2017.02.28 2月最後の霜
今朝は、いつもより30分ほど早く目覚めた。
ワンコにエサをやっておいて、分別ゴミをゴミステーションへ持って行った。時間が早かったからか?それでも7時前ですっかり明るかったが、少々冷え込んだからか?当番の方はまだのようで、自分でゴミ入れの容器を準備して済ませた。
自宅に帰る自転車のハンドルを握る指先が悴んだ。
朝ごはんを食べ終えたワンコとあぜ道散歩へ。
緑が濃くなってきたところに、霜が目立つ。
P1130408fc2.jpg
クローバーの葉っぱには大量のシュガーをまぶしたかのようなデコレーション。
P1130414fc2.jpg
日中は満開だったオオイヌノフグリもシュガーまみれとなった。
P1130415fc2.jpg
ワオ!タンポポの花びらにも。
P1130425fc2.jpg
お隣の菜園のフキノトウも。
P1130422fc2.jpg
お天気がよかったから、今朝は一段と冷え込んだようだが、既にお天道様もお出ましだから、あと1時間もすれば霜も溶けて、春の景色が現れるだろう。
今日は、午後からの出動なので、のんびりとした朝となった。
あっという間の2月となりそうですね。今日を入れてもあと3日間となりました。
貴重な日曜日お休みとなりました。
朝から、玉ねぎの草取り・ジャガイモ用に耕したところも草取り・ほかにも草取り・・・と一気に草取りが増えてきました。春の到来を汗を流しながら実感(\(^o^)/)。家に入った途端のくしゃみから鼻水に花粉の季節到来も実感(´・_・`)。
あぜ道も青々としてきています。
P1130401fc2.jpg
茶色系一色だったあぜ道に、緑が戻り、さらにピンクの花に黄色の花が加わりました。
虫たちが出てくれば、パラダイスの復活となります。
P1130402fc2.jpg
花粉アレルギーの処方薬はすでに服用していますが、畑作業からお家に入るとくしゃみと鼻水が続きます。
待ち遠しかった春ですが、憂鬱な季節でもあります。
午前中にお仕事が終了し、お昼から娘のスマホの変更手続きに同行。
P1130395fc2.jpg
菜園の片隅に植えたチューリップ。
マルチとビニールで保温していた。
今日見ると、ビニールが盛り上がっていた。
慌てて、マルチとビニールを破り、顔を出してやる。
まだ寒波の心配もあるので、稲わらでも寄せてやろうか、と思っている。
2017.02.22 朝のあぜ道
お休みでも7時前に目覚めてしまい、いつものようにワンコとあぜ道散歩へ。
P1130382fc2.jpg
田んぼにも青い草が目立ち始めた。
P1130385fc2.jpg
あぜ道の雑草には無数の水滴が朝日に輝いている。
P1130388fc2.jpg
ところどころには、霜も降りている。リードを持つ指先が痛いくらいに凍える。
P1130390fc2.jpg
お隣の耕作放棄地、ずっと私が草刈をしていて、背丈のある草を生やさないようにしている。タンポポも地面にへばりついて生えてくる。
今日は穏やかないいお天気となりそうだ。
昨夜、自宅周辺を吹き抜ける風の音に驚かされた。
一夜明ければ、朝からお天道様が出ており、冷たいが快晴となった。
朝食を済ませ、菜園へ。
春ジャガイモを植える予定地のうち二畝にマルチを被せた。
P1130350fc2.jpg
お隣の菜園で、昨日見つけたフキノトウ。
よく観察すると、すでに蕾の先端は開花し始めているものも・・・
P1130355fc2.jpg
朝からのお天道様に温められて、あぜ道にはオオイヌノフグリやホトケノザがすでに開花し、お日様を全身で受け止めている。
我が家の菜園には、水仙の香りが充満。
P1130337fc2.jpg
後ろから接近し、
P1130338fc2.jpg
ラッパの口元へ寄り、
P1130342fc2.jpg
サイドから、
P1130347fc2.jpg
正面へ。
お昼前、自宅周辺は穏やかだが、遠くの方からは風の吹き抜ける音が聞こえてくる。午後からは風が強まるのだろうか?
新聞に書かれていたが、そろそろ三寒四温の気候となるらしい。誠に体調管理が難しくなる季節だが、近づく春を楽しみにして、油断することなく過ごそう。
... 続きを読む
2017.02.17 ふきのとう
昨日は、風もなく暖かくて、お仕事してたら汗ばむくらいでした。
昨日の現場では、植木屋さんも入っていて、庭木の剪定と建物清掃が同時進行でした。
帰宅後、ワンコと散歩に出かけました。
P1130294fc2.jpg
お隣の菜園、シソンロウバイが咲き残ってます。
P1130309fc2.jpg
白梅も咲き始めています。
P1130301fc2.jpg
梅の木の足元にはふきのとうが。もうすぐ咲きそうですね。
あぜ道を先に進みましょう。
P1130312fc2.jpg
これ、何だかわかりますか?
