姉と甥っ子が朝からやってきた。
母の美容室の送迎をしてくれ、お昼を一緒した。
お昼から予定していたトウスを少し早めに行い、早生ミカンと玄米を持って帰って貰った。
モミ6表から約120kgの玄米。もうすぐ古米になってしまうので、40kgばかりの消費を手伝ってもらう。
4時頃、ワンコから散歩のお誘いコール。
今日は、里山コースへ。
DSCN3940fc2.jpg
あぜ道に咲いてた。
DSCN3941fc2.jpg
同じあぜ道でスミレも。バックははぜ干し中のイネです。
DSCN3944fc2.jpg
坂道を上がりかけると、庭と通りの境辺りに群れていました(主なし家です)。
DSCN3946fc2_20161030172454250.jpg
このあたりから里山の小路へ。イノシシが出てくる、と聞きました。
DSCN3948fc2.jpg
手入れされてる畑ですが、所々イノシシに掘り返されたと思える跡が。
DSCN3952fc2_20161030172535866.jpg
竹やぶを抜けて出てくると、明るく開けています。
DSCN3954fc2.jpg
ここも主なき家。こんなに里山が空家ばかりになれば、イノシシもやりたい放題になりますね。
DSCN3962fc2_20161030172538c9b.jpg
やっと我が家へ。ほんのりと薄紅が射した程度の夕焼けでした。
お布団の所為か?明け方でも寒いとは感じていなかった。
P1120135fc2.jpg
6時半過ぎの空。腫れそうだ。
朝から現場に入り、汗をかくほど動いた。
昼過ぎに帰宅、長Tシャツに着替えるも、一枚では少々風通しが好過ぎるようだ。室内で袖なしを羽織っていたが、3時ごろワンコの散歩へ出かける時には、長袖の上着に着替えた。リードを繋ぎに出たが、上着の上に、袖なしを重ね着した。日が陰ると、思った以上に冷たいようだ。
DSCN3924fc2.jpg
緑が残る法面にヒメキキョウが。
DSCN3930fc2.jpg
どこぞのお宅から飛んできたかな?
DSCN3933fc2.jpg
今年からお米作りしなくなった田んぼが増えて、こんな光景に。
DSCN3935fc2.jpg
竹藪からウグイスが練習する声が聞こえてきた。今から来春に備えているの?
DSCN3939fc2_2016102917272724b.jpg
秋じゃがらいしいが、紫色じゃなく白い花をつけている。
どうやら明日くらいから気温が一段下がるようだ。風にご注意ですね。
明日の午後に、とうすを予定。昨年のお米(もみ)を玄米にし、今年の新米を脱穀する段取りをしておく。
朝からにわか雨あり、日差しありの七変化お天気となりました。
バタバタとした一日でしたが、夕方のワンコ散歩で再会しました。
P1120131fc2.jpg
初夏頃まではあぜ道に咲き残っていましたが、今再びの出会いと。
最高気温が20℃を下回ると、さすがにあぜ道に咲く雑草たちも衣替えですね。
今日は、夕方からの現場入りとなります。
朝からのんびりとしておりましたら、11月12月のご予約のお電話がたくさん入りました。ご希望をお聞きして、日程を決めさせていただきました。
10月もお終いに近づき、皆様、年末のスケジュール調整に入られたようですね。
今朝は、最低気温が高いのか?すこしモワ~とした感じです。
P1120100fc2.jpg
おそらくもう実を大きくすることは難しいでしょうが、花を咲かせています。
P1120107fc2.jpg
きれいで元気な花ですね。
今朝は、小指大のオクラを3本戴きました。これが最後かな?
