かけた。
DSCN3545fc2_20160727113827861.jpg
フジバカマでしょうか?
DSCN3546tfc2.jpg
ブログで拝見する花しか知りませんので、目にした現物がフジバカマなのか???
DSCN3549tfc2.jpg
三時草も咲いていました。
DSCN3552tfc2.jpg
水路で見かけましたが、セリの花でしょうか?
DSCN3554fc2_20160727113845b51.jpg
土用干し中の田んぼ。端っこからひび割れてきてますが、真ん中あたりにはもう少し水が残っています。昨夜少しだけお湿り雨があったので、今日のお日様でも乾ききらないかな?
どうも寝冷えっぽい怠さに参ってます。夜、網戸にしたままでは、明け方には寒いし、閉めると寝付くまでが暑いし、いろいろ試して、網戸を少しだけにして、障子も少しだけで、外気が緩やかに入る程度で、扇風機のタイマーで室内上空の空気を攪拌しています。
昨夜はタイマー設定を忘れたらしく、冷えすぎたようです。
昨日、田んぼの排水口を全開にしました。土用干しです。
株の分けつ(株数が増える)もほぼ終わったようなので、土用干しを行い、根が地中深くの水分を求めて、より深く根張りするように促します。
P1100569fc2.jpg
田んぼのの表面がひび割れ、白く乾燥するまで干します。
今日の午前中、仕事で外出中でしたが、お寺さんが棚経に来てくれました。
P1100579fc2.jpg
お盆を迎える準備完了となるよていでしたが、昨日、お墓の草刈を済ませ、墓掃除をする予定でしたが、直ぐ近くのみかん畑の雑草が凄かったので、墓地の草刈だけ済ませ、墓掃除を延期して、みかん畑の草刈をしました。
墓掃除はお仕事のない日に行うことになりました。

2016.07.22 大暑
昨日は、近しい身内の不幸があり、最後のお別れに参列してきました。
久しぶりのJR利用で、自販機での購入・自動改札に少々浦島太郎状態になりそうでしたが、何とか行って帰れました。しかし、列車内って、みんな、老若男女を問わず、スマホ操作に没頭してるんですねー。ちょっと怖い光景に見えたのは、時代遅れかな?
一夜明けて、今日は「大暑」だったそうです。
確かに暑いんですが、どこか爽やかな空気感を感じる田舎の大暑でした。
P1100554fc2.jpg
そろそろお盆前の墓掃除を、とカレンダーを確認すると、明後日の日曜日にはお仕事もないので、朝から墓掃除に決定!!
P1100552fc2.jpg
八月を前に、最後の花となったノウゼンカズラ。あれほど賑わっていたのがうそみたい。お盆過ぎには再び咲き始める、と思いますが、
P1100557fc2.jpg
毎年魅せてもらうホウズキ。ですが、今年は害虫被害のようです。葉っぱがほとんど残っておりません。
P1100558fc2.jpg
桔梗も最後の花でしょうか?季節の流れを感じさせられます。

