昨日、日中は快晴、ネットでお天気を確認すると午後から明朝までの降水確率は0%となっている。
予定を1週間繰り上げて、夕方から稲の予防をすることにした。
4時ごろ北の空が曇って来たので、少し心配したが、5時頃には回復してきた。
順調に防除剤を散布し終えた。
私が父親から引き継いだころは、まったくの無農薬で米つくりをしていたが、数年前にウンカが発生して以降は、この時期のウンカ井用病対策の農薬散布を行っている。
農薬を散布すると、イネに取り付いている無数の虫たちが苦しくなるのか?一斉に田んぼから出てくるようだ。
それを狙って、
P1160132tfc2.jpg
何処から集まって来たのか?と思うほどのツバメが田んぼの上空を飛び交い、出て来た虫を捕食する。
後輩が一言、
「鳥はあの虫を捕食しても問題ないんじゃろか?」
痛烈な一言です。
たった一回とは言え、自分たちも口にする米に農薬を使うことへの不安・ためらい等が込められた一言です。
P1160120tfc2.jpg
この子や、
P1160121tfc2.jpg
この子たちが、秋には無事に南へ旅立てることを祈るしかない。

こんだけ色々と考えさせられるイネの予防を、お天気とにらめっこしながら実施したのに、夜9時頃からザンザン降りとなってしまいました。防除効果も水に流れたかも?知れませんが、心配も少しは薄まったか、とも。
画はすべてトリミングしています。
Secret

TrackBackURL
→http://yosi10501.blog12.fc2.com/tb.php/2294-a832cf39