P1120101fc2.jpg
種を取ろう、と残したオクラも熟してきたようです。
P1120103fc2.jpg
こちらのオクラはまだ青々としています。
P1120109fc2.jpg
ミゾソバの近くに露草が。横顔はなかりしゃくれていますね(笑)
P1120124fc2.jpg
彼岸花もがんばってます。
今年は、ナスとピーマン&オクラを長く味わっっている。素人栽培でも、お天気に恵まれれば、こんなに長い期間収穫できるんですね。
P1120074fc2.jpg
さすがに短くなってはきたが、全然柔らかいです。
P1120080fc2.jpg
ピーマンも葉っぱを色づかせ始めたが、まだまだ花も咲いている。たくさん、たくさん食卓に上がりました。
P1120078fc2.jpg
秋茄子への切替が遅れてしまい、心配でしたが、どんどん生ってます。母が種蒔きした大根が日に日に大きくなってきました。まだおでんに入るには時間がかかりそうですが、来月中旬にはお口に入るかも・・・

今日は、お天気下り坂の予報でしたが、朝からお日様が御出ましとなった為、朝一でたい肥と油かすを買い出しに。
帰宅後は、早生ミカンの収穫と下草刈りへ。
DSCN3921fc2.jpg
今月の中旬まで暖かかった(暑かった?)為、例年よりも下草が伸びたように感じた。
ミカンの収穫前に、下草を刈って、スッキリと。
例によって、みかんの収穫を始めると、木の中から蚊がわんさかと出てくる。ネット付の帽子を被り、顔から首はネット防御し、手には手袋。色づいた早生ミカンをひたすらに収穫した。
DSCN3923fc2_20161025125601d23.jpg
先日、今回と同じくコンテナ2箱の収穫。あと1.5箱ほどの色づき待ちを残す。
2016.10.23 残り彼岸花
長いこと苦しんでいる頸から腰の痛み、その後左大腿部の関節あたりの疼きとなり、金曜日にかかりつけ医へ。診断結果は、坐骨神経痛、と。またまた一生のお付き合いとなるようです。
運動不足と気温の変化に疲労が重なり発症したものと考え、さっそくにストレッチを行い、使い捨てカイロで温湿布したところ、歩いても疼かなくなりました。来春までは、ストレッチと温湿布で対応ですね。
雨上がりの日曜日、ちょっと遅めの朝食を済ませ、雫を狙ってあぜ道へ出かけました。
P1120017fc2.jpg
水路脇にたくさんの金平糖が。
P1120026fc2.jpg
金平糖が割れて、花が咲いていますね。
P1120018fc2.jpg
稲刈り後の株から青々とした新芽が出て、その先っぽに滴が。1週間に一度くらいの割合で雨が降っている感じですから、稲の切株もグングンと新緑に。
P1120030fc2.jpg
あぜ道に残る彼岸花にもたくさんの雫が。
P1120029fc2.jpg
驚いたことに、まだこれからの蕾も。
P1120035fc2.jpg
ここからは髭に付いた雫です。
P1120033fc2.jpg
P1120041fc2.jpg
10月下旬になっても、元気に咲いているものですね。草刈したところだけのようですが、日当たりの影響でしょうか?