正体は、
P1130311fc2.jpg
ガマの穂でした。
上手く放出出来なかったのでしょうかね?
P1130316fc2.jpg
見送られながら、帰路に。
暦の上では、立春は過ぎたのに、大雪寒波で朝晩の冷え込みはピークなんでしょうか?
でも、家の前の川の流れが凍結することがないようなので、それほどの冷え込みでもないのか?とも。
昨日の午後、土筆を探しにあぜ道を散策してみました。
先月までに2~3本生えていた箇所にも、一本も姿がありませんでした。
こんなのは初めてですねー。
自宅まで帰り、周辺で春らしいものはないか?とウロウロ。
P1130264fc2.jpg
ピンクの乙女椿。やっと固かった蕾の先端に色を見せました。更に、ここからが長くなりそうです。
P1130269fc2.jpg
ムラサキサギゴケ、納屋の南側の雑草の群れの中に咲いていました。
P1130271fc2.jpg
ホトケノザ、何となく例年より少なく感じてます。
P1130285fc2.jpg
咲き残ったシャコバサボテン、玄関の下駄箱の上。
今日の日中は、15℃前後まで上昇するそうですが、今朝は大霜となりました。
気づけば、2月もすでに後半戦に突入していました。
朝から冷たい風が強く吹いているが、青空が広がっている。
P1130235fc2.jpg

菜園には大根が残っているが、そろそろエサ不足の鳥たちが大根の葉っぱを啄み始めた。このままにしていると、地上に出ている大根をつつき始める。例年、丸くかじられている。
そこで、今年の試みとして、大根の首元まで土をかけてみた。
タマネギには追肥をやっておいた。
月末から来月中旬にかけては、春じゃがの植え付け準備を予定。すでに植え付け場所はほぼ準備完了。あとは、去年上手くできた例から、もみ殻の鋤き込みとマルチを今年もやってみようと思っている。
現在の菜園には、長ネギとホウレンソウに大根の冬野菜と春を待つ玉ねぎにキャベツと地中にはアスパラ。
P1130239fc2.jpg
もうしばらくは、耐えて暖かな春を待つしかない菜園だ。
ずいぶんと前に外付けHDDがクラッシュしてしまい、バックアップしていなかったデータ(仕事関係・家族写真)の大部分を失った。
その後は、外付けHDDをミラータイプにし、バックアップするようにしていた。
OSはXPから7へ、7から8へ、そして10へと変わってきた。
つい先日、突然にPCが外付けHDDを認識しなくなった。
いろいろ試してみたが、一切認識してくれない。困ってしまい、HDDメーカーのサポートへ問い合わせたところ、「お使いのHDDはW7までしか対応しておりません。W7でお使いください」と言われた。「えっ、なんで昨日までは使えてたの?」とお聞きしたら、「たまたま使えただけですが、基本、W8以降のOSには対応しておりません」とご回答頂いた。
さあ困ったぞ~。
どうする?
先ずは、W7のPC使用者が居ないか?と頭の中で、検索。
SEをやってる甥っ子が浮上してきた。メールで確認したところ、間違いなくW7だった。
W10対応の外付けHDDを購入し、コピーを依頼。
使えなくなった外付けHDDの使い道を検討し、内臓するHDDを取り出しHDDドック(裸族のお立ち台)で使用することにし、新しいHDDのバックアップ用とした。
PCの周辺機器、何気なく使っているが、OSの対応は考えてもいなかった・・・トホホだ。
... 続きを読む
2017.02.02 旬を撮る
お天気とお休みが出会った今朝、久しぶりに出かけた。
P1130156fc2.jpg
朝6時に自宅を出たが、海岸までは車で5分とかからない。6時過ぎではまだまだ真っ暗だった。海に向かって車を停め、途中で買った缶コーヒーを飲みながら、夜が白むを待つ。海上では、煌々と照明を照らして水揚げ作業が続いている。南の空が白んできた。車を出て、堤防の上にカメラを立て、シャッターを切った。
運搬船が沈みそうに見えるほどの牡蠣を満載し、港へと向かっていく。折り返し、空になった運搬船が猛スピードで帰ってくる。
P1130171fc2.jpg
6時半を過ぎた頃、奥では水揚げが続いているが、手前の船はクレーンアームを畳んだ。どうやら、朝の水揚げを終えたようだ。
P1130186fc2.jpg
クレーン船も牡蠣を満載して、港へ帰っていく。
P1130204fc2.jpg
そろそろ体も冷えてきたので、切り上げようか?と思ったころ、手前に出漁する小型底引き漁船が入り込んできた。その奥の牡蠣船はまだ水揚げを続けている。沖には水島港にはいるのだろうか?自動車運搬船が東に向かっていく。
7時過ぎまで留まっていたが、指先と足先がジンジンと冷えてきたので、引き上げることにした。
今月には、漁港で牡蠣祭り(注・明日5日の日曜日だそうです。お天気が少し心配です)が開催されると思うが、毎日、早朝から水揚げされた新鮮な牡蠣を多くの方々に食して頂きたいです。