今夜7時過ぎの夕焼けです
P1100561fc2.jpg
2016.07.18 梅雨明け
今日、九州から東海地方までが一挙に梅雨明けしたそうです。
こんな梅雨明けもあるんですねー。
午前中、昨日からのお仕事の続きを済ませました。
午後というか、夕方に草刈でも・・・とも思いましたが、少々風邪っぽいし、明日明後日とお仕事を戴いていますので、大事を取って、と言えば聞こえがいいですが、この暑さに尻尾を巻いて退散です。
田んぼの様子を見て回り、もう少し株の分けつが進んでくれればいいのになー、と思いながら・・・水を調整する。
庭のノウゼンカズラと菜園横のタチアオイがそろそろ花の最後のようです。ノウゼンカズラは、お盆過ぎに再び咲くことが予想されますが。
P1100514fc2.jpg
梅雨のお天道様がキラキラと、ノウゼンカズラと、
P1100521fc2.jpg
タチアオイを透かしてました。
P1100537fc2.jpg
カーネーションも透かしてみました。
P1100530fc2.jpg
稲もここからが勝負でしょうか?害虫・台風を上手く避けながら、秋のたわわな黄金色を見てみたいですね。
... 続きを読む
2016.07.16 休養日
今日は、お仕事も農作業もお休みの完全休養日でした。
世間様は連休となるのでしょうが、明日からはお仕事です。
P1100497fc2.jpg
カーネーションの新色です。非常に淡いピンクでしょうか?
P1100505fc2.jpg
当初は単色と思っていましたが、いろいろですね。
P1100510fc2.jpg
ノウゼンカズラもタチアオイも先端の花が咲き、そろそろ梅雨明けかな?
P1100507fc2.jpg
こんなのが出てきていました。
2016.07.15 季節混在
すっきりとした晴れ間というより、青空の片隅に真っ黒な雲が居座っているようなお天気で、油断できない感じでしたね。
午前中は町内でのお仕事で、午後から田んぼの手入れでした。
P1100425fc2.jpg
先日のハチ騒動に懲りて、触らぬ神に祟りなし、と。
母の日にデビューできなかったカーネーションが次々と咲きそうです。
P1100444fc2.jpg
最初は単色だと思っていましたが、
P1100445fc2.jpg
ピンクと真紅があるようです。
P1100471fc2.jpg
先日から田んぼの上空をツバメとともに制するのはアキアカネの群れです。来週火曜日が土用の日らしいですが、梅雨明け宣言を待たずに季節が移るようです。
朝からお仕事でした。途中で雨に降られる場面もありましたが、2時前後には完了して帰宅。
DSCN3502fc2.jpg
カーネーション第二花が開花しました。どうやらすべてこの赤のようです。
DSCN3507fc2.jpg
雨と晴れ間で、あぜ道は気づくと緑濃くなるので、休む間もなく草刈しています。一服の清涼剤とでも言うのでしょうか?
DSCN3509fc2.jpg
なにやら、田んぼの水面を動く物体?こちらの視線を意図的に外そうとする動き。
正体は、
DSCN3509tfc2.jpg
カルガモ草取り隊の訪問でした。
DSCN3511tfc2.jpg
こちらが、カメラで遮るもののない構図を求めると、あちらは早苗の陰に、陰に、と移動。視線を外してやると、意外と近くまでやってきています。でも、振り向くと一目散に・・・
DSCN3513tfc2.jpg
いつもはペア行動でやって来るのに、どういうわけだか一羽で飛来。「ゆっくり食べて行って」と。
P1100411fc2.jpg
随分と太くなってきたように感じますが、これからどうなることでしょう。
今晩から明日には雨予報なので、
DSCN3522fc2_20160712181441950.jpg
農業用水の堰に溜まった土砂を上げておこう、と頑張りました。上流で、先日の大雨で山肌の土砂崩れが発生し、その影響でちょっとした雨でも大量の土砂が流れてきます。分水路に流れ込むと、田んぼへの導水に支障が出るので、しんどいですがやっておかなきゃ。
DSCN3523fc2.jpg
一人で、小一時間近くかかりました。汗びっしょりで、いいダイエットになりました。
DSCN3519fc2.jpg
そろそろお彼岸のことも考えておかなきゃ、と思わせる季節の花が川岸の空地に咲きました。
2016.07.10 今頃?
姉から貰った苗を庭の鉢に移植して、時々水を与えていた。なかなか咲かないなー、と思いつつ、母の日も過ぎ去り、7月に入り、梅雨明けは何時になるのか?という昨日咲いた。
P1100394fc2.jpg
それも真っ赤なカーネーションだ。どうも鉢が小さすぎたように思える。
P1100397fc2.jpg
昨日、片づけたトウモロコシの跡。次の作物を決めたら、たい肥と貝殻石灰ともみ殻を撒いて耕す予定。
背の高いトウモロコシがなくなったおかげで、オクラへの日当たりが抜群となり、
P1100398fc2.jpg
花が次々に咲き始めた。
P1100399fc2.jpg
しばらくは、朝食に採れたてのオクラが頂けそうだ。
P1100402tfc2.jpg
枝豆の様子を確認してると、雨の番人が休んでいた。こいつが賑やかに泣き始めるとお天気も下り坂。
P1100405fc2.jpg
元気な枝豆の影響で、今一つ大きくなれない落花生。頑張って花を咲かせ始めている。
今年は、トウモロコシ・キュウリ・ピーマン・ナスは比較的順調に収穫出来ている。これからオクラや枝豆の出番だが、上手く食卓までたどり着くだろうか?あと、キャベツが4株だが、玉になりはじめた。当初は、防虫ネットの中をモンシロチョウが飛び、葉っぱをかじられ、どうなることか?と心配したが、竹炭酢が効いたのか?その後は葉っぱもかじられていないようで、このまま玉になってほしい。
稲は、順調そうだが、何となく地中をかき回して空気を入れたら良さそうに感じるが、確信が持てないので判断しかねている。
水曜にハチに刺された右手、木曜日の夕方から少し腫れてきていました。
金曜日もそのままお仕事していましたが、腫れが引きそうにないばかりか、痒さと指のツッパリ感が出て来たので、土曜日の今日かかりつけ医へ行ってきました。
注射と痛み止めの飲み薬と塗り薬を貰ってきました。鉢やムカデに刺されると、大体1週間くらいはかかるそうです。
かかりつけ医へ行く途中の峠、アジサイが今なお元気に咲いていました。
DSCN3497fc2.jpg
この峠は、隣町への峠で、南東側のわが町から上って下るところになるため、一日中日蔭で、比較的局地雨の多い箇所です。その所為か、アジサイも遅くまで咲き残ったり、季節外れに咲いたりします。
DSCN3499fc2.jpg
冬は寒いところです。
DSCN3487fc2.jpg
ガクアジサイ。
DSCN3489fc2.jpg
今朝方までの雨滴を残すピンクアジサイ。
DSCN3495fc2.jpg
同じピンク系でも額の縁がギザギザの個体。
DSCN3493fc2.jpg
青系のアジサイ。
DSCN3496fc2.jpg
満開のガクアジサイ。
DSCN3500tfc2.jpg
アジサイじゃないですが、ハエが蜜を?それとも水分補給でしょうか?
午後からトウモロコシをすべて収穫し、菜園を整える準備を終えました。
今朝は久しぶりの雨となっています。
先島諸島から台湾あたりにいるらしい台風1号の影響で、行方不明になっている梅雨前線に代わり低気圧と湿った雲が九州から四国に押し寄せてきているそうで、その余波として瀬戸内でも雨となったようです。