P1120048fc2.jpg
満開のセイタカアワダチソウも、雨が重いのか?風が吹いたのか?少し傾きかけています。
みかん畑の下草刈と早生みかんの収穫が気になっていますが、もう少し体を休めてからに。
... 続きを読む
夕刻5時前、ワンコが晩ご飯の催促で「クーン、クーン」と呼ぶ。
晩ご飯を持って行くと、金木犀が一段と輝いていた。
P1110991fc2.jpg
昨日より湿度が低い分、香りが広がっている感じです。
P1110986fc2.jpg
金木犀の香りは、10月初めの秋祭りの頃、と記憶している自分にとって、この時期に満開なんて?・?な気分です。
P1120009fc2.jpg
セイタカアワダチソウも満開かな。
P1110998fc2.jpg
稲刈りの終わった田んぼ。まだあぜ道には彼岸花が咲き残っています。
2016.10.19 アッケシソウ
今年は一度も事前調査することもなく、アッケシソウ祭りを迎えた。
今月に入り、腰痛とだましっこしながらのお仕事だったので、正直アッケシソウが見に行けるとは思っていなかった。
例年は自転車で行っていたが、今年は車で行ってみた。
P1110974fc2.jpg
いつもの堤防下の駐車場に停めて歩き始めた。まだ先に車が停まっている?関係者の駐車場かな?・・・
平日は見学展望台の近くに20台分の臨時駐車場を設けていた。臨時トイレも完備。ここには、守る会の方々がテントを設営し、見学者に説明を行ってくれている。パンフレット類も用意されている。
P1110969fc2.jpg
展望台からの眺め。ここが一番最初に発見された場所なんだが、一度枯れかかって以降、色付くタイミングにタイムラグが発生するようであり、一面が一斉に真っ赤に染まる、という光景は見れなくなり残念だ。
アッケシ④
これは2006年10月14日に同じ場所での写真。yamaさんに教えてもらった翌年でアッケシソウ通い2年目になる年だった。
その後、守る会が立ち上がり、様々な整備が進んでいった。
P1110951fc2.jpg
ここは展望台の一番西端に現れた群生だ。草刈等の定期的な手入れのお陰だろう。
P1110919fc2.jpg
「E地区」と名付けられたエリア。当初はなかったエリアだが、ここが堤防の下を土管が通って、海水が出入りしているエリアのようだ。
P1110924fc2.jpg
それほど広い群生地ではない。草刈もされてはいない様子。
P1110926fc2.jpg
土管から近くて、塩分濃度も濃いそうだ。
従来の真ん中のエリア(接写できる)に移動してみよう。
P1110946fc2.jpg
この先に西端のエリアがあるのだが、現在は公開されていないようだ。
P1110928fc2.jpg
「おおっ、いきなりの木道だ」。以前から見学者にフリー開放されていたため、踏み荒らされることが多く、踏みつぶされたアッケシソウに心傷んでたが、これでその心配は減った。
木道にも、
P1110944fc2.jpg
注意喚起の張られていた。
P1110929fc2.jpg
青佐山をバックに1枚。奥に進みたかったが、TVクルーらしきカメラマンと記者が取材中のようで、木道に大きな三脚もあり、めんどくさそうなので、ここで接写とする。
P1110936fc2.jpg
よく整備されていて、生息アリアも広がっている。
P1110941fc2.jpg
木道の最深部から西に向かって、色付いたアッケシソウの群生が見れそうだった。
TVクルーの撮影が終わり、近くで撮影していた見学者にインタビューし始めたので、急いでその場を後にした。
守る会や協力者の甲斐あって、生息エリアは広がっているようだ。
ただ一点、展望台エリアの色づきにタイムラグがあり、一面真っ赤なジュータン、という光景がみれなくなったのが残念。みなさんにもう一度見て頂きたいすばらしさだった。
2016.10.19 秋の空
昨日、仕事から帰って後片付けを済ませた時、金木犀の香りが集団で襲ってきた(ように感じるほどの強烈さ)。
振り返ると、
P1110908fc2.jpg
西に向かうお天道様を浴びて、キラキラ。
下からのアングルを探していたら、
P1110916fc2.jpg
秋の空に出会ったー。
あとから、ススキとの組合せで撮ればよかったかな?と。
稲刈り後、腰痛首痛に四苦八苦しながらお仕事に出ていたが、今日は何とか落ち着いた様子だ。
先週より少し暖かいのも幸いしているような感じかな?
