朝から現場仕事に入っておりました。お昼過ぎまでかかりましたが、お天気も持ち応えてくれ、無事に完了出来ました。
帰宅後、片付けやら明日の準備やらを済ませた頃には、空は真っ白になり、お天道様はお隠れになられました。風も冷たくなってきたように感じます。
4時前でしたが、ワンコからの散歩のお誘いがあり、あぜ道へ出かけました。
あぜ道は一段と風通しがよく、震えました。
P1120558fc2.jpg
何て言うのでしょうか?稲刈り後の切株から伸びたイネにスッカスカの穂が付きました。中身が満たされることはない穂です。
P1120560fc2.jpg
耕作放棄地に2輪のシロツメクサが咲いていました。
適度に伸びた雑草に囲まれ、時折吹き寄せる強風にも耐えています。
P1120565fc2.jpg
タンポポ、まだ若干の背丈があります。真冬には地面スレスレに花を付けますが、今はまだ暖かい、と言うことでしょうね。クリンクリンのしべが愛嬌ですね。
P1120569tfc2.jpg
こちらも寒空の下で、精一杯に咲いていました。
オオイヌノフグリは、お日様が足りないのでしょう、一つも咲いていませんでした。
P1120579fc2.jpg
散歩から帰ると、寒さを待っていたかのように、ジャノメエリカが風と戯れていました。
今度の日曜日は、地元でおさかな祭りです。少し冷え込めば、養殖カキも身太りがよくなるでしょう。遠路はるばるお求めに来られるお客様のためには、土曜日くらいまで冷え込んでも我慢ですね。
午前中眼科に目薬を戴きに行った。
午後からのんびりとお休みとした。
日没が殊の外早いので、4時前だったが、ワンコを連れて八幡様までの散歩へ出た。
DSCN4052fc2.jpg
枯れた松に変わって境内に植えられたイチョウ越しに本殿を拝む。
七五三詣りも一段落?平日だから?人っ子一人いなかった。
DSCN4059fc2_201611281807444da.jpg
境内にも、よそ様のお庭にも山茶花が咲いていた。
DSCN4060fc2_20161128180745f7a.jpg
柿が大豊作だ~。こんなに生って、美味しくないのか?これだけあれば、カラスが見逃すはずはないんじゃ・・・渋柿かな?
DSCN4062fc2.jpg
エッ、まだタカサゴユリが残ってるの?返り咲きかな?
DSCN4063fc2_201611281808249a7.jpg
お正月の南天も良い色になってきた。
DSCN4066fc2.jpg
名前が出て来ない・・・クリスマスツリーの飾りつけには必須アイテム。
DSCN4067fc2.jpg
元気なコスモス。
DSCN4071fc2.jpg
数珠が完熟し、黒光りしています。
DSCN4070fc2.jpg
コムラサキも耕作放棄地に進出してから随分と経つと、勢力を急拡大。
DSCN4072fc2.jpg
一昨年辺りまでは、探していたのが、今では画面の半数以上が紫色に。
DSCN4074fc2.jpg
ススキも大部分が旅立ったようですね。
DSCN4075fc2.jpg
秋祭り前(9月)に町内会の一斉清掃で草刈した時、刈り残しておいた鶏頭。倒れてはいますが、枯れてはいないのかな?
