岡山と鳥取の県境付近では、大雪による交通網の大混乱が発生しています。
急激な大雪に対応できない道路・維持管理システム・ドライバーによって、数キロにわたる山間部の道路に24時間以上も閉じ込められる車列がネット・TV・新聞で報じられています。
瀬戸内の私のところへも、心配してくれる青森の友達からのメールがありました。
そんな寒波の影響で、瀬戸内でも今朝は一面の降霜となりました。
P1130118fc2.jpg
そんなに早くもない7時過ぎです。6時台はまだ薄暗かったです。
P1130106tfc2.jpg
ホトケノザも葉っぱの座は真っ白、さらに花の産毛にも霜が降りてます。
P1130112fc2.jpg
何だか判らないくらいに霜まみれとなったタンポポの花。
P1130112tfc2.jpg
一部をトリミングしてみると、結晶が見えますね。
P1130114fc2.jpg
こちらはタンポポの綿毛に付いた霜。
P1130114tfc3.jpg
端っこに綿毛が見えてます。
P1130114tfc2.jpg
ほとんどの綿毛は、棒状の氷になっています。
スキーを楽しむ方には、大歓迎の雪でしょうが、ここまで交通網に影響が出ると困りものです。
TVニュースで見ましたが、除雪車があっても、熟練運転手がいなければその機能は十分には発揮できないそうです。その熟練運転手の方々の大半が60歳代となり、急激な大雪に対応することが困難なこともあるようです。
北国と違い、西日本の山間部では、そこまでの雪対応インフラとなっていませんし、住民も大雪に慣れていませんから、大変です。
昔、名古屋で勤務していたころ、北陸のお客様から「雪でJR・高速道が止まったから、出張に来なくていいよ」と言われたことを思い起こしました。雪国の方は、自然に逆らわずに生活するのが当然なこととして生きてきたんでしょうね。
2017.01.22 博多
昨日は、仕事で博多へ日帰りしてきました。
午後から出て、最終で帰宅。
博多も寒かったです。
日本列島で言えば、日本海側に位置するんですから、寒いのは当然なんでしょうね。
DSCN4159fc2.jpg
川沿いは風も強く、いっそう寒かったです。夕方には屋台の準備が始まりましたが・・・今回は立ち寄れませんでした。
DSCN4163fc2_201701221718000e4.jpg
雁木が至る所にあったので、降りてみました。震えあがりました。
往きは鹿児島行き九州新幹線、帰りは新大阪どまり山陽新幹線でした。鉄道に詳しくないのですが、乗り心地は九州新幹線の方が良かった、と感じました。
2017.01.16 暖かな一瞬
お昼過ぎまで、ご紹介頂いたお客様のお見積りで出たり入ったりしたものの、その後は寒さを口実に縁側で、ずーっと一服でした。
4時過ぎ、西の山に沈む直前の柔らかなお日様に照らされる野花を撮りに、ワンコとあぜ道へGO!
P1130084fc2.jpg
向かいの菜園に何本か植えられている木。蝋梅も混ざっていたようです。今まで気づいていませんでした。
P1130085fc2.jpg
蝋梅の花びらも日本水仙の花びらも、柔らかな日差しにその質感が伝わってくる感じ。
P1130089fc2.jpg
大根の隣で咲くホトケノザ。逆光に半透過した姿もなかなかだ。
この冬一番の寒波が日本列島を襲って、温暖な瀬戸内にも薄雪化粧を施した。
例年思うのだが、なんでこの時期に大学入試試験を実施しなきゃいけないんでしょうね?もっと柔軟な対応ってできそうに思うんですが・・・お役所的発想じゃ無理ですか?