昼過ぎに仕事から帰り、荷物の後片付けをしている時気づいた。
P1110896fc2.jpg
駐車場横の空地のスミレ、葉っぱが青々としているのだが、たった一輪だけ白い花を咲かせていた。
明日も最高気温が25℃を超える予報だが、このまま腰痛首痛も収まってくれないかな・・・と希望。
アッケシソウが気になっているのですが、行けるかどうか?体調次第です。
P1110890fc2.jpg
昨日、朝食後から田んぼに張り巡らせたスズメ除けのキラキラテープをきれいに巻き取り、はぜ掛け用の脚木とデードーと呼ぶ横木を田んぼに搬入し、組み立てた。
田んぼ中に広がる刈り倒された稲の束を、はぜの両側に集めるころ、家事を終えた嫁さんが参戦。嫁さんが運搬車を操作して稲束を運び、私がはぜ掛けする。
そうこうしていると、次男が手伝いに。
こうして3人で作業したら、お昼頃には終わりが見えてきた(写真の状態)。
午後から残りの稲束を掛け終えて、スズメ除けの大きなネットをはぜ全体に掛けて終了。
今朝は、腰痛が再発というのか?痛み止め切れというのか?今日明日と安静にして、日曜日からのお仕事に備えます。
2016.10.12 稲刈り
午前中のお仕事を済ませて、午後から田んぼの乾き加減次第では稲刈りをしようと思い立った。
腰の具合から、稲刈りより負担の重い「はぜ掛け」作業に二日間を充てて無理をせず、土曜日を完全休養日として、日曜日からのお仕事に備える、との思惑。果たして上手くいくのか?
P1110882fc2.jpg
午後2時前、稲刈りを始める。
P1110885fc2.jpg
機械も古くなっているが、今年のイネの一株が例年より大きい所為か、機械が上手く刈り切れない。そうこうしているうちに、機械が停止(株を刈り取らなくなった)。すぐに農機具屋さんのおじさんに電話して様子を見てもらう。
株が大きいため、刈り取りのタイミングをとるセンサー・バーがあらぬ方向へ動いていた為、ストップしたらしい。
P1110887fc2.jpg
5時前にはすべて刈り倒した。
明日明後日で、嫁と末っ子の応援をもらい、はぜ掛けを行う予定。
来年は作付けをもう少し減らしてもいいかな、と思った。
2016.10.10 体育の日
どうも数週間前から首筋を痛めたらしく、右に向きにくい状態でした。
湿布薬で対処していましたが、ここ数日で腰痛を引き起こしたようです。さらに、左肘も変な痛みが出る始末です。
今日は安静にして、明日の仕事が終わったらお医者様へ行ってこようと思ってます。
今朝は、ひんやりとしていましたね。
Tシャツ一枚では寒い、と感じ、7分袖とTシャツの重ね着となってます。
P1110848fc2.jpg
朝日が南東の低い山から顔を出しました。ススキが銀色に輝きます。
P1110859fc2.jpg
セイタカアワダチソウの黄色が濃くなり、ススキにも旅立ちを迎える準備を整えたものが見られます。
田んぼの水はけを確認し、菜園へ。
P1110861fc2.jpg
青空の元、秋茄子の花が次々に咲いてます。
P1110862fc2.jpg
黒々とした秋茄子が実ってます。
P1110866fc2.jpg
黄金色の海に朝日が射しこんできました。
稲刈りするために、一日も早く首と腰を直さなきゃ・・・
天気予報が当たっちゃいましたねー。
昨夜は、それほどの降りじゃなかったのに、深夜にふったのでしょうかね。
気温も若干下がっていたようで、玄関を開けて出た途端「ひんやり感」を感じました。
気になる田んぼの様子は、
P1110828fc2.jpg
葉っぱに水滴が無数残っています。
P1110843fc2.jpg
完全に乾いて白くなり始めていた状態から、足跡の窪みに水が溜まっている状態です。一周してみます。
P1110844fc2.jpg
乾燥促進させるために掘った溝は満水となっています。役目を果たしているようです。
P1110838fc2.jpg
土地が低い東側の溝も満水となってます。
問題は、この溝の排水です。