DSCN4076fc2.jpg
葉っぱは枯れてしまったようですが、頑張っていますね。
忘れ画像ですが、一昨日の朝、
P1120554fc2.jpg
6時半過ぎてたと思いますが、朝焼け。
2016.11.24 間に合った
毎朝、仕事に出かける道すがら、峠にお寺が建っている。その境内に立派なイチョウの木があり、朝の時間帯によっては、朝日が射し始めて、黄色がひときわ輝いて見える。一度、朝の時間に訪れてみたい、と思っていた。
今日は、夕方から現場。朝食を済ませると、カメラをバッグに放り込み、原付に跨った。
P1120466fc2.jpg
山門下から見上げる。
P1120478fc2.jpg
山門をくぐって見上げる。
P1120496fc2.jpg
誰もいない、貸し切りの風景。
P1120502fc2.jpg
イチョウを写しに来たが、モミジもきれいだ。
P1120509fc2.jpg
一瞬で強いお日様が射し込んできた。
P1120515fc2.jpg
イチョウの木の天辺あたりもキラキラ。
P1120534fc2.jpg
赤黄色に緑と信号機みたいに揃った。
P1120544fc2.jpg
どれくらい生きているイチョウの木なのだろうか?株元は岩みたいだ。
エネルギーをチャージで来たよな気がする。来てよかった。
福島沖震源の地震、ビックリしましたね。
津波警報等に、悪夢が蘇りましたが、大きな被害が出ていなさそうでよかったです。
神奈川県での被災避難した児童のいじめに心が痛んだばかりで、このタイミングでの余震は人間への警告?


今日は仕事休みで、野良仕事です。
朝からみかん畑へ向かいます。
先日、カラスの食害が発生し、収穫を早めた結果、本日礼肥えを施肥します。油かすを一袋20kg?枝下あたりに撒きます。
その前にカラスが食い散らかした食べかすを熊手でかき集め、枯れた雑草と混ぜてたい肥にします。
施肥しながら、取り残しみかんをチェックし収穫します。
DSCN4051fc2.jpg
枝が重なりあったり、日当たりの邪魔になるような枝は剪定を兼ねて伐採します。まったくの自己流の為、その真偽は定かではありませんが、母親からの受け売りです。
DSCN4048fc2_20161122132645bdb.jpg
こちらのみかんはお正月が過ぎてから食べるタイプなので、もう少し先で収穫しますが、たい肥用の稲わらは敷き、礼肥えも施肥しました。
お昼から近所の叔母がキャベツの苗を分けてくれるというので、貰ってきました。
夕方、母が菜園に移植するようです。私は、黒マルチというビニールを敷いて、地温を保ち、雑草の繁茂を防止、蝶々等の害虫対策にネットをかけるのですが、母は母なりのやり方があって、個性が出てきます。
P1120442fc2.jpg
今朝のあぜ道に朝日が射しこみ、目覚めたホトケノザ。
P1120444fc2.jpg
こちらは夜遊びしてきたのか?朝露に濡れたホトケノザ。
P1120456fc2.jpg
驚いたことに、まだ咲こうとしてるオクラの花。そろそろ片づけようか?と思っていましたが・・・
明日から少々気温が下がるようです。暖かくしてお過ごしください。
2016.11.21 紅葉と落葉
今朝の現場から、
DSCN4025fc2_20161121164533b0f.jpg
知り合いからの紹介でしたが、足がすくむ現場でした。
何とか昼前に完了し、次のお仕事へ。
DSCN4029fc2_201611211645348cc.jpg
本日のお仕事を済ませ帰路へ。イチョウ、すでに落葉が進んでいました。曇り空ですから、イマイチの黄色となりました。
DSCN4032fc2_20161121164536009.jpg
久々の海岸線を通っていると、民家の庭先の車庫越しに皇帝ダリアがこちらを見ていました。
DSCN4043fc2.jpg
紅葉のトンネルと思った岬の道もすでに落葉が進んでいて、道端にはずいぶんと落ち葉の山が出来ていました(左側は瀬戸内海)。明後日は、関東地区にまで寒波が降りてくるようで、積雪への備えを伝えているネットニュースを見ました。11月も後半となり、いよいよ本格的な冬本番近し、となるようです。
2016.11.18 カラスの食害
明日は雨80%らしいが、今朝は快晴となった。
朝のうちに、備蓄用稲わらの片付けと古い備蓄稲わらをみかん畑へたい肥として持って行くことに。
P1120412tfc2.jpg
お日様と稲の新芽に付いた朝露に写り込んだお日様。
P1120414fc2.jpg
元気な彼岸花とお日様。
P1120417tfc2.jpg
スギナについた朝露とお日様の輝き。
P1120433fc2.jpg
すっかり熟したネコジャラシとお日様。
古くなった備蓄稲わら、一輪運搬車に山盛りとなった。みかん畑に到着して、驚かされた!