昨日、回覧板を廻しに持って行った途中で、
DSCN3475fc2.jpg
季節ですねー。
DSCN3474fc2.jpg
ミントの類でしょうか?
一昨日の朝、庭のアカメを剪定していたら、ハチの巣があることに気づかずに、右の手首を刺されました。「チクッ」とした痛みで、小さな蜂が飛んでいることに気づき、生垣の中に小さな出来立てのハチの巣があるのに気づきました。
慌てて、軍手を外して、傷口からハチ毒を吸い出しましたところ、ほとんど腫れることもなく、傷みもなく、良かったー、と。
ところが、昨日の夕方車を洗車したら、刺されたところから右手が腫れ始め、少々熱を持っています。
こんなことがあるんですねー。油断大敵でした(今朝も腫れが残っています)。
DSCN3479tfc2.jpg
雨の中、田んぼの見回りをしてると、アメンボのカップルが散歩中でした。
DSCN3477tfc2.jpg
光が反射して見づらいですが、ヤゴのようです。画面真ん中右下あたりに、尻尾を水面に出しています。確か、ヤゴって尻尾を水面に出して呼吸するんじゃなかったかな?
田んぼの中は、弱肉強食の小宇宙の世界となっているようです。水中で勝ち残ると、最後のサバイバルとしてサギ類の捕食が待ち構えています。
梅雨前線が行方不明?になって、毎日が猛暑・酷暑となっておりますね。
P1100388fc2.jpg
おとなりの耕作放棄地に咲くタチアオイも、いよいよ先端部分が開花しました。
P1100386fc2.jpg
連日の好天に、早苗も成長を加速させているようです。グングンとお水を吸い上げているようです。
P1100367fc2.jpg
葉先にオシッコの水滴が出るようになりました。

夕方5時過ぎ、晩ご飯を食べたワンコから散歩の催促がある。
DSCN3472fc2.jpg
陽が西に傾き、影法師が長くなってきた。
P1100392fc2.jpg
散歩を終えて、ピーマン・ナス・キュウリ・トウモロコシを収穫。オクラはまだまだこれからの段階。明日の朝食で頂けるオクラはなさそうでした。

梅雨明けを思わせるような快晴となった今日ですが、お昼に立ち寄ったうどん屋さんのTVで梅雨前線が消えただけでこの後梅雨が復活するそうです。そりゃそうですよね、まだ7月1日なんですから・・・
お昼過ぎて帰宅。暑いですねー。
仕事道具の後片付けを済ませ、トウモロコシ・ピーマン・キュウリを収穫。
落花生に油かすと化成肥料ともみ殻(すくも)を撒いておく。
P1100333fc2.jpg
枝豆のベイビー誕生。
P1100331fc2.jpg
丸オクラのベイビーは順調に成長。
夕方5時半を過ぎると、ワンコから散歩のお誘いが。
DSCN3438fc2.jpg
ネジバナがピークですね!
DSCN3442tfc2.jpg
これって何でしょう?ある植物の部分拡大です。

正体は、
DSCN3444fc2.jpg
ガマの穂でした。
P1100341fc2.jpg
庭ではノウゼンカズラの落花がうず高くなるほどです。