我が家の田んぼ、排水した水は南隣の田んぼに流れます。
しかし、南隣の田んぼと排水の為の溝の高低差がほとんどつかないのです。通常の田植えを行う場合は問題なく水位を維持できるのですが、完全に乾かすための排水となると水の流れがなくなるのです。
お天道様と風に頼るしかないのか?困った問題ですが、簡単な解決策も思いつきません。
希望的には木金あたりでの稲刈りですが、どうなりますことや・・・
P1110824fc2.jpg
東隣りの耕作放棄地で、先日から草刈が始まっていました。おそらく、所有者から依頼を受けたシルバー人材センターの方によるものをと思います。これだけ大きくなったセイタカアワダチソウを刈るのは大変な労力です。今朝も7時過ぎからエンジン音が唸りを上げています。
P1110818fc2.jpg
水路脇のミゾソバの葉っぱにも雨滴が残っていました。
P1110826fc2.jpg
残っている方が少なくなった曼珠沙華にも雨滴が。P1110834fc2.jpg
今年の夏はたくさん頂いたオクラの花。まだ咲いていますが、そろそろ終焉の時が近づいたようです。
オクラから秋茄子にバトンタッチ。
てっきり雨もしくは今にも降り出しそうな朝を想像していたら、窓の外は明るいじゃないですか。
7時前、快晴のお天気となっている。
こんなお天気なら、昨日の朝に稲刈りして、午後からはぜ干しに取り掛かり、今日の午前中で完了できたのに・・・と、少々後悔。
朝ごはんを済ましたら、みかん畑へ向かいました。
早生ミカンをコンテナひと箱分だけ収穫してきました。
早朝でしたが、この暖かさで、蚊の群れに襲われました。
DSCN3913fc2.jpg
やっと届いた朝日が、露草を射していました。
DSCN3915fc2.jpg
アサガオなんでしょうか?
病気付いたミカンの木2本、実をつけていますが、樹勢回復の為にすべて摘果しました。果たして、素人療法が効果あるでしょうか。
明日明後日とお天気下り坂の予報です。折角の稲刈りタイミングでしたが、お天道様には逆らえませんから、来週後半に稲刈りできることを祈っています。
今日は、来週の稲刈りをスムースに行う為、あぜ道沿いに植えていた10数株のイネ(スズメが食べる用?)を手刈りしておきました。
P1110811fc2.jpg
田植えは久しぶりの手植えでしたが、稲刈りは小さな稲刈り機に頼っています。刈って束ねるだけの機械ですが、随分と助かってます。
その稲刈り機を先日、納屋から引っ張り出し、一年ぶりにガソリンを入れたところ、ガソリンタンクから漏れが発生。慌てて農機具屋さんで修理してもらいました。古くなってしまい、成型部品はそろそろ在庫対応しなくなる、と言われてしまいました。
自家消費程度の百姓ですが、昔みたいな手作業では何もできないので、機械が使えなくなれば、買い替えるか、止めるか、の二者択一となってきます。今さら、機械にウン十万の投資はしんどいですから、難しい選択ですね。
P1110817fc2.jpg
午前中のいいお天気はどこへやら?で、お昼から曇り空です。あんまりたくさん降らないでくださいね。
P1110808fc2.jpg
庭の金木犀、なかなか全体が黄金色になってきませんね。
P1110802fc2.jpg
一旦終わったか、に見えたミニ薔薇が再び咲き始めていました。
2016.10.06 台風一過
昨夜は台風18号の影響を心配していましたが、日本海の沖を通過したのか?思ったほどの風も、雨もなく、今朝は台風一過の秋晴れとなりました。
さっそく、田んぼを見回っていると、隣の田んぼに後輩の姿が。彼は、風を心配して、スズメ除けネットを倒していた為、朝からネットを起こしていました。
私、「いつ稲刈りする?」
彼、「土日にしたかったけど、雨予報となっているから、いつできることやら・・・」
お互いに、田んぼの乾きが気になりつつ、お天道様次第の稲刈り延期にヤキモキとしていました。
P1110776fc2.jpg
あと2日ほどお天気が続けば、機械を入れれるほどに乾きそうです。