仕事の合間に収穫していたが、よく熟れたみかんがそこかしこに食い散らかされていた。
カラスの仕業だ。
ミカンの木の周辺は足の踏み場もないほどの有様。
稲わらを急いで降ろし、急遽収穫をすることにした。
今までも、数個突かれたことはあったが、足の踏み場のないほどに食い荒らされたことは初めてだ。
お昼までかかり、ほぼ収穫した。コンテナ箱で7箱になったが、1箱分以上は食べられたようだ。
聞くと、今年はあちこちのみかん・柿がカラスにやられているようだ。
人が住まなくなった里山には、イノシシがうろつき、空からはカラス。
そういえば、先日落花生を収穫していると、近くの電柱に一羽のカラスがやってきて、ジッとこちらを眺めていた。
一通り収穫が終わると、掘り起こした跡に飛んで来て、残った落花生を探して土をボジクリ返していた。
イノシシもカラスも雑食性、人の近くで食べ物を探して、勢力を拡大する逞しさを併せ持っている。
なかなか手強い相手だ。
朝、青森の友人から届いた。
P1120393fc2.jpg
玄関で開封すると、甘酸っぱい香りが広がった。
今年は台風被害もあっただろうに、いつもと同じように気を使わせてしまったな。
数日前にメールしたら、初雪が降った、と言っていた。瀬戸内よりはるかに厳しい環境で頑張る友の姿にいい刺激を戴いているが、こんなに美味しい林檎まで戴いちゃった。感謝。
我が家の露地菜園では、大根が食べれるくらいに育ってきているが、まだまだ頑張る、
P1120394fc2.jpg
ナスの花と、
P1120399fc2.jpg
ピーマンの花と
P1120400fc2.jpg
アスパラガスの花。
例年なら、ナスもピーマンもすでに終了し、耕されている時期なのに、こんなに花を咲かせて、抜くに抜けない。
一昨日から昨日未明の雨が、紅葉を連れてきたように感じる。
7時前の西の空には、
P1120382fc2.jpg
見れなかったスーパームーンの名残?
今日は町内でのお仕事でしたので、お昼前に完了。
P1120388fc2.jpg
夕方4時を回った頃、
P1120388fc2.jpg
色付き始めた里山をバックに、咲き始めた彼岸花と枯れた彼岸花という組み合わせはミステリアスかも。
P1120392fc2.jpg
玄関脇には嫁が求めた季節の花が。
晩生みかんの採り入れが気にかかってきています。お天気に恵まれれば、金曜日に、と考えています。
2016.11.15 伊勢太神楽
昨夜の雨があがり、薄日が射し始めた頃寝床から出た。
妙に暖かい朝となった。
P1120347fc2.jpg
ワンコに朝ごはんをやり、東を見上げると、雨で洗われた景色が一気に秋色に色変わりしたかのように見えた。
P1120356fc2.jpg
あぜ道には雨の名残が。
今朝は、この地区に伊勢太神楽が廻ってくる。朝7時過ぎから、笛と太鼓の音がしている。
9時頃、我が家にも。
P1120364fc2.jpg
玄関でお祓いを受けると、獅子舞を舞ってもらいます。
P1120365fc2.jpg
獅子に二人、横笛と太鼓の四人で一団。今年は若い人が加入されている。
P1120371fc2.jpg
獅子の尾を持たれた方は昔から来られている方だが、囃し方と獅子が若手に変わられたようだ。
P1120374fc2.jpg
頂戴したお札等と一緒に、ご案内があった。
2017年1月2日18時30分から NHK-BSプレミアムで『伊勢太神楽ドキュメント~伊勢太神楽歳時記~(仮)』
4月伊勢神宮での神楽奉納を始め、滋賀県・三重県・福井県・大阪府などの一年の旅、秋の岡山県地元の旅をもって撮影終了、と記されていた。