愚痴はこれくらいにして、午後から結構冷たい風が吹く中、先日半分だけたい肥を撒いた続きでした。
これで暫くは、田んぼも休憩タイムです。少し暖かくなれば、耕うん機で何度か耕します。
田んぼの施肥が終わってから、ワンコとの散歩へ。
八幡様の境内で、宮司さんが飼っている老犬と遭遇。なんと、16歳だそうでしたが、足どり軽く、境内をリードなしでお散歩中でした。我が家のモカの方が、緊張したようです。
P1130073fc2.jpg
境内に咲く(微妙な)紅白の木瓜。
このあと、例年蓮華の超早咲きが観られる田んぼへ立ち寄りましたが、どうやら耕作を止められたようで、雑草が茂ってしまい、地面が見えないほど。今年は蓮華も見れそうにありませんね。残念です。
蓮華が見れないなら、先日の土筆に会いに行ってみましょう。
P1130074fc2.jpg
今朝の雪にも耐えたようです。
P1130079fc2.jpg
こんな寒波がやってくるとは思ってもみなかったでしょうね。もう少し後でよかったのにね。
P1130082fc2.jpg
お日様が西のお山に入ってしまいました。一気に冷たさが増します。
今夜も暖かくしてお休みください。
2017.01.10 土筆
朝からのお仕事も順調に終え、二件目へ向かう途中でお昼となりました。
お天気予報では東日本は寒波らしいですが、こちらは穏やかなお天気となっています。
お昼過ぎに二件目も完了し帰宅。
後片付けやら、帳票処理やらを済ませ、三時過ぎに土筆探しに。
P1130061fc2.jpg
これだけ暖かいと、足の踏み場もないほどに出てきているのか、と期待していましたが、たった2本だけでした。しかもすでに胞子を放す段階のようですね。
家路に向かいながら、
P1130062tfc2.jpg
すでに傾きかけたお日様の柔らかな光を受けていました。
P1130066tfc2.jpg
上の写真では二つのめしべに見えましたが、4本あるんですね。
P1130069tfc2.jpg
帰宅後PCで確認してて気づきましたが、額?の外皮にはこんなにビッシリと細毛が生えているんですね。しかも細毛の先端には滴のようなものが付いています。水分でしょうか?空気中の?植物から?不思議ですね。
2017.01.07
我が家も今日から3連休。
年末年始の疲れを癒したいと思ってます。
7時過ぎ、ゴソゴソと起床。冷え込みで降霜を期待していたが、思ったほどの霜とはなっていない。
それでも、霜の降りているところを探してワンコを連れて歩く。
P1130057fc2.jpg
シロツメクサの葉っぱに降りた霜。葉っぱは裏返しのようだ。
P1130059fc2.jpg
オオイヌノフグリに降りた霜。
P1130043fc2.jpg
ホトケノザに降りた霜。蕾も霜まみれになってます。寒そうですね。
P1130046fc2.jpg
お日様が当たり始めると、蕾に付いた霜は溶けて、水滴となって、産毛にくっ付いています。
P1130052fc2.jpg
タスキをかけた水仙。山の神じゃなく、菜園の神ってところでしょうか。
... 続きを読む
今日は、お正月を病院で過ごした母親の退院日でした。
10時過ぎに病院に着くように向かっていたら、眼に飛び込んできました。
DSCN4148fc2_201701061613242d6.jpg
10月とか11月とかじゃなく、1月6日なんです。昨日が小寒でしたから、寒中になるんですが、青々とした牧草ロールが出来上がっていました。年末から病院へ向かう時通る道沿いなんで、青々とした麦に近い種類の作物だな~、と眺めていました。
それが牧草だったんですね。
しかし、こんな時期に刈り取る牧草があるんですねー。そこに驚きました。
このあと、ラッピングして発酵させるのでしょうか?
抜けるような青空でしたので、母を連れ帰ってから、初百姓仕事として、みかんの予防を行いました。
DSCN4142fc2.jpg
明けましておめでとうございます

今年のお正月は、大変穏やかなお天気に恵まれていますね。
元旦には、長男も帰ってきて、久しぶりに一家が揃いました。
午後には、姉一家に姪っ子夫婦が一緒に来てくれ、大変にぎやかなひと時を過ごしました。
のんびりとしようと思うのですが、朝寝しようとしても(途中に目覚め、ウトウトしながらの)8時が限界ですねー。
貧乏性はどうしようもないですね。
お正月3が日ですが、明日からお仕事スタートです。

今年も宜しくお願いします。