土日の雨量次第ですが、そのあと1週間ほどはお天気が続きそうなので、来週末頃にできるかな?と期待してます。
P1110796fc2.jpg
ほぼすべての米粒が熟れ切ってきました。いつでも刈り取れる状況です。
見回り後、オクラを収穫(まだ、オクラが収穫できてます)していたら、足元にスギナが顔を出していました。
P1110723fc2.jpg
全身、朝露をまとっています。
P1110726fc2.jpg
てっぺんの雫は、今にも落ちそうでした。滴の中に見える縦の一本は全長2m近くなったオクラの茎です。
P1110730fc2.jpg
各段にもそれぞれに滴がついて、クラウンのように。
P1110740fc2.jpg
お隣の耕作放棄地のセイタカアワダチソウとススキを写しに行くと、風にユラユラとするなか、一枝だけ振幅がずれた感じ。
P1110739fc2.jpg
クモの糸に捕まっていたんですね。
P1110757fc2.jpg
ススキもセイタカアワダチソウも随分と背が伸びました。
P1110772fc2.jpg
背が伸びたセイタカアワダチソウの足元にはネコジャラシが眩しそうにまどろんでいました。
今日はお見積書を提出するので、朝から自宅でPCに向かってます。
午後から台風の雨対策の排水溝を再度整えて、あぜ道を草刈しておいた。
例年より降水量が多いので、田んぼの乾燥が遅れ、稲刈りも遅れそうな気配。台風一過後の田んぼの乾燥対策をできる範囲でおこなった。あとは、台風を待つだけだ。
朝から、近くの電線に百舌鳥の姿があり、盛んに囀っている。もうそんな季節になっていたんですね。
百舌鳥が電線に登場している間は、セグレセキレイが遠慮しているようだ。セグロセキレイは、外に停めた車のドアミラーに写る自分の姿にエキサイトするみたいで、ドアミラーとドアがフンまみれとなる。でも、朝は、モズが現れているからなのか?ほとんど姿を見かけず、車もセーフだった。
百舌鳥ってスズメを追い払ってくれないかな?と勝手なことを妄想しています。
P1110661fc2.jpg
草刈したあぜ道脇水路周辺にたくさん咲いたヒメジソ。
P1110685fc2.jpg
台風18号が秋を連れてきたのかな?
P1110705fc2.jpg
我が家の菜園のシソは、すでに実になってます。
P1110694fc2.jpg
水路の落ち込みの周辺にミゾソバが咲いていました。
P1110701fc2.jpg
耕作放棄地の水路周辺で勢力を拡大中。
P1110711fc2.jpg
雑草に埋もれるようにデージーも咲いていました。花びらが細いバージョン。
P1110709fc2.jpg
こちらは、花びらがちょっと短いバージョン。
P1110720fc2.jpg
隣の後輩の田んぼに咲いてました。
台風18号、日本海側を明晩に通過する予報です。瀬戸内はどれくらい吹くでしょうかね?雨量も多くなければ助かりますが・・・
台風18号、4日から5日にかけて瀬戸内海を通過する予報です。強力から猛烈に変わり、大きな被害が心配になっております。
昨日、秋祭りは本宮でしたが、一昨日くらいから首を右に曲げれないような痛みが出た為、日曜日のお昼前に参拝だけ済ませ、様々な神事はスルーしました。
おかげさまで、今朝は何とか右側にも少し向けるようになり、早朝から額のあと片付けに参加し、急いで帰宅し、そのままお仕事へ。
お昼過ぎにお仕事を完了し、帰宅。明日からの降雨を予想し、田んぼの乾燥促進の溝を整備し直しました。
日中でしたが、田んぼやあぜ道には蚊がたくさん出ており、夕方のワンコの散歩も早々に切り上げて帰宅しました。
あぜ道の彼岸花も見納めとなるのか?
P1110609fc2.jpg
黄金色の稲穂をバックに映える赤い曼珠沙華。
P1110647fc2.jpg
ちょっと控えめな構図で。
P1110613fc2.jpg
セイタカアワダチソウの黄色が日に日に増えてきてます。
夕方、嫁さんが薬局で蚊取り線香を買ってきました。屋内の人間と犬小屋のワンコとに。