重要無形民俗文化財に指定されてる伊勢太神楽の一年のトキュメンタリーをお正月に放映するそうです。近畿圏から岡山までと広いエリアを旅されているんですね。
2016.11.13 玉ねぎの苗
昨日、ホームセンターへ寄った際、玉ねぎの苗を購入しようとしたが売り切れ。店員さんに尋ねると、朝9時頃入荷するが、8時前から行列となっており、入荷しても即売になる。しかも、入荷が明日(今日のこと)で最後です、と。
今朝は、7時半前にホームセンターへ向かった。
すでに5人ほど並んでいた。その最後尾へ並んだ。
9時頃、入荷したので、極早生と早生と中晩生と晩生を求めた。
今年の春、玉ねぎは全国的に「ベト病」という伝染病が流行し、我が家も早生は被害を免れたが、晩生は収穫前に枯れ始めた。
そうした影響なのか?苗が不足気味らしく、店頭に出回る量にも限りがあるそうだ。
やっとのことで入手できた苗を、さっそく移植した。
P1120341fc2.jpg
全部で300本位になったが、果たしてどんなことになることでしょうか?

P1120337fc2.jpg
ここから昨日の朝のあぜ道風景です。
P1120333fc2.jpg
開ききってますねー。
P1120329fc2.jpg
暖かな日差しを春先と間違えているのでしょうか。
P1120342fc2.jpg
シロツメクサも咲き始めていました。
明日の夕方から雨予報ですが、現在すでに曇り空となってます。
昨日・一昨日と午前中に母の通院送迎を済ませ、午後から現場へ、というパターンでした。お昼に一旦帰宅し、お昼を戴くまでの間にカメラを持ってあぜ道へ息抜きに。
P1120246fc2.jpg
ナズナですよね。軍配も写っています。
P1120242fc2.jpg
黄色がかわいい。ナズナじゃなくて・・・忘れました。
P1120249fc2.jpg
こんな組合せが撮れました。
P1120253fc2.jpg
そろそろ、ススキもセイタカアワダチソウも旅立ちの時です。
P1120255fc2.jpg
これを飛ばして、勢力を拡大してきたんですね。
P1120263fc2.jpg
まだまだ頑張る彼岸花。エッ、まだ蕾なの・・・いつまで頑張るのかな?
P1120281fc2.jpg
ここから今朝です。夜露?朝露?がタップリでしたので、ワンコに朝ごはんをやって、さっそく一緒にあぜ道へ。
しかし、スギナにホトケノザって、早春の画ですよね。
P1120298fc2.jpg
水滴にアスパラが写り込んでいました。
一瞬でお日様が隠れると、
P1120296fc2.jpg
何ともいいブルーに変わりました。
P1120292fc2.jpg
再びお日様が。
P1120290rfc2.jpg
水滴だけをトリミングしてみました。
P1120285fc2.jpg
散々探しましたが、水滴を戴冠したホトケノザのいいのが・・・
P1120300fc2.jpg
どちらも水滴が小さめでしたね。
今日はお休みですが、朝露が乾いたらミカンの収穫を予定しています。疲れない(くたびれない:方言)程度にするつもりです。
朝から母親のインフルエンザ接種に。
この時期、患者さんが多く、朝一番に行ったのだが、帰ると昼前となった。
午後から仕事なので、昼前にワンコとのあぜ道散歩へ。
タデ・カタバミが群れるあぜ道を抜けて、お隣の耕作放棄地とのあぜ道へ。
P1120233fc2.jpg
なんと、雑草の茂みに隠れるように咲いてたー、早春の使者・オオイヌノフグリだ。
辺りを見回すと、
P1120239fc2.jpg
ポツリポツリと雑草の群れの中に見つかる。
少し冷え込んきたのが、幸いしたのかな?
でも、こんな光景も残っているよ、
P1120240fc2.jpg
仲間たちは旅立っても、元気な彼岸花。どちらも季節外れと言っていいのかな。
2016.11.06 みかん
昨日の午前中に早生ミカンの収穫を行いました。
早生ミカンは2本しか植えていないので、コンテナ箱でも6~7杯でしょうかね。昨日までに2回収穫してたので、昨日は2杯ですべてを収穫し終えました。ついでに晩生ミカンも色づきが進み、枝が垂れ下がっていたので、コンテナ2杯ほどを収穫。
DSCN4006fc2.jpg
これは晩生ミカンです。
DSCN4007fc2.jpg
これも晩生ミカンですね。早生ミカンは写していなかったようです。甥っ子にミカンを収穫したから、取りにおいで、とメール。
早速に今朝方、仕事に出ている間にやってきて、持って帰ったようです。
DSCN4014fc2.jpg
昨日の夕方の散歩で、出会った桐の実。でも、お隣には???
DSCN4015fc2.jpg
花が咲いてる。桐って春じゃなかったの?暖か過ぎたんだろうかね。
日曜日の今日、仕事から帰って、田んぼに残る脱穀した際のこごみ等を燃やし、あぜ道を見てると、
P1120215fc2.jpg
黄色がたくさん。カタバミが日当たりのいいあぜ道に群れていました。
P1120221fc2.jpg
ナント!ムラサキサギゴケまで出てきていました。
P1120224fc2.jpg
まだまだ続きます。ナズナも参戦。
P1120227fc2.jpg
ホトケノザはすでに団体さんがそこかしこに。
P1120228fc2.jpg
以前、cazu88さんに教えて頂きましたが、思い出せません・・・
同じく思い出せませんシリーズですが、
P1120231fc2.jpg
暖かすぎる陽気に、秋と春が同居しているようです。でも、木曜日あたりの最低気温は一桁前半になるようで、いよいよ本格的な冬となるようです。どちら様も、お身体ご自愛くださいませ。
2016.11.05 朝露
快晴の朝。
今日は、午前中に早生ミカンの収穫を終わらせる予定。
出かける前に、あぜ道周辺を散策。
最初に出会ったのは、
P1120194fc2.jpg
豪華な燭台のようなスギナ。
P1120197fc2.jpg
一般的な形状は、こちらのような一本ものですね。
P1120200fc2.jpg
ネコジャラシもそろそろ最終コーナーを駆け抜けそうですね。
P1120201fc2.jpg
こちらは、間違えてシャッターを切っちゃった画でしたが、これもありかな?と。
P1120204fc2.jpg
これだけ寒くなってきましたが、まだ頑張ってる彼岸花。セイタカアワダチソウともネコジャラシとも十分に遊んで帰っていくようです。
P1120213fc2.jpg
昨日の夕方、藁切を終えた田んぼ。切株から若葉が芽吹き、朝露が。
P1120213tfc2.jpg
180度回転処理してみました。
そろそろみかん採りの準備を始めます。行ってきまーす。
2016.11.04 残りススキ
昨年、町内で発見したススキの大群。新しく建設される県道予定地となり、今年は早くから草刈されてしまい、昨年の光景は見れなくなってしまいました。
今日の帰り道、群生地の一番奥、建設予定地を外れたエリアに小さくなった群れを作っていました。
DSCN3996fc2_20161104173151aa5.jpg
朝晩は随分と寒くなり、気温も一桁にまで下がってきています。日中は、16~7℃前後にまで上がり、風がなければ穏やかなお天気となり、仕事も捗ります。
DSCN3999fc2.jpg
好天が続き、はぜ干ししたイネを脱穀する光景があちこちで見られます。
瀬戸内でも少しずつ紅葉する木々を目にするようになってきました。本格的な紅葉が瀬戸内沿岸にまで降りてくるのはもう少し先でしょうか?
そろそろインフルエンザやら風邪やらの心配をする時期、来週には母親をインフルエンザ予防接種に連れて行く予定。
そろそろ慌ただしさが出始めた霜月の上旬です。
昨夜から未明にかけてそこそこに降ったようだが、朝からお天道様が御出ましだった。
軽作業となった現場を済ませ、早めの帰宅。4時過ぎにはワンコとの散歩へ。
まだ緑濃いあぜ道をリード片手に覗いてみました。
P1120149fc2.jpg
やはり目につき始めたのはホトケノザ。そこかしこに群れてきています。
P1120153fc2.jpg
こちらはまだ頑張っているグループのルコウソウの仲間。
P1120156fc2.jpg
色鮮やかなタンポポも。
P1120146fc2.jpg
あらら、すでに旅立ち準備を整えた者も。
P1120161fc2.jpg
昔からよく見かけますが、名前知らず。よーく見ると、
P1120159fc2.jpg
小さな花の集合体のようですね。柔らかそうな質感。
P1120163fc2.jpg
緑のジュータンの中、目立つ真っ赤。葉っぱの根元から出たものは何でしょう?実なんでしょうか?これも昔から見かけていると思います。
P1120170fc2.jpg
実のようなものの先端は4角になっているんですね。軸は丸いようです。
P1120165fc2.jpg
これを写して、PCで確認していた時、上の葉っぱと同じじゃないか?と。真っ赤の正体はこいつか~。
P1120164fc2.jpg
タデも多いですね。
P1120168fc2.jpg
ネコジャラシもそろそろ種の旅立ちが近づいてきているものが多そうです。
P1120174fc2.jpg
背の高いネコジャラシ等の根元で咲いていました。紫色の濃い個体と薄い個体があるようです。
P1120172fc2.jpg
これなんかはほとんど真っ白ですね。
P1120182fc2.jpg
夕方なのに、まだ咲いていました。
P1120177fc2.jpg
数体が咲いていましたが、タネツケの仲間でしたか?
P1120187fc2.jpg
小さく群れていました。
いよいよ最低気温が一桁目前、最高気温も20℃を越えない日が多くなってきました。もう霜月なんですものね。
風邪・インフルエンザにかかっている、という話をお聞きするようになってきました。我が家も繁忙期に突入しますので、体調管理には十二分に気を付けてお仕事させていただこう、と思ってます。どちら様もお気を付けください。
2016.11.01 一段落
昨日は、母の通院送迎を終え帰宅。
ワンコの前足付け根付近が赤くなっており、しきりに舐めていたので、慌てて犬猫病院へ送迎。
結果は、胴輪があたり赤くなったのでは・・・と。全身をチェックして頂き、問題なし、と。
P1120144fc2.jpg
診察の順番待ちの間、外で待機中。
DSCN3967fc2_20161101102825146.jpg
花壇にて発見。
DSCN3968fc2_2016110110282699f.jpg
ツタも色づき始めたようです。
P1120141fc2.jpg
帰宅後、天日干し中の稲の水分チェックしにJAへ。
結果は14%とGoodな数値となった。
すると、JAの方が「今夕から雨が降るって予報ですよ」と教えてくれた。慌てて帰り、脱穀の準備を済ませ、昼食もお預けで脱穀作業を行い、何とか雨にも合うことなく作業を終え、後片付けを済ませた。
桃栽培を行っている従姉妹に稲わらができたことを伝え、今年の米作りが終了。
あとは、師走までにミカンの収穫があるが、身体を相談しながら、慌てず、騒がず、ボチボチとやっていこう。